Windows 画像と FAX ビューア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Windows 画像と FAX ビューア
Microsoft Windows コンポーネント
詳細
種別 画像ビューア

Windows 画像と FAX ビューア(ウィンドウズ がぞうと ファックス ビューア)は、Windows XPに標準収録されている画像ビューア

Vistaからは「Windows フォト ギャラリー」に置き換えられている。

概要[編集]

Windowsでサポートされている画像ファイルの閲覧印刷ができる。また、FAXTIFFにはコメントを付加することもできる。簡易なスライドショーも行うことができる。 独立したexeファイルではなく、dllファイルとしてシステムに組み込まれている。

閲覧している画像ファイルを回転させることができ、回転を行うと画像が上書き保存される。

スペックが低い環境では高解像度の画像ファイルを閲覧しようとしたときにまれにプレビューの作成に失敗することがある。

Windows XPでは画像ファイルを開くプログラムとして標準で指定されているため、Windows 2000以前のようにペイント等のグラフィックソフトウェアで起動するには手動で関連付けを変更する必要がある。

関連ソフトウェアの経緯[編集]

  • Microsoft Officeの付属ソフトウェアとしてその使用権保有者に提供
    • Microsoft Photo Editor - Microsoft Office XPまで付属。
    • Microsoft Office Picture Manager - Microsoft Office 2003、2007および2010まで付属。Office 2013 以降は付属しなったが、別途に、無償公開されていたSharePoint Designer 2010をダウンロードし、スタンドアロンアプリとしてインストールすることで利用可能だった。
  • Microsoft WindowsのOSの使用権保有者に提供
    • Windows 画像と FAX ビューア(通称:Windows Photo Viewer) - Windows XPのOSシステムにdllファイルとして組み込まれて動作。独立したexeファイルは存在しない。
    • Windows フォト ギャラリー - Windows Vistaで置き換えられた。
    • Windows Live Essentials (Windows Essentials) - Windows 7, 8で、初期インストール状態ではバンドルされなくなり、別途、Windows Updateを介してインストールできる特典扱いの独立したソフトウェアとなった。Windows 8.1には公式には非対応。
    • フォト(Microsoft Photos) - Windows 10 に標準搭載され、ストアでも無償配布されているメトロアプリ( Universal Windows Platform app; (UWP) )。写真だけでなく動画編集や、それらの自動分類も可能。マイクロソフトは公式に「Picture Manager の後継[1]」であると発表している。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Where is Picture Manager?”. Office Support. マイクロソフト. 2020年6月22日閲覧。

関連項目[編集]