まんがどうして物語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

まんがどうして物語』(まんがどうしてものがたり)は、1984年4月7日から1986年3月29日にかけてTBS系列の毎週土曜17:30 - 18:00(JST)で放送された番組。まんがはじめて物語シリーズの一環として放映された。

概要[編集]

  • 身の回りの「どうして」をテーマにした内容である。マスコットキャラクターのロクベエは、豊田やよいが声を担当。
  • 時間移動する時の呪文は「ドボウブシビテベ、カバナーバ!!」。これは「どうしてかな」の各文字に「ば行」の文字を挿入した言葉である(バビブベボ言葉)。
  • 従来のシリーズではサブタイトルの紹介の後に「これは、○○のお話だよ。」というセリフが入るが、本作では放送開始から中期までは「どうして?」というセリフになっている。

出演者[編集]

スタッフ[編集]

  • 音楽:伊部晴美
  • 演奏:ダックスフント
  • 現像:東洋現像所→IMAGICA
  • 人形:伊東万里子(のぞみプロ)、原田克彦(のぞみプロ)
  • プロデューサー:丹野雄二、永井憲二(ダックスインターナショナル)、井上博(TBS)
  • 制作協力:童話舎
  • 監督:曽我仁彦、野崎貞夫、村石ヒロチカ
  • 製作:ダックスインターナショナル、TBS

主題歌[編集]

オープニングテーマ[編集]

『バビブベBOY』(第1 - 76話)
作詞 - 篠塚満由美 / 作曲 - 古田喜昭 / 編曲 - 勝山俊一郎 / 歌 - 松居直美
『Starship Blue 〜夢エネルギー〜』(第77 - 100話)
作詞 - 吉元由美 / 作曲 - 芹澤廣明 / 編曲 - 馬飼野康二 / 歌 - 松居直美

エンディングテーマ[編集]

『恋は御知合い!』(第1 - 76話)
作詞 - 篠塚満由美 / 作曲 - 山本次郎 / 編曲 - 山本次郎 / 歌 - 松居直美
『心の中の楽園<ファンタジア>』(第77 - 100話)
作詞 - 吉元由美 / 作曲 - 芹澤廣明 / 編曲 - 馬飼野康二 / 歌 - 松居直美

放映ネット局[編集]

  • TBS(製作局)
  • 北海道放送(土曜7:00 - 7:30[1]
  • テレビ岩手(岩手放送(現・IBC岩手放送)では未放映、土曜6:00 - 6:15、1993年 - 1995年頃に一部話数を放映[2]、EDは無し)
  • 東北放送(日曜9:30 - 10:00、1986年 - 1987年頃に一部話数を放映)
  • 秋田テレビ(水曜17:30 - 18:00、ネット1年遅れ)
  • テレビユー福島(同時ネット)
  • 新潟放送(キー局と同時間帯に放送していたが週遅れ)提供は東北電力・東京電力(柏崎刈羽原発がある関係)
  • 信越放送(金曜16:00 - 16:30[3]
  • 静岡放送(土曜17:00 - 17:30、ネット8ヶ月遅れ、途中で放映打ち切り)
  • 福井テレビ(月曜〜金曜6:05 - 6:20・16:10 - 16:25、本放送終了後に放映、EDは無し)
  • 中部日本放送(キー局と同時間帯に放送していたが、同時ネットか週遅れかどうかは不明、1984年9月21日で放映打ち切り)
  • テレビ愛媛(土曜7:30 - 8:00)
  • テレビ高知(日曜16:30 - 17:00)
  • 長崎放送(日曜16:30 - 17:00、1988年 - 1989年頃に一部話数を放映)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1985年4月からは土曜16:55 - 17:25に放映。
  2. ^ 放送番組センター配給。
  3. ^ 放送末期時代(1986年4月から)は『レディス4』を放送していた関係で金曜17:00 - 17:30に放映。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

TBS 土曜17時台後半枠
前番組 番組名 次番組
まんがどうして物語