コンテンツにスキップ

「Internet Explorer」の版間の差分

→‎市場占有率: 既存節を活用して欲しい、が理由ならなぜ既存の節に内容を移さずに差し戻しを行ったのか……
(→‎外部リンク: リンクの整理)
(→‎市場占有率: 既存節を活用して欲しい、が理由ならなぜ既存の節に内容を移さずに差し戻しを行ったのか……)
 
[[Google]]は[[YouTube]]でIE6などの古いブラウザの対応を2010年3月で打ち切った<ref group="出典">[http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1002/01/news026.html Google、IE6など古いブラウザのサポート終了へ - ITmedia News]</ref>。そういった経緯から、2010年[[3月4日]]にはアメリカのWebデザイン会社が企画した「IE6の葬儀」が[[コロラド州]][[デンバー]]で行われ、マイクロソフトのIEチームが花を贈り「素晴らしい時をありがとう」とメッセージを送った<ref group="出典">[http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1003/08/news030.html IE6の“葬儀”行われる Microsoftから献花も - ITmedia News]</ref>。
 
その後も[[ウィンドウズ]]に同梱されていることに支えられ、[[パソコン]]用[[ブラウザー]]市場で長年首位を保ってきたが、徐々に[[Google]]社の[[Google Chrome]]に世界シェアを伸ばされ、[[2016年]]4月にはついに逆転を許した(ネット・アプリケーションズ調査)<ref>http://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXLASGN03H0M_T00C16A5000000/</ref>
 
== セキュリティ ==