新潟県道9号長岡栃尾巻線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
主要地方道
Japanese Route Sign Number 9.svg
新潟県道9号標識
新潟県道9号 長岡栃尾巻線
主要地方道 長岡栃尾巻線
起点 長岡市中沢
国道17号国道404号交点【地図
終点 新潟市西蒲区漆山字砂押
国道460号巻潟東IC地図
接続する
主な道路
記法
国道17号標識 国道17号
国道404号標識 国道404号
国道290号標識 国道290号
国道403号標識 国道403号
国道8号標識 国道8号
国道460号標識 国道460号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

新潟県道9号長岡栃尾巻線(にいがたけんどう9ごう ながおかとちおまきせん)は、新潟県長岡市から新潟市西蒲区に至る県道主要地方道)である。

概要[編集]

路線データ[編集]

歴史[編集]

  • 1993年平成5年)5月11日 - 建設省から、県道長岡栃尾加茂線の一部・県道加茂巻線・県道新潟小須戸三条線の一部・県道白根間瀬線の一部・県道白根黒埼線の一部・県道新潟燕線の一部が長岡栃尾巻線として主要地方道に指定される[1]

路線状況[編集]

新潟市新潟市西蒲区内にある門田のハザ並木は、読売新聞社選定の「新・日本街路樹100景」(1994年)のひとつに選定されている[2]

バイパス[編集]

  • 秋葉トンネル(長岡市・岩の鼻橋西詰 - 谷内二丁目)
  • 加茂市幸町 - 同市加茂新田(川西) - 同市前須田 - 新潟市南区清水 - 同市西蒲区六分間
    • 両郡橋(清水 - 六分)

上記バイパス道路のうち、加茂市中心部から信濃川を挟んで新潟市西蒲区六分にかけての区間では現在[いつ?]整備事業が進捗しており、完成区間が順次開通している。加茂市後須田(うらすだ)地内の旧区間は道幅が非常に狭隘で、集落内を複雑にクランクしている上に歩道も設けられていない。また新潟市南・西蒲両区境の中ノ口川に架かっていた両郡橋の旧橋梁(トラス橋)も老朽化が著しく進行し、幅員が非常に狭隘な上に9.0tの重量制限が設けられ一部の大型車が通行できないなど、いずれも自動車や歩行者などの通行上、大きな障害となっていることから整備が進められた。

このうち両郡橋は2009年平成21年)3月29日に現橋梁が開通し、その後橋梁部周辺の整備工事を経て全面竣工。橋梁部における大型車の重量制限は現橋梁開通と同時に解除された。また加茂市加茂新田と同市前須田(まえすだ)を結んで信濃川を横断する新橋梁「加茂大橋」が2010年(平成22年)12月4日に開通し、前須田 - 後須田間の既供用区間と合わせ、加茂市中心部と国道8号を短絡するルートが新設された。最後に残った新潟市南区茨曽根庚地内の新経路は2011年度(平成23年度)中に全面竣工し、幸町 - 六分間の改良事業が完成した。

通称[編集]

  • 悠久山公園道路・悠久山通り((平潟公園前 - )中沢IC - 中沢三丁目三差路( - 中貫町一丁目))

重複区間[編集]

  • 新潟県道24号栃尾山古志線(長岡市栃尾大野町2丁目 - 北荷頃交差点)
  • 国道290号(長岡市巻渕2丁目・巻渕交差点 - 長岡市下樫出・下樫出交差点)
  • 国道290号(三条市上谷地 - 加茂市大字黒水)
  • 国道403号(加茂市幸町1丁目・幸町一交差点 - 加茂市大字加茂・丸潟交差点)

道路施設[編集]

梨ノ木トンネル(新潟県長岡市九川)

[編集]

  • 大布橋(西谷川、長岡市栃尾表町)
  • 刈谷田橋(刈谷田川、長岡市栃尾本町 - 同市金沢1丁目)
  • 五反田橋信濃川、南蒲原郡田上町大字保明新田 - 加茂市大字五反田)
  • 加茂大橋信濃川、加茂市加茂新田 - 同市前須田)
  • 両郡橋(中ノ口川

トンネル[編集]

  • 秋葉トンネル
  • 梨ノ木トンネル

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

加茂市中心部を通る新潟県道9号

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十1日建設省告示第千二百七十号、建設省
  2. ^ 浅井建爾『道と路がわかる辞典』日本実業出版社、2001年11月10日、初版、127頁。ISBN 4-534-03315-X

関連項目[編集]

外部リンク[編集]