長野県道411号・新潟県道412号飯山新井線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Route Sign Number 4.svgJapanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 1.svg
長野県道411号標識
Japanese Route Sign Number 4.svgJapanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 2.svg
新潟県道412号標識

長野県道411号飯山新井線新潟県道412号飯山新井線(ながのけんどう411ごう・にいがたけんどう412ごう いいやまあらいせん)は、長野県飯山市から新潟県妙高市に至る一般県道

概要[編集]

長野県飯山市南部から、新潟県妙高市南部に至る県道である。

JR飯山線信濃平駅西側から信濃平スキー場跡を経由し、黒岩山の山腹を這うように登ってゆく(通称「九十九折」と呼ばれる)。県境手前の平丸峠(810m)を越えたところには景勝地「桂池」がある。県境を越え妙高市に入ると道は下りとなり、平丸集落を経由して猿橋に至る。

また飯山市側には「腹薬の清水」、妙高市側には平安時代の武将木曾義仲が発見したといわれる「木曽清水」という、名水で知られるポイントもある。

ほとんどの区間が狭隘な単車線で、県境付近は冬季閉鎖となる。

通過する自治体[編集]

  • 長野県
    • 飯山市
  • 新潟県
    • 妙高市

交差・接続する道路[編集]

周辺[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]