新潟県道586号水原亀田線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
一般県道
Japanese Route Sign Number 5.svgJapanese Route Sign Number 8.svgJapanese Route Sign Number 6.svg
新潟県道586号標識
新潟県道586号水原亀田線
地図
起点 新潟県阿賀野市
終点 新潟県新潟市江南区
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0049.svg国道49号
Japanese National Route Sign 0460.svg国道460号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

新潟県道586号水原亀田線(にいがたけんどう586ごう すいばらかめだせん)は、新潟県阿賀野市から新潟市江南区に至る一般県道

阿賀野市下黒瀬付近

概要[編集]

阿賀野市水原地区南部の分田地域から京ヶ瀬地区を経由して、新潟市江南区亀田地区に至る。

このうち京ヶ瀬地区の下黒瀬から亀田地区内の区間については1995年平成7年)、国道49号横雲バイパスの開通に伴い、北蒲原郡京ヶ瀬村大字下黒瀬 - 中蒲原郡横越村大字横越(いずれも当時)間の横雲橋を経由する旧区間が県道に指定変更された際に指定された。2004年(平成16年)3月18日、同バイパスの全通に伴って横越交差点 - 曙町二丁目交差点間が追加指定され、一部区間が変更された。さらに2006年(平成18年)3月31日、阿賀野市道と新潟市道が追加指定され、現在の経路となった[1]。なお、横越地区中心部の区間には横雲通り(おううんどおり)の愛称が付与されている。

路線データ[編集]

  • 起点:阿賀野市堀越(上堀越交差点=国道49号交点)
  • 終点:新潟市江南区曙町二丁目(曙町二丁目交差点=国道49号交点)

路線状況[編集]

通称[編集]

  • 横雲通り(横雲橋西詰交差点 - 川根町四丁目( - 袋津交差点))
  • 亀田バイパス(横雲バイパス開通前の旧区間・袋津交差点 - 曙町二丁目交差点)

重複区間[編集]

道路施設[編集]

  • 横雲橋(阿賀野市-新潟市江南区):905.1m
  • 用水堀橋(新潟市江南区):8.1m

交通量[編集]

2010年度(平成22年度道路交通センサスより)
平日24時間交通量(台)

  • 阿賀野市嘉瀬島 : 8,093
  • 新潟市江南区横越中央五丁目 : 5,812

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 道路の区域決定と供用開始(平成18年新潟県告示第537・538号)『新潟県報』第25号 (PDF) (2006年3月31日). p.542

関連項目[編集]

外部リンク[編集]