大宮バイパス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
一般国道
国道17号標識
大宮バイパス
国道17号
路線延長 19 km
開通年 1963年3月全線開通[1]
起点 埼玉県さいたま市北区宮原町
東大成町交差点
終点 埼玉県鴻巣市箕田
箕田交差点
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0016.svg国道16号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
埼玉県鴻巣市東2丁目付近(熊谷方面を撮影)
埼玉県桶川市大字坂田付近(上尾方面を撮影)
大宮バイパス沿道の広告看板(埼玉県上尾市緑丘にて撮影)
開通直後の大宮バイパス(上尾市、1962年)[2]

大宮バイパス(おおみやバイパス)は、国道17号現道(中山道)のうち、埼玉県さいたま市北区宮原町の東大成町交差点から同県鴻巣市箕田の箕田交差点までの区間の名称である。旧国道17号である埼玉県道164号鴻巣桶川さいたま線(旧中山道)のバイパスとして建設された。

概要[編集]

国土交通省では大宮 - 鴻巣間のバイパスを意味する。しかし、旧道が降格されて、この道路が現道となってから長い年月が経過している上、更に大宮の北部まで「新大宮バイパス」が新しいバイパスとして完成し、箕田までの間も「上尾道路」が順次建設・開通しており、一般には「バイパス」の呼称は過去のものとなりつつある。(後述)

大宮以北は、1935年(昭和10年)には既に群馬県境まで舗装は完了していたが、昔ながらの中山道がそのまま使われていた。戦前に新道ができなかったこの区間は、高度経済成長によって自動車の増加を見込み、中山道に並行して片側2車線の高規格道路を建設するに至った。総工費約15億円を投じて[3]1958年(昭和33年)から1963年(昭和38年)[1][4]にかけて、大宮市(現:さいたま市北区)宮原町から鴻巣市大字箕田までの全長19キロメートル[3]の区間が開通し、この新道が大宮バイパスと呼ばれる。また、この新道を「中山道」、旧道を「旧中山道」と呼ぶことになった。その後の国道・都道府県道の指定・改定の兼ね合いもあって、旧中山道が国道から県道(埼玉県道164号鴻巣桶川さいたま線)に格下げされ新道は現道となり、現在の国道17号は即ち大宮バイパスのことのみを指す。開通当初は中央分離帯は設置されなかったが、交通事故への対処から1974年(昭和49年)に設置工事が行なわれている[5]

1967年(昭和42年)に吉野町ICから笹目橋東京都練馬区への国道17号バイパスが開通する際、大宮以北の上記の区間で「大宮バイパス」の名称が既に使用されている。また、大宮以南の1935年に全線開通した新国道(現:国道17号)は中山道のバイパスである等の理由から、新しく出来た道路は「新大宮バイパス」と命名された。

沿線自治体の基幹道路であり、他に大きな道路が無い為、深夜を除いて平日休日問わず全線の至るところで渋滞する。特に埼玉県道51号川越上尾線と交差する上尾市の上尾運動公園交差点は朝夕の渋滞が大変激しく、ラジオの交通情報でしばしば案内される。上尾運動公園交差点は度々改修されており、国道17号は大宮方面が右折帯を延長した実質3車線、熊谷方面は左折帯もあり、県道も国道17号合流側の車線数が多くなっているが、それでも毎日渋滞する。

「バイパス」呼称について[編集]

旧中山道(旧国道17号)の大宮地区のバイパスではあるが、17号の現道であるため現在では「大宮バイパス」は必ずしも一般に普及した名称ではない。

大宮以北の併走道路は旧中山道であり、大宮バイパスの区間を指す言葉としては国道17号で足りてしまうことから、道路行政以外で大宮バイパスという呼称を用いることは極めて稀となっている。地域住民は、大宮バイパスの正式な別称である「中山道」(歴史的には中山道ではない)と呼ぶこともほとんどなく、単に「17号」と呼び、逆に正しくは(行政上は)誤りとなったが旧中山道(こちらが概ね江戸時代の中山道)を今でも「中山道」と呼んでいることが多いようである。実際の歴史や県道164号鴻巣桶川さいたま線上の宿場跡(上尾宿桶川宿鴻巣宿)に当時の建物が残ること、宿場に関連した伝統的な祭事もこちらで行われることなどから、元々は中山道でない大宮バイパスを「中山道」と呼ぶことが定着しなかった。

旧大宮市から鴻巣市にかけての沿線住民は、古い世代を中心に現在も「バイパス」と呼んでいる。しかし、旧大宮市では「バイパス」は新大宮バイパスを、鴻巣市北部では「バイパス」は熊谷バイパスを指す場合もあり、世代の違いや居住地などで道案内等で支障をきたす場合もある。

通過する自治体[編集]

交差する主な道路[編集]

交差する道路 交差する場所 最高速度
国道17号 東京巣鴨方面
埼玉県道164号鴻巣桶川さいたま線(旧中山道 東大成町 さいたま市
北区
60
国道16号国道17号
新大宮バイパス
国道16号
東大宮バイパス
吉野町IC
埼玉県道35号川口上尾線産業道路 日の出[* 1] 上尾市
埼玉県道51号川越上尾線 埼玉県道323号上尾環状線 上尾運動公園[* 2]
埼玉県道133号上尾停車場線 埼玉県道150号上尾蓮田線 上尾市役所前
埼玉県道323号上尾環状線 埼玉県道87号上尾久喜線 久保
埼玉県道12号川越栗橋線 坂田 桶川市
埼玉県道33号東松山桶川線 加納
埼玉県道312号下石戸上菖蒲線 - 山中 北本市
埼玉県道312号下石戸上菖蒲線 北本4丁目
埼玉県道311号蓮田鴻巣線 宮内
埼玉県道38号加須鴻巣線 埼玉県道27号東松山鴻巣線 天神2丁目 鴻巣市
埼玉県道308号内田ヶ谷鴻巣線 天神1丁目
埼玉県道136号鴻巣停車場線 鴻巣警察署前
埼玉県道32号鴻巣羽生線 宮地
埼玉県道164号鴻巣桶川さいたま線 神明
埼玉県道76号鴻巣川島線 箕田(南)
上尾道路 国道17号(熊谷バイパス 箕田
国道17号 高崎・熊谷方面

沿線の主な施設[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 2001年1月1日「日の出町」より名称変更
  2. ^ 2018年2月22日「愛宕」より名称変更

出典[編集]

  1. ^ a b 広報あげお 2018年11月号(No.1016) (PDF)”. 上尾市役所. p. 39 (2018年11月). 2018年10月29日閲覧。
  2. ^ 『写真アルバム 上尾・桶川・北本・鴻巣・伊奈の昭和』 いき出版、2017年10月19日、146頁。ISBN 978-4-86672-004-3
  3. ^ a b 『目で見る上尾・桶川・北本・鴻巣の100年』 郷土出版社2002年12月16日、126頁。ISBN 978-4-876635955
  4. ^ 『写真アルバム 上尾・桶川・北本・鴻巣・伊奈の昭和』 いき出版、2017年10月19日、145頁。ISBN 978-4-86672-004-3
  5. ^ あげお写真館 - 市役所”. 上尾市役所 (2011年5月19日). 2018年10月15日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]