渋川西バイパス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
国道17号標識
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 5.svg
群馬県道35号標識

渋川西バイパス(しぶかわにしバイパス)は、地域高規格道路上信自動車道の一部をなす国道17号バイパス道路である。

概要[編集]

渋川市中村の国道17号渋川バイパスを起点とし同市金井に至るバイパス道路である。現在は起点の中村交差点から渋川市石原まで4車線で開通している。石原から同市金井までは現在設計中である[1]

元々は渋川東吾妻線のバイパスとして計画されていた道路で、この区間は2004年3月30日に上信自動車道の区間に指定された[2]。将来は国道に昇格することになっている。2017年現在、起点から石原交差点までの約1 kmの間(上信自動車道の構成道路に指定された後に高崎河川国道事務所によって2013年12月に暫定2車線から4車線へと拡幅した、"現道拡幅区間")のみ国道17号扱いになっている。

旧道は渋川市道に降格している(旧道のうち、群馬県道33号渋川松井田線の重複区間は同県道の単独区間になっている)。県道の起点は中村交差点で変わらないが、旧道は渋川バイパスの中村三差路交差点(実際は五差路)まで国道と重複していた。中村三差路から渋川駅前・渋川新町・渋川四つ角を経由する経路であった。

将来的には、正式に国道17号へ指定される予定ではあるが、前述の通り、地域高規格道路・上信自動車道の一部を成す道路であり、終点からは吾妻地域方面へと直結される計画である。そのため、本バイパスから国道17号現道(新潟方面)への合流ルートは計画されていない。

上信自動車道は、当区間のみ国の直轄事業となっており、そのため、起点で接続している国道17号の延長扱いとなっている(上信自動車道の他のバイパスが属する国道353号国道145号は群馬県管理路線。ただし、国道145号八ッ場バイパス八ッ場ダム付け替え道路のひとつとして国主導で建設されている)。

区間[編集]

2017年現在、正式に上信自動車道・国道17号渋川西バイパスとして開通しているのは、起点-石原交差点間のみとなっている(ただし、現地標識上は、編入前の群馬県道35号渋川東吾妻線のまま)。

  • 起点(中村交差点、渋川市中村) - 石原交差点(渋川市石原):暫定2車線で整備されていた群馬県道35号渋川東吾妻線JR上越線を越える跨線橋区間を国(高崎河川国道事務所)によって上り線側の跨線橋を架橋して2013年12月に対面4車線化、同時に国道17号渋川西バイパスとして編入。
  • 石原交差点 - 藤ノ木東交差点(渋川市渋川):渋川東吾妻線(対面4車線化済)を現道活用区間として編入予定。
  • 藤ノ木東交差点 - 入沢交差点(渋川市渋川):渋川市道「市役所通り」を現道活用区間として編入予定。
  • 入沢交差点(手前)- 渋川市金井:新規整備予定(事業中)。入沢交差点の手前より分岐する形で終点まで新規に建設する。分岐点-入沢交差点間は、実質入沢交差点で合流する群馬県道33号渋川松井田線と連絡するランプ線となる。

交差する道路[編集]

接続するバイパスの位置関係[編集]

(渋川方面)国道17号渋川西バイパス - 国道353号金井バイパス(吾妻方面)

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 渋川西バイパス 高崎河川国道事務所
  2. ^ 上信自動車道について”. 高崎河川国道事務所(PDFファイル). 2012年10月7日閲覧。

外部リンク[編集]