ADO.NET

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ADO.NETマイクロソフトが提供する、.NET Frameworkで様々な形式のデータへアクセスする機能を提供するソフトウェアコンポーネントの集合である[1]

概要 [編集]

従来のADO.NET Framework環境で動作させるためのAPIとして提供された。ADOを機能強化したものではなく、.NET Frameworkクラスライブラリの一部を構成する、全く新規なアーキテクチャに基づいた製品である。

従来のADOと比較した主な特徴は下記の通り[1]

  • 非同期データセット - データベースから引き出したデータを、メモリ上に保存しておくことができる。高速な処理ができ、処理中にデータベースサーバと接続し続ける必要がない。
  • XMLの採用 - ソフトウェア間でSOAPを利用し、データ転送形式にXMLを使用することにより、他の環境との親和性が高くなる。
  • ADO.NET Data Provider - DBやXMLなど複数の異なるデータソースに属するデータを共通のデータ表現で扱うことができる。

構成[編集]

ADO.NETは.NET Frameworkのクラスライブラリの一部であり、以下の2つの構成に区分される。

.NET データプロバイダ
データベースへの接続、SQL文の発行、検索結果の取得といった基本機能の提供
DataSetコレクション(非接続型クラス)
データベースから読み取ったデータをメモリ上に保持する仕組みの提供

ADO.NET Data Provider[編集]

データプロバイダ 供給元 備考
.NET Framework Data Provider for OLE DB Microsoft(.NET同梱) 汎用。サポートの打ち切りが進む。[2]
.NET FrameworkData Provider for ODBC Microsoft(.NET同梱) 業界標準のインターフェイスで、WOSAのコンポーネント[3]
.NET FrameworkData Provider for Oracle Microsoft(.NET同梱) Oracle データ ソースに対応。[4]
Oracle Data Provider for .NET オラクル [1]
.NET Framework Data Provider for SQL Server MySQL [2]

脚注[編集]

  1. ^ a b ADO.NET のデザイン目標”. Microsoft. 2017年9月10日閲覧。
  2. ^ SQL Server 2012 以降の SQL Server Native Client OLE DB プロバイダーの廃止”. Microsoft. 2017年9月10日閲覧。
  3. ^ ODBC の概要”. Microsoft. 2017年9月10日閲覧。
  4. ^ .NET Framework データ プロバイダー”. Microsoft. 2017年9月10日閲覧。

参考リンク[編集]

ADO.NET”. Microsoft. 2017年9月10日閲覧。