ClickOnce

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ClickOnceWindows FormsWindows Presentation Foundation(WPF)のアプリケーションを配置するためのマイクロソフトの技術。.NET Framework 2.0以降から利用可能。JavaプラットフォームにおけるJava Web Startに相当する。

概要[編集]

ClickOnceの主な目標はクライアントアプリケーションの導入を容易にし、信頼性を向上させることである。ClickOnceでは、Webページのリンクをクリックするだけでアプリケーションの実行が行われる。 さらに、従来のアプリケーション配置モデルにあった

  • アプリケーションのアップデートの困難さ
  • コンピュータに与える影響の大きさ
  • インストール時に管理者の権限が必要であること

といった問題を解決することができる。 ClickOnceで配置されたアプリケーションはコンピュータ単位ではなくユーザ単位でインストールされる。従ってインストールするのに管理者の権限は必要にならない。ClickOnceアプリケーションはそれぞれ独立しており、互いに影響を及ぼすことはできない。

アプリケーション[編集]

ClickOnceは、従来の(スタートメニューにインストールされる類の)アプリケーションと、ブラウザによってホストされるオンラインアプリケーションの両方をサポートする。ClickOnceアプリケーションはWeb上、ネットワーク上、あるいはCDなどといったファイルシステム上に配置することができる。

以前のバージョンはInternet Explorerからのみ利用可能だったが、.NET Framework 3.5 SP1を導入すればFirefox上でも実行できる。

関連項目[編集]