新潟県道264号豊栄天王線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 6.svgJapanese Route Sign Number 4.svg
新潟県道264号標識

新潟県道264号豊栄天王線(にいがたけんどう264ごう とよさかてんのうせん)は、新潟県新潟市北区から新発田市に至る一般県道である。

概要[編集]

新潟市豊栄地区中心部の葛塚下町交差点(豊栄図書館角)から新発田市豊浦地区天王の国道460号へ至る。

旧銅屋川跡の「さくら通り」や福島潟北側の「福島潟公園」などを経由している。

また、県道46号(新潟中央環状線)の新設区間(前新田バイパス)が供用するまでは、国道7号新新バイパス豊栄ICや、日本海東北自動車道豊栄新潟東港ICから月岡温泉方面への最寄ルートとしても利用されていた。生活道路としても、豊栄地区中心部から新発田市街南東部へは、この県道264号を経由するルートが比較的所要時間が短くて済むため、抜け道として使用される事がある。

以前は、新発田市鳥穴地内(県道392号との丁字路交差点)で進路を変化していたが、嵩上げ・拡幅・線形改良工事が行われ、月岡温泉方面へ進路を変化する事が無くなった。

路線データ[編集]

  • 陸上距離:
  • 起点:新潟市北区葛塚
  • 終点:新発田市天王字五反割

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]