恋愛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
から転送)
移動: 案内検索
愛の神クピードー(キューピッド)

本記事では恋愛(れんあい)について解説する。とも。

フランス語amour アムール、英語love ラブ, falling in love フォーリンラブの訳語としても「恋愛」は用いられている。

辞書での定義[編集]

それぞれの国語辞典で恋愛という単語は、以下のように定義されている。

広辞苑』第6版では「男女が互いに相手をこいしたうこと。また、その感情。こい」と簡潔に記し、さらに「恋い慕う」は「恋しく思って追い従おうとする。恋慕する」と記す。その「恋しい」は「1 離れている人がどうしようもなく慕わしくて、せつないほどに心ひかれるさま」「2 (場所・事物などが)慕わしい。なつかしい」と歴史的用法を踏まえて説明する。

三省堂国語辞典』第7版の「恋愛」は「(おたがいに)恋(コイ)をして、愛を感じるようになること」と記す。そのうち「恋」は「人を好きになって、会いたい、いつまでも そばにいたいと思う、満たされない気持ち(を持つこと)」、「愛」は「1 〈相手/ものごと〉をたいせつに思い、つくそうとする気持ち」「2 恋(コイ)を感じた相手を、たいせつに思う気持ち」と説明する。

新明解国語辞典』は、第5版で「特定の異性に特別の愛情をいだき、高揚した気分で、二人だけで一緒にいたい、精神的な一体感を分かち合いたい、できるなら肉体的な一体感も得たいと願いながら、常にはかなえられないで、やるせない思いに駆られたり、まれにかなえられて歓喜したりする状態に身を置くこと」とした。[注 1] 第6・7版では、「特定の異性に対して他の全てを犠牲にしても悔いないと思い込むような愛情をいだき、常に相手のことを思っては、二人だけでいたい、二人だけの世界を分かち合いたいと願い、それがかなえられたと言っては喜び、ちょっとでも疑念が生じれば不安になるといった状態に身を置くこと」と記している。[注 2]

デジタル大辞泉』は、「特定の異性に特別の愛情を感じて恋い慕うこと。また、男女が互いにそのような感情をもつこと」 とした。 一般に、国語辞典では異性間、男女間の関係や感情を恋愛と定義づけるものが多かったが、近年は、上掲『三省堂国語辞典』のように、特にそう断らないものも見られる。


愛は精神生活の基本的感情であり、また倫理学史上もっとも重要な概念の一つとされ、とくにキリスト教の影響を多かれ少なかれ受けている西洋哲学においては、ひじょうに大事な意味をもっている。「ギリシア哲学における愛」エンペドクレスは愛philotēs、storgēと憎しみneikosを宇宙生成の原理とした。万物の根である火、空気、土、水の四元を結合させる愛と、分離させる憎しみが交互に優勢支配的となり、世界史の四期が永劫にくりかえされるというのである。プラトンによると愛erōsは善きものの永久の所有へ向けられたものであり、肉体的にも心霊的にも美しいもののなかに、生殖し生産することをめざす。滅ぶべきものの本性は可能なかぎり無窮不死であることを願うが、それはただ生殖によって古いものの代わりにつねに他の新しいものをのこしていくことによってのみ可能である。この愛を一つの美しい肉体からあらゆる肉体の美へ、心霊上の美へ、職業活動や制度の美へ、さらに学問的認識上の美への愛に昇華させ、ついに美そのものであるイデアの国の認識にいたることが愛の奥義である。プラトニック・ラヴはもとこのように善美な真実在としてのイデアの世界への無限な憧憬と追求であり、真理認識への哲学的衝動でもある。しかしプラトンは美しい肉体への愛を排除するものでなく、イデアに対する愛を肉体的なものへの愛と切りはなして考えてるのでもない。「中世哲学における愛」アウグスティヌスは融合和一を求める生活が愛であり、神に対する愛が人間の最大至上の幸福であるとしたが、こういう考えはアンセルムス、エックハルト、ブルーノ、スピノーザ、ライプニッツ、フィヒテなど多くの哲学者にも受けつがれている。そしてこれは中世哲学、カトリック教会一般を特色づけている見方である。よく知られているように、「愛の宗教」といわれるキリスト教では、愛はあらゆる徳のなかで最高のものとされ、予言より、ロゴスより、知識よりも上位におかれている。そしてそれは神の掟としてつぎの二つに要約される。すなわち神の愛と隣人愛がそれである。神の愛、つまり神を直接の目的として恩寵によって与えられる愛は愛徳chāritāsとよばれ、スコラ哲学でいう精神的愛amor intellectivus、慈善的愛amor benevolenceのうちで最上のものとされている。「近世哲学における愛」スピノーザによるとすべてのものは自己保存の努力conatusをもち、人間は心身をより大なる完全性へ移すこと、すなわち喜びを欲望し、悲しみをさけ、喜びを与える外物を愛し、悲しみを与える外物を憎む。かれは欲望、喜び、悲しみという三つの根本感情から幾何学的にさまざまな愛と憎しみを分析する。ところでわれわれの精神が事物を永遠の相の下に、すなわち必然的連関において認識することは、精神をより完全にする喜びであり、そしてこの十全な認識は事物を神(=自然=実体)の様態として認識することであるから、その喜びは外部の原因としての神の観念をともない、神への愛である。それは神を認識することと一つになっているから「神の知的愛」amor Dei intellectualisとよんだ。カントは傾向性にもとづく感性的pathologischな愛と理性的意志にもとづく実践的praktischな愛とを区別し、後者のみが道徳的とした。傾向性としての愛を命ずるわけにはいかないから、隣人への愛とは、隣人に対するすべての義務をすすんで遂行すること。そして道徳法則への尊敬が、それへの愛に変わるのが道徳的心術の最高の完成であろうとした。ヘーゲルは精神の統一性がそれ自身を感じているのが愛であるとする。愛は一般に、私と他人との統一の意識。愛において私は私だけで孤立せず、むしろ私の孤立的存在を放棄し、自他の統一としてみずからを知ることによってのみ、自己意識をうる愛の第一の契機は私が私だけの独立人たるを欲せず、そういう私を欠陥あり不完全なものと観ずるということ、第二の契機は私が他において自分をかちうること、すなわち私が他者に認められ同じく他者が私においてかれ自身をうるということ。したがって愛は悟性の解きえないもっとも著しい矛盾である。矛盾の産出であり同時にその解除でもある。解除として愛は人倫的結合であるという。ショーペンハウアーは、あらゆる形式の愛が生への盲目的意志に人間を繋縛するものであるとの理由で、愛を断罪する。しかし、その主著には独自の「性愛の形而上学」の考察が含まれている。それいによれば、愛はすべての性欲に根ざしているものであり、将来世代の生存はそれを満足させることにかかっている。けれども、この性的本能は、たとえば「客観的な賛美の念」といった、さまざまな形に姿を変えて発現することができる。性的結合は個人のためではなく、種のためのものであり、結婚は愛のためにではなく、便宜のためになされるものにほかならない。このショーペンハウアーの性愛論には、現代の精神分析学者フロイトの理論内容を先取りしている部分が数多くある点興味深い。フロイトは性欲のエネルギーをリビドーと名づけ、無意識の世界のダイナミズムの解明につとめたが、とくに幼児性欲の問題は従来の常識的な通念に大きな衝撃を与え、性愛の問題の現代的意味の追求への道を開いた。たとえばD.H.ロレンスの文学は、性愛のいわば現代文明論的な意味の探求を一つの中心課題としているものといってよい。サルトル、ボーヴォワールらの実存主義者たちにも、人間論の中心問題としての愛、性欲の問題への立ち入った究明の試みがみられる。 プラトンの恋愛は厳格に二元的である。いわゆる天上的な恋愛というものは地上的な恋愛から峻別されるのであって、いわゆる性欲の昇華として恋愛を考える考え方とまったく異なるものである。その天上的な恋愛はつぎにのべる想起説とむすびつき、人間のもっている不死なる生命が天上的な起源のものであって、われわれの肉体とむすびつけられるまえに、善美の極にあるものを想起し それへの憧憬にみたされる場合が真の恋愛ということになる。ただこの場合においても、地上の人間は肉体にむすびつけられているから、地上的な恋愛への抵抗において、相愛する人間同士がお互いを精神的に向上させ、愛を通じて、より美しきものを生むという形で具体的な恋愛が考えられている。想起説は、真にものを知るということは知る者自身の自発性にまたなければならないという考えで、プラトンの教育説の根底となっている。前述の恋愛論におけるがごときミュトスmythosがここにも考えられるが、他方においては単なる思いなしdoxaから真の理解、あるいは知識に到達するための過程としても考えられている『メノン』Menonの実例に見られるように、それは問答法として発展するものである。またわれわれの精神を過程としても考えられている[1]

歴史[編集]

恋愛については、古来より多くの文学哲学の主題となり、論じられてきた歴史があり、芸術作品で扱われる主題である。

古代[編集]

究極的な愛の対象である美のイデアは不死であることから、永遠不変の美のイデアへの愛と認識は神的であり、最も優れた愛であるとプラトンは考えた[2]

中世〜近代[編集]

薔薇物語』写本 (1420-30) 、愛の神のロンド

中世フランスに起源が見られる騎士道物語においてはロマンス的愛(=ローマ風の愛。「ローマ風」とは「ラテン風」が正式なものとされるに対して「民衆的・世俗的な」という語感をもつ)が生まれ、キリスト教的愛(=アガペー。神が示す無償の愛)とは異なるもの、異風なものとして叙述されはじめた。

13世紀中世フランスにおいてギヨーム・ド・ロリスジャン・ド・マンによって書かれた『薔薇物語』は恋愛作法の書として多数の写本が作られ、当時大きな影響力を持っていた。

中世ドイツでは、今日一般的な恋愛関係による婚姻(恋愛婚)は9世紀教会により非合法とされたので婚姻において氏や家が重要であった(ジッペムント参照)。

命を絶つことになったロミオとジュリエット

シェイクスピア1564年 - 1616年)は『ロミオとジュリエット』において、家同士の争いに引き裂かれる恋人たち、悲劇的な恋愛を描いてみせた(1595年前後初演)。不朽の名作として、バレエミュージカル映画など様々なジャンルにリメイクされている。

17世紀後半のイギリス、すなわちシェイクスピア直後の時代には、現代用いられる「身体を否定する精神だけの愛」という意味でのプラトニックラブという表現が現れたらしい[3]

シラノはロクサーヌへの恋心を隠し続けた。(『シラノ・ド・ベルジュラック』)

エドモン・ロスタンは戯曲『シラノ・ド・ベルジュラック』において、ロクサーヌに恋心を抱きつつも気持ちを面と向かって伝えることができず、かわりに若い美男子クリスチャンの恋をとりもってやるシラノという男の「忍ぶ恋」「切ない恋」を描いてみせた(1897年初演)。この戯曲はパリの人々を大熱狂させたといい、1897年の初演から500日間400回連続上演され、その後も今日にいたるまで世界中で上演されつづけており、映画やミュージカルに幾度もリメイクされ見続けられている。

スタンダールの『恋愛論』[編集]

スタンダール1783年 - 1842年)は『恋愛論』において、恋愛には4種類ある、とした。情熱的恋愛、趣味恋愛、肉体的恋愛、虚栄恋愛である[4]。どんなに干からびた不幸な性格の男でも、十六歳にもなれば(肉体的恋愛から)恋愛を始める。また恋は心のなかで、感嘆、自問、希望、恋の発生、第一の結晶作用、疑惑、第二の結晶作用という7階梯をたどる、とした[5]。あらゆる恋愛は6つの気質に起因し、多血質(フランス人)、胆汁質(スペイン人)、憂鬱質(ドイツ人)、粘液質(オランダ人)、神経質、力士質の、それぞれの影響が恋愛の諸相に関与する、とした[6]

宗教と恋愛[編集]

ユダヤ教

ユダヤ人の間では、恋愛は行ってもよいが恋人同士で積極的に意見を交換することを教え、恋愛にのめり込み過ぎることは破滅を意味するとタルムードで教えている[7]

キリスト教

アブラハム・カイパーは『カルヴィニズム』で「自由恋愛が結婚の神聖を乱そうとし」ていると述べるように[8]、恋愛について否定的な見解がある。恋愛が「ある種の威厳を持ち、恋人に対する全面的献身・・を要求して、神のように語る」ので「神に従わせなければ、それ自体が絶対的な服従を求めてきて、悪魔化し、偶像化」する危険があるとキリスト者学生会の高木実主事は指摘し、C.S.ルイスの『四つの愛』を引用している[9]。またC.S.ルイスは『悪魔の手紙』で恋愛は悪魔が広めた思想であるとしている[10]。恋愛に伴うことのある問題として、福音派婚前交渉を禁じている[11][12][13]カトリック教会は婚前交渉を禁じており、避妊は大罪である[14][15]

イスラーム

イスラム諸国や一部アフリカ諸国では、現在も恋愛は不道徳なものとされている。

現代の各国の恋愛[編集]

現代では西洋諸国でも日本でも、文学演劇絵画ドラマ歌謡曲漫画などさまざまなジャンルで恋愛が扱われている。

「東洋における愛」中国では墨子の兼愛説、つまり博愛平等の異端的主張が有名であるが、仏教では貧愛(とんあい)・染汚愛(ぜんまあい)と信愛(不染汚愛)の別が説かれる。前者は衆生が解脱しえない根本原因で、十二因縁の一つに数えられる。財欲、名誉欲、色欲などの五欲がそれである。信愛は信心をもって師長を愛するようなもので、貧欲煩悩をはなれて善法を修め衆生を憐愍することである。そのもっともすぐれたものが慈悲とよばれる。日本思想における愛は、いとおしいという心情で、儒仏思想の影響もいちじるしいが、特に山川草木、花鳥風月に対する愛情の強い点は特色といってよいであろう。 [16] 西洋諸国では大抵の国では恋愛は自由で素晴らしいものと考えられている。お互い惹かれあっても日本のように彼氏、彼女という風な関係になることはなく、ボーイフレンド、ガールフレンドという友達の関係に留まる。ただしどこの国でも交際は男女の2者間の関係が基本で、ポリアモリーは少数派である。両者が親しくなると同棲により生活を共にし、問題がなかった場合婚約するのが一般的(例えばスウェーデンでは結婚したカップルの99%が同棲を経験している。これは事実婚に寛容な文化を背景にしている)なので、日本のように告白を経て彼氏彼女の関係になるが、生活は別々な上たまに遊園地レストランデートに出かける程度で再び告白を経て婚約するということはない[17]

また、中華人民共和国では18歳未満の低年齢者が恋愛をすることを「早恋」と呼び、学業成績の低下だけでなく生活の乱れや家出、同棲などの非行につながると考える有識者が多く、黒竜江省では2009年8月末に未成年者の恋愛に対して「父母や監督責任者は批判、教育、制止、矯正を行わなければならない」と定めた条例が制定された[18]

日本と恋愛[編集]

日本語の「恋愛」[編集]

日本語で「恋愛」という表現は、1847-48年のメドハーストによる『英華辞典』にみられるのが最古である。ただし定着は遅れ、北村門太郎(後の北村透谷)も明治20年(1887年)では「ラブ」と片仮名表記している[19]

日本の恋愛の歴史[編集]

日本では、古くから恋は和歌や文学の主要な題材である。

万葉集』の「相聞歌」や『古今和歌集』に恋歌を見出すことができる。相聞の中でも特に傑作と評価されることが多い2つを挙げる。

あかねさす 紫野行き 標野行き 野守は見ずや 君が袖振る

額田王(巻1・20)

紫草の にほへる妹を憎くあらば 人妻ゆゑにわれ恋ひめやも

大海人皇子(巻1・21)

紫の上を柴垣ごしに見つめる源氏(土佐光起筆『源氏物語画帖』「若紫」)

また物語文学においても『伊勢物語』や『源氏物語』など、貴族の恋模様を描いた作品が多数ある。この時代、男が女の元へと通う「通い婚」が通例であり、男女は時間を作って愛を育んだ後、女側の親が結婚を承諾して夫婦となった。平安時代の男女の倫理は(後の封建時代と比べて)まだ自由(別の言い方をすれば「おおらか」「だらしない」)であった[20]。貴族の男性は複数の女性と並行的に関係を持ち、ある男性の子があちらこちらの女性の腹から生まれることが一般的、またある女性が産んだ子の父親が一体誰なのかわからない(周囲の人にも、時には産んだ女性自身にも)ということも多かった。

こうした男女倫理が変わったのは封建時代になってからである[20]。平安時代の貴族のような男女倫理では、世の中は乱れに乱れてしまう[20]

関東の名門豪族の娘北条政子は、親の決めた相手を拒否し、一族の命運をかけ、自分が惚れた源頼朝を相手に選んだ。が、源頼朝のほうは京の貴族の習慣を身につけていて(最初は考えが甘く)そうした貴族風の男女関係をそのまま自分の婚姻にも持ちこみ他の女性たちとも関係を持とうとしたが、政子はそれを許しはしなかった[注 3]。二人は互いに強力なパートナーとなり、政子は関東における人脈力や人心掌握力を駆使し鎌倉幕府を盛り立て、頼朝を一流の男に押し上げた。

中世頃には、仏教の戒律のひとつの女犯に関するもの(不淫戒)の影響が見受けられ[注 4]、とくに男性社会の側から恋愛を危険視する(あるいは距離を置くべき対象としてとらえる)傾向が生じた。権門体制を維持する手段として男性が賦役・租税の対象とされる一方、女性を財産ととらえ、交換や贈与の対象とする傾向が確認され、恋愛を社会秩序を破綻させる可能性のあるものとして否定的にとらえる傾向が生じた。この傾向は江戸時代の儒教文化にも受け継がれ、女大学にみられる恋愛を限定的にとらえる倫理観や、家族制度・社会規範に対する献身を称揚する文化に継承された。

明治時代には中流階級では家制度による親が結婚相手を決めるお見合い結婚が多かった。男性にとっては結婚は少なくとも法律上は結婚後の自由な恋愛・性愛を禁ずるものではなく、地位ある男性が配偶者以外に愛人を持つことはしばしば見られた。社会も既婚男性が未婚女性と交際することには寛容であったが、既婚女性が愛人を持つことは法律上許されなかった(姦通罪)。

明治から大正にかけて、文化人を中心としてロマン主義の影響もあって、恋愛結婚が理想的なものとの認識が広まり、大正時代には恋愛結婚に憧れる女性と、保守的な親との間で葛藤がおこることもあった[21]

高度経済成長期以降は、恋愛結婚の大衆化により、恋愛は普通の男女であれば誰でもできる・すべきものだという風潮が広がった。また、1980年代後半から1990年代初頭のバブル景気の日本では恋愛で消費行動が重視される傾向があったとされ、「この時(イベント)にデートするならばここ(流行の店など)」「何度目のデートならどこにいく」というようなマニュアル的な恋愛が女性誌や男性向け情報誌、トレンディドラマなどで盛んにもてはやされた。

現代では、親の意向にのみ基づいたお見合い結婚の割合はかなり少なく、夫婦の間の愛情を重視する恋愛結婚が大多数となり、お見合い結婚であっても本人の意向を尊重するものが多くなった[22]

いっぽう恋愛の世界で格差社会化が進んでいるとし、「恋愛資本主義」、恋愛資本による「魅力格差」、「恋愛格差」などという言葉も用いられている。このような情勢のなかで恋愛や性交渉を経験したことがない中年層が増加しつつあると分析する者もいる[23]。また、世の中に「モノ」が大量に溢れる中で、カップルの低俗化が指摘されることも少なくない。

現代でも、神社において、縁結びのご利益は重視されるところであり、恋愛成就のお守りや恋愛運の書かれたお神籤は定番とも言える。

経済学[編集]

経済学では、合理的な人間は「効率」という基準で、1日24時間・金を仕事・恋・遊びに割り振っていると考える[24]。経済学では、男性の場合、費用(女性とのデートに振り向ける時間・金)と便益(女性との恋愛から得られる満足)を比較して、便益が費用よりも大きいときに、その恋は「効率」的であると表現する[24]。これが経済学の基本的な思考である[24]

経済学者ロバート・フランクは、愛が合理的な計算にそぐわない側面があると指摘している[25]。フランクは、哲学者のブレーズ・パスカルの言葉を引用し「費用・便益を合理的に計算する人間には、人を愛することはできない」と指摘している[26]

著名な恋愛論[編集]

恋愛の形態[編集]

現代ではしばしば恋愛のシンボルマークとして用いられるハートマーク

脚注・出典[編集]

  1. ^ この記述では性愛の側面を重視しており、また一方的な片思いでも恋愛は成り立つと解釈できる。
  2. ^ 第6版で性愛についての記述が削除された。
  3. ^ 結果として二人の関係は確かなものとなった。
  4. ^ 宇治拾遺物語』、『道成寺
出典
  1. ^ 平凡社 哲学事典P1、2、1211、1212
  2. ^ 森進一訳, 『饗宴』, 新潮文庫, 1968[要ページ番号]
  3. ^ 永嶋哲也「愛の発明と個の誕生--思想史的な観点から--」比較思想論輯2004.6[1][2]
  4. ^ 『恋愛論』大岡昇平 訳[要ページ番号]
  5. ^ 『恋愛論』[要ページ番号]
  6. ^ なお、スタンダール自身は『恋愛論』の序文(1826年)において、「この本は成功しなかった」と述べており、論の展開は「必ずしも理由がなくはかない」と告白している。
  7. ^ ユダヤの力(パワー)-ユダヤ人はなぜ頭がいいのか、なぜ成功するのか! (知的生きかた文庫) 加瀬 英明 著[要ページ番号]
  8. ^ アブラハム・カイパー著『カルヴィニズム』聖山社 p.96
  9. ^ 高木実著『生と性-創世記1-3章にみる「男と女」』いのちのことば社 p.67
  10. ^ C.S.ルイス『悪魔の手紙』中村妙子訳、平凡社[要ページ番号]
  11. ^ 高校生聖書伝道協会『クリスチャン・ライフQ&A』いのちのことば社[要ページ番号]
  12. ^ 尾山令仁『結婚の備え』いのちのことば社[要ページ番号]
  13. ^ チャールズ・スウィンドル『性といのちの問題』いのちのことば社[要ページ番号]
  14. ^ カトリック・プロライフ
  15. ^ 公教要理[要ページ番号]
  16. ^ 哲学事典 P2
  17. ^ 世界SEX百科―肉体と意識、そして各国の性風俗 由良橋 勢 著[要ページ番号]
  18. ^ “早すぎる恋愛”はダメ!高校の規則に「男子と女子は44cm以上離れよ」-中国
  19. ^ 「透谷の女性観:幼少年時代の透谷が女性から受けた影響」揚穎(九州大学学術情報リポジトリ2010.12.20)[3]
  20. ^ a b c 渡邊昭五『梁塵秘抄の恋愛と庶民相』岩田書院, 2005 p.10-13
  21. ^ 加藤秀一『恋愛結婚は何をもたらしたか』ちくま書房[要ページ番号]
  22. ^ リクルート「結婚トレンド調査2006」
  23. ^ 渡部伸『中年童貞』扶桑社新書[要ページ番号]など
  24. ^ a b c 田中秀臣 『最後の『冬ソナ』論』 太田出版、2005年、126頁。
  25. ^ 田中秀臣 『最後の『冬ソナ』論』 太田出版、2005年、129-130頁。
  26. ^ 田中秀臣 『不謹慎な経済学』 講談社〈講談社biz〉、2008年、46頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

※ CiNiiサイトは右肩アイコン (CiNii PDF) から本文が読める。