白根バイパス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
一般国道
国道8号標識国道17号標識
白根バイパス
国道8号バイパス
地図
路線延長 5.9 km
開通年 2015年 - 2019年
北端 新潟県新潟市南区
南端 新潟県新潟市南区
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0460.svg国道460号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

白根バイパス(しろねバイパス)は、新潟県新潟市南区保坂から同区戸頭に至る国道8号(重複:国道17号)のバイパス道路[1]

概要[編集]

新潟市白根地区(旧白根市)中心部の渋滞緩和を目指し、市街地東側に整備される延長5.9 kmの区間である[1]。2015年に部分開通し、2019年に全線が開通した[2]

新潟市西区大野町から三条市代官島に至る現区間は、中ノ口川の堤防上や白根市街地を通るルートを1960年代の整備(国道8号白根道路改良)によって変更したもので、その経緯を基にすれば「バイパスのバイパス」ともいえる。

路線データ[編集]

  • 起点 - 新潟県新潟市南区保坂[1]
  • 終点 - 新潟県新潟市南区戸頭[1]
  • 全長 - 5.9 km[1]
  • 規格 - 第3種1級[3]
  • 道路幅員 - 28.0 m[1] (暫定14.5 m[1]
  • 車線数 - 暫定2車線(完成4車線)[1]
  • 車線幅員 - 3.5 m[1]
  • 設計速度 - 80 km/h[3]

歴史[編集]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

接続するバイパスの位置関係[編集]

国道8号、国道17号[編集]

(新潟方面) 大野改良 - 白根改良 - 白根バイパス - 白根改良(京都、東京方面)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 国道8号白根バイパス パンフレット (PDF)”. 国土交通省 北陸地方整備局 新潟国道事務所 (2018年3月). 2018年6月6日閲覧。
  2. ^ a b 平成31年3月10日(日) 国道8号白根バイパス全線開通! 〜 白根市街地の混雑が解消します 〜 (PDF)”. 国土交通省北陸地方整備局 新潟国道事務所 (2019年1月25日). 2019年1月25日閲覧。
  3. ^ a b 2018事業概要 (PDF)”. 国土交通省 北陸地方整備局 新潟国道事務所. 2018年6月6日閲覧。
  4. ^ 国道8号白根バイパスが3月22日(日)に部分開通します。 (PDF)”. 国土交通省 北陸地方整備局 新潟国道事務所 (2015年2月3日). 2015年3月6日閲覧。
  5. ^ 白根バイパス、10日全線開通 混雑緩和に期待の一方、街中の往来減少への懸念も - 新潟日報(2019年3月7日付).同年5月11日閲覧。
  6. ^ 国道8号白根バイパス5.9km全線開通 事業化から28年 - ケンオー・ドットコム(2019年3月10日付).同年5月11日閲覧。
  7. ^ 国道8号白根バイパスが3月10日に全線開通 - にいがた経済新聞(2019年2月16日付).同年5月11日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]