青空の扉 〜THE DOOR FOR THE BLUE SKY〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
青空の扉 〜THE DOOR FOR THE BLUE SKY〜
浜田省吾スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
レーベル ソニーレコード
プロデュース 浜田省吾
星勝
鈴木幹治
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1996年度年間86位(オリコン)
  • 1997年度年間89位(オリコン)
ゴールドディスク
浜田省吾 年表
ROAD OUT "TRACKS"
(1996年)
青空の扉 〜THE DOOR FOR THE BLUE SKY〜
(1996年)
初夏の頃 〜IN EARLY SUMMER〜
1997年
『青空の扉 〜THE DOOR FOR THE BLUE SKY〜』収録のシングル
  1. 恋は魔法さ
    リリース: 1995年7月1日
  2. さよならゲーム
    リリース: 1996年9月30日
テンプレートを表示

青空の扉 〜THE DOOR FOR THE BLUE SKY〜』(あおぞらのとびら ザ・ドアー・フォア・ザ・ブルー・スカイ)は、1996年11月11日に発売された日本ミュージシャン浜田省吾の15枚目のオリジナルアルバムオリコン初登場1位を獲得。

概要[編集]

前作『その永遠の一秒に 〜The Moment Of The Moment〜』から3年振りのオリジナルアルバムで、収録曲の「さよならゲーム」が先行シングルとして発売された。浜田のルーツであるR&Bをベースに作成されたアルバム。

1990年代前半の精神的に落ち込んでいた状態から抜け出し、ポジティブなメッセージが力強く描かれている。テーマは「新しい恋に落ちた瞬間」(=青空への扉を開けるとき)である。構想の段階から、ラブソングだけのアルバムを作るつもりで制作された。

浜田自身、アルバム発売時のインタビュー等で「自分のキャリアの中で最高傑作」とたびたび発言していた。現在でも「音楽の神様が与えてくれたご褒美のようなアルバム」「自分の作品の中から好きなアルバムを1枚挙げろと言われたら、『青空の扉』を選ぶかもしれない」と語っている。また、「凄くパーソナルな作品」とも語っている。あまりにも満足のいくアルバムが出来てしまったため、その後のアルバム作りになかなか取り掛かれないほどだった。

アルバムに同封されているブックレットには、ヒゲを生やした浜田の写真が掲載されている。本人は割と気に入っていたようだが、周りに不評だったため、すぐに辞めている。

収録曲[編集]

  1. BE MY BABY
    (作詞・作曲:Phil SpectorEllie GreenwichJeff Barry、編曲:町支寛二
    ザ・ロネッツ1963年のヒット曲のカバー。フィル・スペクターのウォール・オブ・サウンドを代表する楽曲。
  2. さよならゲーム
    (作詞・作曲:浜田省吾、編曲:水谷公生
    アルバムの先行シングルとして発売された。TBS音楽番組COUNT DOWN TV』エンディング・テーマ。オリコン第4位のヒットを記録した。
  3. 二人の絆
    (作詞・作曲:浜田省吾、編曲:梁邦彦
  4. 彼女はブルー
    (作詞・作曲:浜田省吾、編曲:町支寛二)
  5. 紫陽花のうた
    (作詞・作曲:浜田省吾、編曲:梁邦彦)
  6. 君去りし夏
    (作詞・作曲:浜田省吾、編曲:町支寛二)
  7. 恋は魔法さ
    (作詞・作曲:浜田省吾、編曲:水谷公生)
    1995年に発売された、事務所の後輩のスピッツ等とコラボレーションした楽曲のアルバム・バージョン。
  8. 君がいるところが My sweet home
    (作詞・作曲:浜田省吾、編曲:古村敏比古
  9. あれから二人
    (作詞・作曲:浜田省吾、編曲:星勝
    「さよならゲーム」のカップリング曲。
  10. Because I love you
    (作詞・作曲:浜田省吾、編曲:星勝)
  11. 青空のゆくえ
    (作詞・作曲:浜田省吾、編曲:星勝)
    浜田曰く「曲を作っていると、中には凄い手ごたえというか、満足感を得られる曲がある」という作品である。

外部リンク[編集]