入善黒部バイパス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
国道8号標識

入善黒部バイパス(にゅうぜんくろべバイパス)は、富山県下新川郡入善町から黒部市を経由して魚津市江口に至る、国道8号バイパス(全長約16km)である。

現在は全ての区間で暫定2車線で供用されている。入善町側の旧道分岐地点(上野交差点)からはしばらく盛土の道が続き、四十八ヶ瀬大橋(通称・YKK橋)で黒部川を渡る。黒部市古御堂から終点の魚津市江口までの間は、大半が盛土や高架による立体交差となっている。特に魚津市内区間は住宅地を通過するため、経田地区が高架で建設されている。

なお、現道と重複する入善町椚山 - 上野間(2.1km)については現道を改修して対応する予定。また、2016年平成28年)4月1日 に旧道が一般県道魚津入善線に指定変更され、国道指定は解除された。

概要[編集]

  • 起点 富山県下新川郡入善町椚山
  • 終点 富山県魚津市江口
  • 全長 16.1km
  • 規格 第3種1級
  • 道路幅員 28.0m
  • 車線数 暫定2車線(完成4車線)
  • 車線幅員 3.5m
  • 設計速度 80km/h

沿革[編集]

主な接続道路[編集]

歩道のみ接続可能な道路[編集]

いずれも立体交差となっているため、歩道のみで接続している。自動車道としては接続されていない。

周辺[編集]

接続するバイパスの位置関係[編集]

(京都方面)魚津バイパス - 入善黒部バイパス - 現道 - 境バイパス(新潟方面)

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 北日本新聞 1990年1月23日付朝刊1面『国道8号魚津 - 入善間14キロ バイパス建設決定』より。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]