新潟県道31号相川佐和田線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
主要地方道
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 1.svg
新潟県道31号標識
新潟県道31号 相川佐和田線
主要地方道 相川佐和田線
起点 新発田市新栄町2丁目【地図
終点 新潟市北区川西1丁目【地図
接続する
主な道路
記法
Japanese Route Sign Number 4.svgJapanese Route Sign Number 5.svg
新潟県道45号標識
新潟県道45号佐渡一周線
Japanese Route Sign Number 4.svgJapanese Route Sign Number 6.svgJapanese Route Sign Number 3.svg
新潟県道463号標識
新潟県道463号白雲台乙和池相川線
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

新潟県道31号相川佐和田線(にいがたけんどう31ごう あいかわさわたせん)は、新潟県佐渡市佐渡島内)を通る県道主要地方道)である。

概要[編集]

相川地区と佐和田地区を結ぶ幹線道路である。佐渡島内では、国道350号の両津地区 - 窪田(佐和田地区)間、佐渡一周線の窪田 - 沢根(佐和田地区)間と合わせて通称本線と呼ばれる。大佐渡山地を貫く中山トンネルを通る。

路線データ[編集]

  • 起点:佐渡市相川大間町
  • 終点:佐渡市沢根

歴史[編集]

路線状況[編集]

主な構造物[編集]

  • 中山トンネル - 1989年3月竣工、延長727m、幅9.25m、高さ4.5m[要出典]。なお、旧トンネルも存在する。

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

佐渡市沢根付近

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十1日建設省告示第千二百七十号、建設省

関連項目[編集]

外部リンク[編集]