莱州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「萊州」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

莱州(らいしゅう)は中国にかつて存在した州。現代の山東省の東部、煙台市付近にあたる。

魏晋南北朝時代[編集]

隋代[編集]

隋朝が成立すると光州が設置され2郡6県を管轄した。582年開皇3年)に莱州と改称されている[1]607年(大業3年)には郡制施行に伴い莱州は東莱郡と改称され、下部に9県を管轄した。隋朝の行政区分に関しては下図を参照。

隋朝の行政区画変遷
区分 開皇元年 区分 大業3年
莱州 東莱郡
東莱郡 長広郡 掖県 昌陽県 膠水県
牟平県 文登県 盧郷県
即墨県 観陽県
掖県 昌陽県
長広県
黄県 牟平県
文登県

脚注[編集]

  1. ^ 『隋書』では開皇5年の改称としているが、『元和郡県志』の記述を採用する。