マッコイ斎藤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
SHO-GUNから転送)
マッコイ斎藤(斎藤誠)
生誕 (1970-02-09) 1970年2月9日(52歳)
日本の旗 日本 山形県最上郡鮭川村牛潜[1]
職業
配偶者あり、2子あり

マッコイ 斎藤(マッコイ さいとう、1970年2月9日 - )は、日本のテレビディレクター演出家テレビプロデューサーYouTuber番組制作プロダクション「株式会社 笑軍」の代表取締役タレント。名付け親は山本圭壱。場合によってはマッコイ斉藤と表記されることがある。本名:斎藤 誠(さいとう まこと)。山形県立新庄農業高等学校(現・山形県立新庄神室産業高等学校)卒業[2]。従弟はテレビプロデューサー、テレビディレクターで「株式会社 笑軍」所属の姉崎正広。

来歴[編集]

ビートたけしに憧れテレビ業界への道を志し、山形県から役者を目指し上京するが訛りが抜けず挫折。

ある雑誌に載っていた『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』(日本テレビ)等の番組制作を担当していたIVSテレビ制作のスタッフ募集の広告が目に留まり応募、入社。

入社すぐは、番組制作とは別部門であるタレントショップ運営の部署に配属、タレントショップの店長職に就く[3]

2年ほどたった後、異動願が通り『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』のADに配属。

当時IVSテレビ所属の高橋がなり(後にAV監督を経て実業家)、CHAIN宗(後にAV監督)に師事。テレビ制作を学ぶ。

『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』でディレクター・デビュー。その後も深夜番組を中心に活動。ガレッジセールゴリの名付け親。

2001年、制作プロダクション「笑軍様 有限会社」を発足、独立。同社代表取締役就任。発足後しばらく仕事が増えない状態が続く中、矢作兼おぎやはぎ)・堀内健ネプチューン)との飲み会で、たまたまその店に石橋貴明とんねるず)が訪れる。石橋と話をした後、石橋から「おまえ、うちの番組やってみろよ」と声をかけられ、『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系列)制作に参加。その後同番組の演出としてクレジットされ、「全落・水落シリーズ」等のヒット企画を演出。

総合演出担当の『おねがい!マスカット』(テレビ大阪→第3期以降テレビ東京)は、多数のシリーズが制作されるヒット番組になる。

お笑いDVDの演出も多数担当、2002年には映画『PLAY BALL』で映画監督デビュー。

ジャニーズ事務所所属グループ・KAT-TUNTBSテレビにおける冠番組の演出も担当。「KAT-TUNの世界一タメになる旅!」では進行役となる天の声としても出演。

近年、YouTubeで、貴ちゃんねるず (石橋貴明のチャンネル)[4]・清ちゃんスポーツ(清原和博のチャンネル)の演出も手がけている。

親交関係[編集]

極楽とんぼ
極楽とんぼと親交が深く、多くの番組を手掛ける。山本圭壱とは30年来の付き合いがある兄弟の契りを結んだ間柄で、山本を芸能界の兄として慕う。マッコイ斎藤の名付け親は山本。山本によると「テリー伊藤のようなディレクターになれ」という意図による。
2020年8月、マッコイが演出を務める竹原慎二のYouTubeチャンネル「竹原テレビ」のボクシング対決動画にて、山本と30年の付き合いの中、初めて喧嘩をする。
以降、山本と一方的に絶交するが、3か月の期間を経て、11月の竹原とのコラボ動画で山本と和解。この動画内で絶交期間中、マッコイと山本の間に「けいちょんチャンネル」演出家・松本泰治が入り、2人の仲立ちをしたことや、山本からの連絡を一切無視したことなどが明かされる。
山本が突撃してきた際、よくマッコイが発言する「俺やだよー!」をギャグとして弄ってくる「けいちょんチャンネル」のレギュラーになることを頑なに拒み続ける。
2021年1月放送「極楽とんぼ山本圭壱と今夜も井戸端会議(エフエム愛知)」にゲスト出演した帰り、山本に勧められ番組スポンサーである名古屋のペットショップ[5]にて5年ぶりにトイプードルを購入[6]
おぎやはぎ
矢作兼(おぎやはぎ)と親交が深く、自身の番組におぎやはぎを多く参加。元々、加藤浩次と矢作が仲が良く、全員で一緒に遊び親交を深める。マッコイ曰く「矢作には総額3000万くらい奢ってきてる」と語っている。
とんねるず
石橋貴明(とんねるず)との初対面は、マッコイが担当した番組『極楽とんぼのとび蹴りゴッデス』の打ち上げに石橋が呼ばれた際であった。そのときは顔合わせ程度で終了。後日、ネプチューン堀内健との飲み会で、堀内が石橋を誘う。そこで意気投合、石橋は「ディレクターとしてうちらの番組(『とんねるずのみなさんのおかげでした』)、手伝ってくんない?」とマッコイを誘う。当時「フジテレビ出入禁止」となっていたマッコイは躊躇するも石橋が港浩一(当時 フジテレビジョン取締役編成制作局バラエティ制作担当局長、現 フジテレビジョン代表取締役社長)に進言、出入禁止を解除される。その後、『とんねるずのみなさんのおかげでした』にディレクターとして参加。番組終了2年後の2020年6月、今度はマッコイが背中を押す形で石橋がYouTubeチャンネル「貴ちゃんねるず」を開設。その際、何をしたらよいかわからないという石橋にマッコイは「石橋貴明を面白くするのが僕なので、任せてくれれば大丈夫」と語った[7]
2021年には石橋とのユニット「Ku-Wa de MOMPE」で歌手デビューも果たしている。

担当番組[編集]

現在[編集]

過去[編集]

以下、総合演出担当

以下、構成担当

以下、PSV担当

出演[編集]

映画[編集]

  • PLAY BALL(2002年)
  • ピューと吹く!ジャガー THE MOVIE(2007年)
  • 我々は有吉を訴える 謎のヒッチハイク全記録(2007年)
  • 上島ジェーン(2009年)
  • 我々は有吉を再び訴える 沖縄ヒッチハイク殺人未遂事件の全真相(2009年)
  • 上島ジェーンビヨンド(2014年)

著書[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]