糸魚川東バイパス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
一般国道
国道8号標識
糸魚川東バイパス
国道8号バイパス
地図
総延長 6.9 km
開通年 2010年
起点 新潟県糸魚川市間脇
終点 新潟県糸魚川市押上
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

糸魚川東バイパス(いといがわひがしバイパス)は、新潟県糸魚川市間脇から同市押上に至る、国道8号バイパス道路である。

2015年現在は、梶屋敷 - 押上間が開通している。

概要[編集]

路線データ[編集]

  • 起点 : 新潟県糸魚川市間脇[1]
  • 終点 : 新潟県糸魚川市押上[1]
  • 全長 : 6.9 km[1]
  • 規格 : 第3種第2級[1]
  • 道路幅員 : 暫定14.5 m(完成28.0 m)(間脇 - 梶屋敷間3.1km)、完成11.0 m(梶屋敷 - 押上間3.8 km)※後者の区間は歩道を設けず[2]
  • 車線数 : 暫定2車線(完成4車線)(間脇 - 梶屋敷)、完成2車線(梶屋敷 - 押上)[2]
  • 車線幅員 : 3.5 m[1]
  • 設計速度 : 60 km/h[1]

歴史[編集]

路線状況[編集]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

接続するバイパスの位置関係[編集]

(京都方面)糸魚川バイパス - 糸魚川東バイパス - 能生バイパス(新潟方面)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 国道8号糸魚川東バイパス パンフレット”. 国土交通省北陸地方整備局 (2016年3月). 2019年5月11日閲覧。
  2. ^ a b 道路事業の再評価説明資料北陸地方整備局平成26年11月〔国道8号糸魚川東バイパス〕”. 平成26年度第3回北陸地方整備局事業評価監視委員会. 国土交通省北陸地方整備局. p. 5 (2014年11月). 2015年10月14日閲覧。
  3. ^ “国道8号糸魚川東バイパス(梶屋敷~大和川間)開通後の交通状況について” (PDF) (プレスリリース), 国土交通省 高田河川国道事務所, (2010年5月24日), http://warp.da.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/11035687/www.hrr.mlit.go.jp/takada/kouhou/kisya/h22/220524.pdf  - WARPによるアーカイブ
  4. ^ “糸魚川東バイパス、大和川 - 押上間が開通”. 上越タイムスニュース. (2015年5月30日). https://jcvmobile.jp/jtimes/detail/seq:10400 2015年10月14日閲覧。 [リンク切れ]
  5. ^ “国道8号 糸魚川東バイパス(大和川〜押上間) 5月30日(土) 開通します!” (PDF) (プレスリリース), 国土交通省 北陸地方整備局高田河川国道事務所, (2015年5月8日), http://www.hrr.mlit.go.jp/press/2015/05/150508takada.pdf 
  6. ^ “国道8号 糸魚川東バイパス(大和川〜押上間)5月30日開通後の交通状況について” (PDF) (プレスリリース), 国土交通省 北陸地方整備局高田河川国道事務所, (2015年6月16日), http://www.hrr.mlit.go.jp/press/2015/06/150616takad.pdf 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]