中型核爆破資材

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中型核爆破資材(左下が弾頭部)

中型核爆破資材(Medium Atomic Demolition Munition, MADM)はアメリカ合衆国が開発した小型核兵器

地雷もしくは爆破工作に用いるものとして開発された。W45核弾頭を用い核出力は1から15キロトン。重量は181kg。1965年から1986年にかけて配備されていた。