Windows カラー システム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Windows カラー システム (WCS) は様々なソフトウェアやハードウェアでの一貫した色の再現に対応するために Windows Vista から含まれたカラー マネージメント システムである。 Windows 95 から Windows XPWindows Server 2003 まで含まれていた Image Color Management (ICM) のスーパーセットとして、キヤノンが開発した Kyuanos (キュアノス)を基に[1]開発した。

WCS では ICM に存在していたさまざまな制限を解消するとともに[2]、16 ビットの sRGB 色空間[3]、32 ビットまでの scRGB 色空間[3]、 16 ビットまでの CMYK 色空間[3]ICC プロファイル v4 をサポートする。

Windows Vista のエクスプローラや Windows フォト ギャラリー、XPS ビューアー、Windows Imaging Component が WCS に対応しており、Microsoft Office も Office 2007 から WCS に対応[2]している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 八木玲子 (2006年8月11日). “【インタビュー】Vistaで色管理はどう変わる?”. 日経BP. 2011年3月4日閲覧。
  2. ^ a b 本田雅一 (2007年3月6日). “Windows Vistaの新色管理システム「WCS」とは”. Impress Watch. 2011年3月4日閲覧。
  3. ^ a b c 「Windows Color System」とは:ITpro”. 日経パソコン用語事典2008. 日経BP. 2011年3月4日閲覧。

外部リンク[編集]