Remote Desktop Protocol

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Remote Desktop Protocol (リモート デスクトップ プロトコル、RDP)はマイクロソフトが開発しているリモートデスクトップサービスRDS、旧称:ターミナルサービス)が稼動しているサーバクライアントが接続するリモートデスクトップの多重チャネルプロトコルである。リモートデスクトップ接続(RDC、旧称:ターミナルサービス接続)として TCP ポート 3389 および UDP ポート 3389 を使用して接続する。

特徴[編集]

RDP 5.2 で以下の機能をサポートしている。

  • 24ビットの色表現のサポート(8 · 15 · 16 ビットもサポート)
  • 128 ビットまでの RC4 暗号化のサポート
  • TLS のサポート(暗号化のみ)
  • ローカル上でリモート上のサウンド再生
  • ファイル システム リダイレクションのサポート
  • プリンタのサポート
  • シリアルポートパラレルポートの接続をサポート
  • クリップボードの共有

RDP 6.0 では、以下の強化がされた。

  • シームレス ウィンドウのサポート
  • 32 ビットカラーのサポート(Windows Server 2008 より24ビットが廃止になり、32ビットを代わりに使用する必要あり)
  • 1600×1200 以上の画面解像度のサポート
  • TLS 1.0 の暗号化に加えて認証もサポート
  • 複数モニタのサポート
  • 帯域幅の改善
  • ClearType や Aero Glass テーマのサポート
  • Windows Presentation Foundation アプリケーションのリモーティングのサポート
  • IIS 7.0 を通しての HTTPS 接続のサポート

RDP 7.1 では、以下の強化がされた。

  • RemoteFX

歴史[編集]

バージョンはいきなり4.0から始まっていて、Windows のバージョンに合わせている。

Version 4.0
ITU-T プロトコル (T.128) を基に、Windows NT 4.0 Terminal Server のターミナル サービスとして搭載された。
Version 5.x
Version 5.0
Windows 2000 Server のターミナル サービスとして搭載され、ローカル プリンタのサポートやネットワーク帯域幅の使用の改善を行った。
Version 5.1
Windows XP に搭載され、24 ビット カラーのサポートやサウンドの再生をサポートした。
Version 5.2
Windows Server 2003 に搭載され、コンソールモード接続やセッション ディレクトリとローカル リソース マッピングをサポートした。
Version 6.x
Version 6.0
Windows Vista, Windows XP SP2, Windows Server 2003 SP1/SP2, Windows Embededd CE 6.0 R2 に搭載され、多くの機能強化が含まれた。ネットワークレベル認証、マルチモニタなど。
Version 6.1
Windows Vista SP1, Windows Server 2008, Windows XP SP3 に搭載された。「TS RemoteApp」 · 「TS Gateway」 · 「TS EasyPrint」機能が追加された。
Version 7.x
Version 7.0
Windows 7, Windows Server 2008 R2 に搭載された。本バージョンよりサーバー側の名称がターミナルサービスからリモートデスクトップサービスに変更になった。デスクトップ コンポジション を Windows Vista Professional, Windows 7 Professional やそれ以上で有効にすれば Windows Aero を利用できる。しかし、Windows Aero の Aero Glass は Windows 8 で廃止されたため、Windows Vista, 7 でしか利用できない。また、Aero Glass はサーバー/クライアント同じバージョンでないと利用できない[1]。また、当初、Direct X のクライアントレンダリングを行う計画があったが、リリース直前に廃止になった[2]。クライアントレンダリングしているのは、言葉の定義として動画のデコードはクライアントレンダリングに含めないとすると、RDP 4.0 からやっている GDI のクライアントレンダリングのみであり、それ以外は静止画や動画で転送している。
Version 7.1
Windows 7 SP1, Windows Server 2008 R2 SP1 に標準搭載された。RemoteFX が追加された。RemoteFX により Hyper-V との組み合わせで GPU 仮想化、USBリダイレクションが利用可能になった。
Version 8.x
Version 8.0
Windows 8Windows Server 2012 から標準搭載。Windows 7 SP1, Windows Server 2008 R2 SP1 も Windows Update することで利用可能。TCP に加えて UDP (ポート3389)も併用するようになった。パフォーマンスの改善。マルチタッチ対応など RemoteFX の強化。[3]
Version 8.1
Windows 8.1Windows Server 2012 R2 から標準搭載。Windows 7 SP1, Windows Server 2008 R2 SP1 も Windows Update することで利用可能。

Windows Server のライセンス[編集]

リモートデスクトップを使用するには、基本的には以下の Windows Server のライセンスが必要である。括弧の意味は演算子の優先順位を表現する意味。

  • 仮想化なし:CAL + RDS CAL
  • 仮想化あり:CAL + RDS CAL + (VDA or SA)

なお、これらは、Windows Server のライセンスであり、RDP 以外のプロトコルを使用しても必要。そして、上記のルールを基本に、様々な例外条項があり、複雑なため詳細はマイクロソフトのホームページを参照。

仮想化なしとは、リモート・セッションで使う場合のこと。仮想化ありとは Hyper-V + RemoteFX などで使用する場合の事。

略語の意味は以下の通り。

  • CAL: Client Access License
  • RDS: Remote Desktop Service
  • VDA: Virtual Desktop Access
  • SA: Service Assurance

関連項目[編集]

参照[編集]

外部リンク[編集]