スタートメニュー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

スタートメニュー(Start menu)は、マイクロソフトが開発するオペレーティングシステムであるWindows 95からWindows 7まで、そしてWindows 10に搭載されているメニューである。

初期状態では、タスクバーの左側に表示されるスタートボタンを押すことで表示される。なお、Windows Vista以降は、ボタンは実際には「スタート」とは記述されずに、Windowsのロゴマークのみとなった。

Windows 8 以降[編集]

Windows 8[編集]

2012年に発売されたWindows 8では、「使用頻度の減少」を理由にスタート画面に置き換えられた。ちなみに、右下にある「デスクトップの表示」ボタンと同じ幅の余白が空いており、そこを押すとスタート画面が表示されるようになっていた。

翌年に発表されたWindows 8.1では、スタートボタンのみが復活した(スタート画面を呼び出すためのボタンとしてのみ機能する)。

Windows 10[編集]

2015年に発表されたWindows 10では、スタートメニューが復活した。Windows 95から7までのそれに、8系のスタート画面の要素であるライブタイルを統合した形となっている。

Windows 7までのようなスタートメニューのタイプと、Windows 8.xのようなスタート画面のタイプを設定から選べる。前者の場合は、右にピン留めしたタイル、左にアプリ一覧という構成になり、後者の場合は、ピン留めしたタイルのページと、アプリ一覧のページに分かれるような構成になる。

スタートメニューのタイプでは、ウィンドウの時と同じような感覚で、四辺あるいは四隅をドラッグ・アンド・ドロップするとサイズ変更が可能になった[注 1]

ピン留めしたタイルを集合させたグループを作ることができ、グループ名を付けることができる。

さらに細かく、ピン留めしたタイルを重ねると、グループ化された1つのタイルに終結させることのできる機能もある[注 2][注 3]。バージョン1809では、それにグループ名を付けられるようになった。

上記以外のWindows[編集]

Windows Server 2008および2008 R2では、Server Coreとしてインストールした場合にはタスクバー自体が表示されないため、スタートメニューも使用できない。

Windows CEにおいては、場合によってスタートメニューが搭載されていることもあるが、OSの性質上使用されない場合もある。

Windows 以外の事例[編集]

Windowsに似た操作体系を作るためなどの理由で、一部のウィンドウマネージャIceWMJWM)にも搭載されている事がある。

注釈[編集]

  1. ^ Ctrl+ or or or でも可。しかし、細かな調節はできない。
  2. ^ 展開前の場合は、タイルにアプリアイコンの一覧が表示され、それを選択すると集結させたピン留めしたタイルの一覧が展開される。
  3. ^ タイルの追加数に上限は無いが、展開前の1つのタイルに表示されるアプリアイコンの一覧の表示数に限界はある。表示数はタイルのサイズによって変わり、小サイズでは2×2の4個、中サイズでは3×3の9個、横長サイズでは6×3の18個、大サイズだと6×6の36個表示される。いずれも先頭からのものが表示される。

関連項目[編集]

電源[編集]