全国都道府県対抗男子駅伝競走大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
天皇盃 全国都道府県対抗男子駅伝競走大会
開始年 1996
主催 日本陸上競技連盟
参加チーム数 47
加盟国 日本の旗 日本
前回優勝 長野県(6回目)
最多優勝 長野県(6回)
サイト ひろしま男子駅伝
テンプレートを表示

天皇盃 全国都道府県対抗男子駅伝競走大会(てんのうはい ぜんこくとどうふけんたいこうだんしえきでんきょうそうたいかい)は、毎年1月の第3日曜日(正月3が日に日曜日が重なった場合は1月の第4日曜日)に広島県の広島市~廿日市市で開催される男子の駅伝大会。「天皇盃 全国男子駅伝」「ひろしま男子駅伝」とも呼ばれている。

概要[編集]

京都新聞社主催で行われている全国都道府県対抗女子駅伝競走大会が日本女子陸上界のレベル向上に一定の成果を挙げていたことから、日本陸連は男子でも同様の大会をできないだろうかと画策。この動きに、「中国駅伝」を開催していた中国新聞社が応じ、1996年にスタート。これに、NHKも加わり[1]、地元広島放送局を制作局として、放送業務を担うこととした。

広島市中区平和記念公園前をスタート&フィニッシュとする。ここは平和大通り宮島街道・宮島口・駅前・城南・中広と通る道は6つと女子の2分の1。廿日市市(旧・大野町)のJR前空駅東で折り返し、来た道を戻って行く48kmを7人で繋いで行く。

開催日程は女子大会と2週連続になるよう設定されている。因みにこの大会の翌週には大阪国際女子マラソン、その又、翌週には別府大分毎日マラソンと、4週連続で大きなロードレース大会が続く。

スターターは広島県知事が行っている。

本大会は優勝チームに対して天皇盃が賜與される。

大会運営について[編集]

名称
天皇盃 全国都道府県対抗男子駅伝競走大会
趣旨
47都道府県の参加を得て、日本男子陸上競技の中・長距離選手の強化育成と競技の普及を目的とする
主催
公益財団法人日本陸上競技連盟
共催
中国新聞社
NHK
主管
一般財団法人広島陸上競技協会
後援
文部科学省、広島県、広島市、廿日市市、公益財団法人広島県体育協会、公益財団法人広島市スポーツ協会、広島県教育委員会広島市教育委員会、廿日市市教育委員会、中国放送(RCC)
協賛
日本化成
特別協力
ミズノ
協力
シチズン時計マツダ中国電力コカ・コーラウエスト

備考[編集]

  • 民放のRCCが後援に入っているのは、前身の「中国駅伝」の名残であり、自社中継はラジオのみ。
  • RCCのラジオ中継は2009年までは「ロームスポーツスペシャル」として放送してきたが、ローム大会筆頭スポンサーから撤退した2010年からは冠スポンサーなし(2010年はアダプトゲン製薬が1回限りながら提供、2011年からはジャパネットたかたが、2012年からは大会公式車両提供社のマツダが、また同年に「1本満足バー」が提供に参加)。
  • テレビはNHKが、ラジオはRCCが、全国放送を担当。

出場資格[編集]

原則として、選手は「日本陸上競技連盟の登記登録者」かつ「日本国籍を有する男子競技者であること」となっている。但し、外国人選手であっても日本で生まれ、引き続き生活拠点を日本国内としている場合は出場できる。

出場チームは原則として、現在登録している陸上競技協会(陸協)の都道府県チームからとなる(概ね下記)。

  • 中学生高校生 : 所属する学校の所在地
  • 大学生 : 「出身高等学校の所在地」「大学所在地」「居住地」の何れか(陸協登録時に選択可)
  • 社会人 : 実業団やクラブ等に加入している場合はその本拠地。個人登録の場合は「本籍地」「居住地」「勤務地」の何れか(陸協登録時に選択可)

但し、この大会の特徴として以下に述べる「ふるさと選手としての出場制度」が挙げられる。これにより、選手は生まれ育った都道府県からも概ね出場可能となり、郷土色の濃いレースを演出している。

ふるさと選手制度[編集]

社会人・学生競技者は「ふるさと選手制度」において、出身高等学校または出身中学校の所在都道府県から、当該年の登録にかかわらず特別に出場することができる。

  1. 適用期間 制限なし
  2. 適用回数 制限なし 
  3. 適用区間 1区間以内

第13回大会(2008年)から適用回数制限(4回)が撤廃された。また出身中学校と出身高等学校の所在都道府県が異なる場合、出身高校所在地からの出場に限定されていたが、第15回大会(2010年)以降は出身中学校所在地からの出場も選択可能となった。これらは結果的に有力選手が特定都道府県だけに集まり、国家全体でのレベル向上には必ずしもつながらないという反省から生まれたものである。この点については箱根駅伝が抱える問題の項も参照。

チーム編成[編集]

チームは監督1名、コーチ2名、選手10名の合計13名。選手にはジュニアA選手が3名以上、ジュニアB選手が2名以上が含まれていなければならない。

  • ジュニアA選手:その年の高校1年生から3年生に該当する年齢の選手
  • ジュニアB選手:その年の中学2年生または3年生に該当する年齢の選手(即ち、中学1年生は出場不可)

コースとその特徴[編集]

広島市平和記念公園前を出発、平和大通り、宮島街道を西進し、JR前空駅東を折り返し、平和大通り、城南通りを経由、広島市平和記念公園前を決勝とする7区間、48.0km。

高校生が全48kmの内、20.5kmを担当するので若手の層の厚さが重要視される。

1区・7.0km・ジュニアA(高校生)
  • 広島平和記念公園前→(西広島バイパス高架下)→広島電鉄井口駅
    • 第1回(1996年)から第4回大会(1999年)までは広島スタジアムがスタート地点だったが、第5回大会(2000年)から現在の平和記念公園発着のコースに変更した。
    • スタート地点が平和記念公園になったのは第5回大会(2000年)から。
    • コースは平和大通り宮島街道の2つの通りを通る。割り合いは大通りが40%、宮島街道が60%である。
    • 平和大通りを西に向かって約2.3km進み、広電西広島駅前を左折して宮島街道に入る。そこから南下しさらに庚午三叉路交差点を道なりに右折。
    • 約5km地点の宅配ピザ・ショップあたりから駆け引き、草津沼田道路高架下あたりからスパート。
2区・3.0km・ジュニアB(中学生)
  • 広島電鉄井口駅→海老園交差点
    • 3kmと短いながらも一般の第3区へ重要視される区間
    • コースは八幡川橋の3mのアップダウンを除いておおむねフラットといえる
3区・8.5km・一般
  • 海老園交差点→(宮島街道)→(宮島口通り)→宮島口ロータリー
    • 例年、順位変動が激しい区間
    • 4.5kmあたりから約12mの高低差がある。
    • 中継所手前で宮島街道から宮島口通りへと入る。厳島神社への入口のフェリー乗り場に近づき、別名「杓文字コーナー」とも言われるヘアピンコーナーを回ってたすきを渡す。
4区・5.0km・ジュニアA(高校生)
  • 宮島口ロータリー→(宮島口通り)→(宮島街道)→JR前空駅東(折り返し)→JR阿品駅
    • 宮島口通りから宮島街道へ戻る区間。1.7km地点の廿日市市大野のJR前空駅東が折り返し。
    • 宮島口から前空方面に向かい再び、宮島口に戻ってくる
5区・8.5km・ジュニアA(高校生)
  • JR阿品駅南→広島工業大学高校
    • 高校生最長の8.5km。
    • 「5区で首位になったチームが優勝する」と言われる。実際、コース変更後の第5回大会(2000年)以降の優勝チームは第10回大会(2005年)の長野・第15回大会(2010年)の兵庫・第16回大会(2011年)の栃木・第17回大会の兵庫(2012年)以外全て5区から6区へのたすきリレーをトップで通過している(第10回大会(2005年)は宮城がトップで通過したが、7区で逆転されて3位)。特に第5回(2000年)の鹿児島・第8回(2003年)の福岡・第9回(2004年)と第11回(2006年)と第14回(2009年)の長野は5区で逆転して1位になり、そのまま優勝している。
    • 全体の中間点(24km)はこの5区の出だし・500m地点となる。
6区・3.0km・ジュニアB(中学生)
  • 広島工業大学高校前→草津橋
    • 一般の最終7区につなぐ中学生区間。
7区・13.0km・一般
  • 草津橋→(平和大通り、駅前通り、城南通り、中広通り経由)→広島平和記念公園 
    • 全区間で最長の13kmの一般区間。草津橋から宮島街道を北上。平和大通りに帰って来た後にフィニッシュの平和記念公園を一度通過して広島市内をぐるりと1周してフィニッシュするコース。
    • 橋を合計10回渡るため、細かいアップダウンの連続でペースを乱す選手も多い。
    • 広島市内周回コースは平和大通り、駅前、城南、中広の4つの通りで構成される。
    • 第1回大会(1996年)の広島、第2回大会(1997年)の京都、第4回大会(1999年)の兵庫、第10回大会(2005年)の長野、第15回大会(2010年)の兵庫、第16回大会(2011年)の栃木、第17回大会(2012年)の兵庫、第19回大会(2014年)の長野と、この区間での逆転で優勝が多いことから駅伝ファン等からは俗に「逆転の7区」とも言われる。

各大会の記録・エピソード[編集]

テレビ・ラジオの中継[編集]

テレビ中継[編集]

NHK総合テレビNHKワールド・プレミアムにて生放送する。ハイビジョン制作(アナログ総合テレビとNHKワールド・プレミアムは、2006年と2011年以降は16:9のレターボックス形式で、2007年から2010年までは14:9の画像サイズでそれぞれ放送)。かつては衛星ハイビジョン(BShi)でも放送されていた。

解説は第1回から連続して宗茂九州保健福祉大学客員教授・旭化成陸上部顧問)が担当している。  なお、広島県内向けには事前告知番組として、関連イベントとして行われている「駅伝ふるさとひろば」の様子を伝える『がんばれ!ふるさとランナー〜駅伝ふるさとひろばから〜』がレース前日の土曜日昼に放送される。2010年までは当日(日曜日)の18時台に大会のダイジェスト番組(『NHK海外ネットワーク』との差し替えで、同番組は中国地方では放送休止)も中国地方向けに放送していたが、同時刻の番組が『MUSIC JAPAN』に替わった2011年からは広島県のみの放送に縮小された(『MUSIC JAPAN』はその週の土曜日に6日遅れで振り替え放送)。いずれも駅伝中継を含めてNHK広島放送局制作(ただしメイン実況担当アナウンサーは大阪局から派遣されるケースがある)。

ラジオ中継[編集]

中国放送(RCC)をキーステーションにJRN系列全国38局ネット(関西エリアは毎日放送にネット)。大会協力社のマツダなどの複数協賛制。また、NRN系列の茨城放送栃木放送KBS京都の他、独立局の岐阜放送ラジオ関西にもネットする。

  • 2014年のメインは、実況を一柳信行(中国放送アナウンサー)が担当、解説を原晋青山学院大学陸上競技部監督)が担当。
    • また、これまでメイン実況を担当した長谷川努(中国放送アナウンサー)は2013年では第1・第5中継所の実況を担当。
  • 各中継所では、例年TBSラジオ・毎日放送・中部日本放送のアナウンサーもリポーターを担当しているが、2008年以降は全てRCCのアナウンサーが担当している。
  • 関東圏のTBSラジオでは中継中数回、CM後に交通情報が入ることがあり、地元ランナーによるコメントが放送されないことがある。また、この番組がある場合は『爆笑問題の日曜サンデー』(2009年以後)は中継終了後15:15から開始する。
  • NHKラジオ第1放送では放送しないため、当日はテレビと同時放送される『NHKのど自慢』は休止となり、『日曜バラエティー』を12:15から放送する。

大会テーマ曲[編集]

第3回大会(1998年)前に最初のテーマ曲「きっと翔べる」が製作される[2]。第15回大会(2010年)からポルノグラフィティの「Rainbow」を使用[3]

脚注[編集]

  1. ^ NHKは前身の中国駅伝を、西日本地域向けにラジオ中継していた。
  2. ^ 駅伝企画「支える」(中国新聞)
  3. ^ 男子駅伝のテーマ曲完成(中国新聞、2009年12月4日)


関連書籍[編集]

  • 『競う健脚つなぐ郷土愛 ひろしま男子駅伝10周年記念誌』(全国都道府県対抗男子駅伝競走大会ひろしま男子駅伝10周年記念誌編集委員会(編)、中国新聞社、2006/2、ISBN 978-4885173394

関連項目[編集]

交通[編集]

JR広島駅から[編集]

  1. 広島駅電停から広島電鉄の路面電車2号線宮島口ゆき・6号線江波(えば)ゆきに乗り、原爆ドーム前電停下車。南へ徒歩7分。また、広島電鉄の路面電車1号線広島港ゆきに乗り、袋町電停中電前電停下車。西へ徒歩6分。
  2. 平和大通りを経由するバスは駅伝開催時間中は迂回運行するので注意。

JR横川駅から

  1. 横川駅電停から広島電鉄路面電車7号線広電本社前ゆきに乗り、袋町電停中電前電停下車。西へ徒歩6分。

広島港から

  1. 広島港電停から広島電鉄路面電車1号線広島駅ゆき・3号線西広島ゆきに乗り、中電前電停袋町電停下車。

高速バス・郊外バス

  1. 広島バスセンターより徒歩10分。

自家用車で行く場合

  1. 国道2号で、福山東広島方面からは広島駅を、岩国廿日市方面からは西広島駅を目指して進み、そこを基点に平和大通り方面へ。ただし、平和大通りは駅伝中は周辺道路で交通規制あり。
  2. 山陽自動車道からは、広島ICより国道54号を南へ広島城あるいは基町クレドへ向け進む。

外部リンク[編集]