Windows Calendar

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Windows カレンダー
Microsoft Windows コンポーネント
詳細
種別 予定表ソフトウェア (PIM)
標準提供 Windows Vista, Windows Server 2008
置換 Microsoft Calendar
後継 Windows Live Calendar

Windows Calendar(ウィンドウズカレンダー)とは、マイクロソフトWindows Vistaに搭載したアプリケーションである。予定などを記録することができる標準アプリケーションでMicrosoft Outlook等を特に用意しなくても簡単にスケジュールを記録できる。iCalendar 形式と互換性があり、予定表の公開や共有ができる。

歴史[編集]

マイクロソフトは、最初にWindows 1.0にカレンダーアプリケーションを組み込んだ。これはWindows 3.1までは同梱されていたが、Windows for WorkgroupsWindows NT 3.1ではSchedule+に置き換えられた。Schedule+は後でWindowsからMicrosoft Officeスイートに移動され[1]、Windows VistaのWindows Calendarまでは、Windowsには予定表アプリケーションが含まれていなかった。Windows Vistaのベータ2からWindows Calendarが同梱された[2]

機能[編集]

このバージョンは、WebDAV対応のウェブサーバおよびネットワーク共有でのカレンダーの共有、購読、公開をサポートする。常に.icsファイルをサポートしており、購読機能によりGoogleカレンダーとの同期が可能になった[3]。Windows Calendarのインターフェイスは同じくWindows Vista搭載の Windows Mailのものと同一だが、2つのアプリはお互いに別々のアプリケーションであり連携していなかった。既定のカレンダー名は変更することができる。

macOSにも同等の機能を持つiCalが同梱されている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Mefford, Michael (1996年3月12日). “An appointment Calendar for Windows 95”. PC Magazine (Ziff Davis) 15 (5): p. 269. ISSN 0888-8507. https://books.google.com/books?id=9rGvyMX6n8cC&pg=PA269 
  2. ^ Clyman, John (2006年6月8日). “Windows Vista Beta 2”. PC Magazine (Ziff Davis). https://www.pcmag.com/slideshow_viewer/0,3253,l=180435&a=178867&po=12,00.asp 
  3. ^ Heddings, Lowell (2007年1月2日). “Display your Google Calendar in Windows Calendar”. How-To Geek. 2021年4月2日閲覧。

外部リンク[編集]