新潟県道463号白雲台乙和池相川線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Route Sign Number 4.svgJapanese Route Sign Number 6.svgJapanese Route Sign Number 3.svg
新潟県道463号標識

新潟県道463号白雲台乙和池相川線(にいがたけんどう463ごう はくうんだいおとわいけあいかわせん)は、新潟県佐渡市佐渡島内)の一般県道である。

概要[編集]

佐渡市の白雲台(中興・金井地区)と相川地区を結ぶ観光道路。山岳道路で大佐渡山地を縦断する。金井地区新保(国道350号と接続)から白雲台へ至る佐渡市道、防衛省が管理する道路とあわせ、通称「大佐渡スカイライン(おおさど-)」と呼ばれる。沿線には妙見山、地獄谷、乙和池、大平高原、佐渡金山などがある。冬期(11月末頃 - 4月末頃)は閉鎖している。

  • 起点:佐渡市中興
  • 終点:佐渡市相川大間町

別名・通称[編集]

  • 大佐渡スカイライン

地理[編集]

大佐渡山脈の尾根沿いを走る道路で、ふもとの相川から妙見山に向かって標高942mの最高地点まで登り、頂部の白雲台は佐渡南部を一望できるロケーションにある[1]。途中の小仏峠に向かう斜面は、ヘアピンカーブが連続する区間がある[1]。沿線の相川地区は、史跡佐渡金山があることで有名。

通過する自治体[編集]

  • 新潟県
    • 佐渡市

交差する道路[編集]

沿線[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 須藤英一 2013, p. 85.

参考文献[編集]

  • 須藤英一『新・日本百名道』大泉書店、2013年、85頁。ISBN 978-4-278-04113-2

関連項目[編集]

外部リンク[編集]