魚津バイパス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
国道8号標識

魚津バイパス(うおづバイパス)は、富山県魚津市江口から住吉に至る、国道8号バイパスである。魚津市内の国道8号の混雑解消を目的に建設された[1]

全線開通当初は全線暫定2車線であったが、2015年6月26日以降は全線4車線で供用されている。[2]

国道8号線 魚津バイパス(本江付近)

概要[編集]

  • 起点:富山県魚津市江口
  • 終点:富山県魚津市住吉
  • 全長:4.06km[3]
  • 規格:
  • 道路幅員:28m[3]
  • 車線数:4車線
  • 車線幅員:
  • 設計速度:

沿革[編集]

主な接続道路[編集]

接続するバイパスの位置関係[編集]

(京都方面)魚津滑川バイパス - 魚津バイパス - 入善黒部バイパス(新潟方面)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『2004 道路整備効果事例集』魚津バイパス開通で魚津市内の活性化より(2017年4月28日閲覧)
  2. ^ a b 富山新聞』2015年6月25日付朝刊28面より。
  3. ^ a b c d e f g 『魚津市史 続巻 現代編』(2012年3月31日、魚津市教育委員会発行)159ページ
  4. ^ 北日本新聞 1994年3月31日付朝刊『国道8号 魚津バイパス 江口 - 吉島間 きょう開通 渋滞緩和に期待』より。
  5. ^ 北日本新聞 1994年10月29日付朝刊26面『お待たせ 全線開通 国道8号魚津バイパス 渋滞解消へ期待』より。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]