新潟県道33号新潟停車場線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
主要地方道
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 3.svg
新潟県道33号標識
新潟県道33号 新潟停車場線
主要地方道 新潟停車場線
起点 新潟停車場地図
終点 新潟市中央区東大通一丁目【地図
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0007.svg 国道7号
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路

新潟県道33号新潟停車場線(にいがたけんどう33ごう にいがたていしゃじょうせん)は、新潟県新潟市中央区を通る県道主要地方道)である。

この項では、新潟駅万代口から萬代橋東詰に至る道路通称である東大通(ひがしおおどおり)および萬代橋通り(ばんだいばしどおり)についても記す。

概要[編集]

国道7号と共に、JR新潟駅万代口から萬代橋方面に至る「東大通」を構成する。

路線データ[編集]

  • 路線延長:0.150 km[要出典]
  • 起点:新潟市中央区東大通一丁目(新潟駅前交差点)
  • 終点:新潟市中央区東大通一丁目(東大通交差点、国道7号交点)

歴史[編集]

路線状況[編集]

通称[編集]

東大通
中央区東大通一丁目の新潟駅前交差点から、同区万代三丁目の東港線十字路に至る道路の通称。県道33号の全区間と国道7号の一部区間で構成される。
「新潟市の玄関口」とも云うべき道路。新潟駅万代口から駅周辺のオフィス街、万代シテイを経由して萬代橋東詰に至る。萬代橋で信濃川を渡った先は柾谷小路となる。このうち、流作場五差路から東港線十字路の間は萬代橋通りの別名を持つ。
路線としては明石通と交差する東大通交差点以南が県道33号、以北は国道7号。新潟駅前交差点 - 流作場五差路間は片側4車線(中央分離帯あり)、流作場五差路 - 東港線十字路間は片側3車線(中央分離帯なし)となっている。

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十1日建設省告示第千二百七十号、建設省

関連項目[編集]

外部リンク[編集]