竹原ピストル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
竹原和生から転送)
移動: 案内検索
竹原ピストル
基本情報
出生名 竹原 和生
出生 1976年12月27日(37歳)
学歴 道都大学卒業
出身地 日本の旗 日本千葉県
職業 歌手作曲家作詞家俳優
担当楽器 ボーカルギター
活動期間 野狐禅 1999年 - 2009年
ソロ 2009年 -
レーベル ペルメージ・レコード
よしもとアール・アンド・シー
公式サイト 公式ブログ

竹原 ピストル(たけはら ピストル、1976年12月27日 - )は、日本ミュージシャン歌手ギタリスト俳優である。本名、竹原 和生(たけはら かずお)[1]の名で活動することもある。千葉県千葉市出身。道都大学社会福祉学部卒業。

野狐禅のメンバーであり、解散後はソロとして活動。俳優としては熊切和嘉監督作品を中心に映画に出演している。

略歴・人物[編集]

道都大学在学中はボクシング部に所属(OBにプロで活躍した元日本スーパーウェルター級チャンピオン伊藤辰史がいる)。

1999年、大学在籍時に知り合った濱埜宏哉と共にフォークバンド野狐禅を結成、後にオフィスオーガスタに所属し、2003年メジャーデビューした。

2006年の映画『青春☆金属バット』に主演し、俳優としても活動を開始。同映画のテーマソングも野狐禅として担当した。

2009年5月9日、野狐禅の解散を発表、インディーズのソロミュージシャンとして活動を始めた。

2011年松本人志監督作品『さや侍』に竹原和生名義で出演、主題歌「父から娘へ 〜さや侍の手紙〜」も担当した。この映画公開に際して開催されたティーチインにおいて、松本は竹原を評して、同映画において重要な役として起用したことや、「才能がある人が認められていないと……」「僕が何もしなくても彼は日の目を見ると思いますけど、ちょっとでも手助けできたら」などと語り、その才能を高く評価した[2][3]

既婚者、1男あり[4]

ディスコグラフィ[編集]

野狐禅[編集]

ソロ作品・アルバム[編集]

  • オールドルーキー (PMF-129、ペルメージ・レコード、2009年6月11日) ミニアルバム
    1. 不覚にも宇宙だと思った
    2. メルセデスベンツ
    3. 流れ弾
    4. オールドルーキー
    5. LIVING
    6. マイセルフ
  • BOY (PMF-132、ペルメージ・レコード、2010年5月10日) 1st フルアルバム
    1. BROTHER
    2. フィッシュ・オン
    3. 旅路の風の中 旅路の空の下
    4. 糸電話
    5. 浅草キッド(ビートたけしのカバー)
    6. お月さん、バキューンとやってるところ
    7. 帰郷
    8. 女の子
    9. BOY
    10. LIVING(HIGHWAY61「Living」をモチーフにして)
    11. ファイト! (中島みゆきのカバー)
    12. ユアセルフ
  • 復興の花 (ライブ会場限定、2011年3月23日) ミニアルバム
    1. 君の影 ぼくの影
    2. 空は教えてくれるだろう
    3. Catch me if you can
    4. 復興の花
    5. ふうせんガム
    6. 三河台小学校の校庭で、〜中略〜した話(朗読劇団“ぼくら”による朗読)
  • SKIP ON THE POEM (PMF-135、ペルメージ・レコード、2011年4月27日) 2nd フルアルバム
    1. ぼくのイマジン(朗読)
    2. GURU×GURU 〜水野雄介MIX〜
    3. ふうせんガム
    4. ひも
    5. みちのく旅日誌(朗読)
    6. かわりばんこがちょうどいい
    7. やなことあったらウチ来いよ
    8. 函館山山頂から日の出を見た(朗読)
    9. まだ若い廃墟
    10. 諸々、大丈夫だよ
    11. NO MORE 人間関係 〜某ホテル 某客室清掃員のブルース〜
    12. カウント10
    13. LIVING 〜HIGHWAY61『Living』をモチーフにして〜
    14. 最終電車は次の街へ、そしてまた次の街へ
    15. ぼくらのリズム(朗読劇団“ぼくら”による朗読)
  • ROUTE to ROOTS (YRCN-95188、よしもとアール・アンド・シー、2012年4月25日) 3rd フルアルバム
    1. みんな〜、やってるか!
    2. 石ころみたいにひとりぼっちで、命の底から駆け抜けるんだ
    3. 来た道戻るの大嫌い!
    4. オールドルーキー〈再録〉
    5. 俺、間違ってねえよな?
    6. 3センチの歌
    7. バースデイ
    8. リョウジ
    9. ルート トゥ ルーツ
    10. my dear
    11. 高千穂峠のこいのぼり〜ワルフザケガスギルMIX〜
    12. 辞世の句
    13. STAY FREE!!
    14. 父から娘へ 〜さや侍の手紙〜〈再録〉
  • 復興の花2 (PMF-143、ペルメージ・レコード、2013年3月1日) 4th フルアルバム
    1. 〜LINE 1〜
    2. 南相馬からの帰り道
    3. チェリーボーイまこっちゃん
    4. 風街亭のシャンデリア
    5. かたつむり(朗読)
    6. 復興の花2
    7. 〜LINE 2〜
    8. 生実池の奥底で私の少年が尾びれを揺らしている。(朗読)
    9. ブギハウスまで徒歩30秒
    10. 例えばヒロ、お前がそうだったように
    11. ON AND ON
    12. お前、もういい大人だろ?
    13. 〜LINE 3〜
    14. 山陰本線の終点は月のちょい手前(朗読)
    15. 女の子〜Rinバージョン〜(2012年3月22日 茨城/日立 小川屋ライブ音源より。Rinによる演奏。)

シングル[編集]

  • 父から娘へ 〜さや侍の手紙 (YRCN-90169、よしもとアール・アンド・シー、2011年7月6日)
    1. 父から娘へ 〜さや侍の手紙
    2. 父から娘へ 〜さや侍の手紙〜Another Edition
  • ふうせんガム〜MHK 2011 ver.〜 (YRCN-90185、よしもとアール・アンド・シー、2012年2月29日)
    1. ふうせんガム 〜MHK 2011 ver.〜
    • 「竹原ピストルと水野雄介とホーミータイツ」名義
    • MUSIC CLIPが収録されたDVD付。NHK『松本人志のコントMHK』EDテーマ。

参加作品[編集]

  1. HOME 〜山崎まさよしトリビュート〜 (2010年9月29日)
    山崎まさよし トリビュートアルバム。「未完成」で参加。
  2. 青鬼赤鬼 〜 ザ・スターリン・遠藤ミチロウ還暦 & 30周年トリビュートアルバム 〜
    遠藤ミチロウ トリビュートアルバム。「カノン」で参加。
  3. 極東最前線3 (2013年9月18日)
    「LIVE IN 和歌山」で参加。

出演[編集]

映画[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]