Windows Imaging Component

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Windows Imaging Component (WIC)
Microsoft Windows コンポーネント
詳細
標準提供 Windows Vista
Windows XP Service Pack 3
.NET Framework 3.0
およびそれ以降
関連コンポーネント
Windows Image Acquisition

Windows Imaging Component (WIC) はComponent Object Modelに基づいた画像コーデックのフレームワークであり、Windows VistaおよびWindows XP Service Pack 3以降で導入されたもので、デジタル画像および画像のメタデータを処理する。 これにより、WICを利用したアプリケーションはインストールされた画像形式のコーデックによるサポートが自動的に得られるようになる。

画像コーデックを使用してサードパーティーの画像形式にシステム全体で対応できる点において、GDI+、DirectShowACMVCMなどの技術に類似している。 付け加えて、Windows Presentation Foundation (WPF) のアプリケーションは自動的にインストールされた画像コーデックをサポートする。 ハイエンドのデジタルカメラで使用されるRAW画像形式のコーデックもこの形式でサポートされる。

WICによってアプリケーション開発者はあらゆる画像形式での画像処理を単一で共通のAPIで、特定の画像形式に対する前提知識を必要とせず処理可能になる。

またWIC用のコーデックを記述することによって、すべてのWICネイティブアプリケーション、.NET 3.x以降のマネージアプリケーション[1] [2]、およびWPFアプリケーションでその画像形式をサポートすることが可能になる。

WICにはWindows 7Windows 8およびWindows 8.1にて新機能が追加されている[3]

機能[編集]

Windows Imaging Componentはピクセルフォーマットやメタデータを実行時に自動的に検出するような拡張可能な画像コーデックのアーキテクチャを提供する。これは画像ファイルに含まれる任意のメタデータの読み書きをサポートしており、認識されていないメタデータの編集中にこれを保護することができる。実行中、32ビット毎チャネル以上の高色深度の画像データを保持し、改良されたハイダイナミックレンジイメージの生成パイプラインをWindows Vista上に構成する。


Windows Imaging ComponentはWindows カラー システムをサポートしている。これはWindows Vistaでのインターナショナル・カラー・コンソーシアムのV4-compliantなカラーマネージメントシステム技術である。

コーデック[編集]

デフォルトではWindows VistaはJPEG, TIFF, GIF, PNG, BMPHD Photoのエンコーダ、デコーダ、 ICO (icon image file format)のデコーダをサポートしている。また2009年現在、一部のカメラメーカー[4]とサードパーティ[5][6]はプロプリエイタリなRAW画像のWICコーデックやMacのようなRAW画像のサポートをWindows 7 と Vistaにすでに提供している[7] 。 2011年7月には、マイクロソフトによって大きな拡張が加えられ、現在の多くのデジタルカメラへのコーデックパックを規定した[8]

メタデータ[編集]

WICはメタデータとしてExchangeable Image File (Exif)、 PNG textual metadata、 image file directory (IFD)、 IPTC Information Interchange Model (IPTC)、 and Extensible Metadata Platform (XMP) といったフォーマットをサポートしている。また、WICはサードパーティによるメタデータ拡張フレームワークの実装を含む。

メタデータフォーマットのサポートはコーデックごとに行われる。例えばネイティブなJPEGコーデックは XMPをサポートしているが、GIFPNGではサポートされていない[9]

採用[編集]

MicrosoftでのWICの使用[編集]

In Windows Vista: Windows Explorer, Windows Photo Gallery and Windows Live Photo Gallery Viewer are based on Windows Imaging Component and can thus view/organize images in any format for which the WIC codecs are installed.

Starting with Windows 7, Windows Media Center (available on Windows 7 Home Premium and above) is WIC-enabled. The GDI+ graphic library, used by many native application and underneath .NET 2's System.Drawing, is also built on top of WIC, although GDI+ will not load 3rd-party or external codecs. The WIC stack itself underwent a major overhaul and is now free threaded, and so are all the built-in and external codecs shipping with the operating system. Being free threaded is also a requirement for new codecs targeting Windows 7.[10]

WIC is also available for Windows XP as a standalone download or as part of .NET Framework 3.0.[11] A PowerToy for Windows XP from Microsoft, known as Photo Info, which allows viewing and editing image metadata from Windows Explorer, also uses WIC.[12]

Microsoft Expression Design's import and export capabilities are entirely based on WIC[13] Expression Media Service Pack 1 and later also supports additional RAW camera formats and HD Photo using WIC.[14][15]

サードパーティのサポート[編集]

As of 2007, few third-party imaging applications (image editors, image organizers and image viewers) utilize WIC.

FastPictureViewer, a simple standalone third-party image viewer, supports standard image formats along with HD Photo and RAW camera formats (NRW, NEF, CR2, DNG) using WIC. An experimental WIC import plug-in for Adobe Photoshop can also be found on FastPictureViewer's website.[16]

From version 3.6.0.76 IMatch also supports WIC.

注釈[編集]

外部リンク[編集]

利用可能なWIC用コーデック: