防府読売マラソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

防府読売マラソン(ほうふよみうりマラソン)は、毎年12月山口県防府市で開催されている日本陸上競技連盟(日本陸連)公認のマラソン大会。

概要[編集]

1970年(昭和45年)12月27日に66人のランナーを迎えて第1回大会が行われ、2012年で第43回を数える。当時の防府市長であった秋本武の「防府には、往年の名ランナーの濱村秀雄(1955年ボストンマラソン優勝、メルボルンオリンピック日本代表協和発酵所属)、貞永信義ローマオリンピック日本代表、元カネボウ陸上競技部監督)両氏もおり、市あげての一大行事としての本格的なマラソン大会を」との思いから第1回大会が実現したという[1]

基本的に12月の第3日曜日に開催されており、日程的に、毎年その年の最後に行われる日本陸連公認マラソン大会となっている。若手有望選手が多く参加していることから、よく「若手の登竜門」と呼ばれている。

防府市に本拠地を置いていたカネボウ陸上競技部の強化という目的もあったが、2006年に同部が山口県から離れ、以後は中国、韓国、エチオピアなど国際色豊かな参加選手から分かるとおり、国際交流が大会開催の意義となってきている。

主催など[編集]

歴史[編集]

第1回からしばらくは防府市内にある右田中学校前をスタートゴールとし徳地町下畑(現山口市徳地山畑下畑)で折り返す佐波川沿いの田園風景が広がる平坦基調のコースだったが、1990年の第21回大会から防府市陸上競技場をスタートゴールする市街地循環コースに変更[1]1999年の30回大会に初めて優勝者のタイムが2時間10分を切り、大会のレベルが上がってきている。

1990年代前半には防府市の姉妹都市である春川市がある韓国から招待選手が多かったが、2000年代前半から現在ではエチオピアから招待選手がやってきている(2006年の37回大会にはさらにトヨタ紡織(旧アラコ)所属の外国人ランナーがペースメーカーとして参加)。

近年の大会では、完走するために3時間以内での走破が求められていたが、一時は1000人を超えた参加者が400人程度まで減少したこともあり、2008年大会から制限時間が4時間以内と大幅に緩和され、2009年の第40回大会では過去最高の1601人が参加した[1]。だがこの大会での完走が全国のサブスリー級のランナーにとってのモチベーションとなっていたこともあり、緩和についてはランナーの間で賛否を呼んでいる。

コース[編集]

日本陸連公認防府マラソンコース[2]

防府市陸上競技場→中関港臨港道路→山口県道58号防府環状線山口県道185号防府停車場向島線山口県道183号中ノ関港新田線山口県道190号中ノ関港線→中関港臨港道路→山口県道58号防府環状線→山口県道184号三田尻港徳地線山口県道186号防府停車場大藪線山口県道187号高井大道停車場線→山口県道190号中ノ関港線→田島交差点(折り返し)→山口県道190号中ノ関港線→山口県道187号高井大道停車場線→山口県道186号防府停車場大藪線→山口県道184号三田尻港徳地線→山口県道58号防府環状線→防府市陸上競技場
  • 2011年にコースが一部変更になっている。スタートから中関港を時計回りに一周し、防府市南部の田島地区を一周してから防府市街地南部を反時計回りに大きく一周し、航空自衛隊防府南基地沿いの田島交差点付近で折り返して今度は防府市街地を時計回りに一周して防府市陸上競技場まで戻る。
  • 2010年まではスタートから9kmほど田島地区を一周し、その後は防府市街地南部を反時計回りに中関ゴルフ場前まで走行し折り返して防府市陸上競技場に至るコース(ただし防府駅周辺のみ往路は防府駅てんじんぐち前を、復路は防府駅みなとぐち前を通過)を走っていた。
  • 最大高低差が約10mであり、比較的平坦なコースである。

歴代優勝者[編集]

国籍・所属は当時のもの。また、第9回までは、当時の国際陸上競技連盟の規則により、マラソンにおいても10分の1秒単位で計時が行われていた。
回数 年度 氏名 国籍・所属 記録
1 1970 上原敏彦 日本の旗 日本東洋ベアリング 2時間15分49秒8
2 1971 中村正美 日本の旗 日本電電中国 2時間17分52秒8
3 1972 佐々木精一郎 日本の旗 日本神戸製鋼 2時間20分47秒6
4 1973 佐藤直行 日本の旗 日本・東洋ベアリング 2時間19分10秒4
5 1974 酒見勝喜 日本の旗 日本鐘紡 2時間16分04秒0
6 1975 益田豊一 日本の旗 日本・鐘紡 2時間19分13秒6
7 1976 佐藤進 日本の旗 日本旭化成 2時間17分22秒8
8 1977 斉藤一夫 日本の旗 日本福島陸協 2時間16分32秒1
9 1978 武冨豊 日本の旗 日本・神戸製鋼 2時間15分06秒4
10 1979 佐藤進 日本の旗 日本・旭化成 2時間15分43秒
11 1980 三村光明 日本の旗 日本九州産交 2時間17分32秒
12 1981 立川勝浩 日本の旗 日本・旭化成 2時間19分35秒
13 1982 菅谷久二 日本の旗 日本・電電東京 2時間14分29秒
14 1983 入江田吉文 日本の旗 日本・菱田小学校職員 2時間15分40秒
15 1984 長島浩 日本の旗 日本ダイエー 2時間14分53秒
16 1985 中井良晴 日本の旗 日本NTT中国 2時間13分24秒
17 1986 田村尚史 日本の旗 日本協和発酵防府 2時間15分18秒
18 1987 山根信二 日本の旗 日本府中市B&G海洋センター 2時間16分43秒
19 1988 藤重秀之 日本の旗 日本・NTT中国 2時間16分20秒
20 1989 安里俊光 日本の旗 日本・旭化成 2時間16分41秒
21 1990 李昌雨 韓国の旗 韓国 2時間12分10秒
22 1991 李昌雨 韓国の旗 韓国 2時間12分51秒
23 1992 橋口良登 日本の旗 日本・旭化成 2時間14分43秒
24 1993 橋口良登 日本の旗 日本・旭化成 2時間14分03秒
25 1994 阿部健 日本の旗 日本佐川急便 2時間14分25秒
26 1995 金基福 韓国の旗 韓国 2時間16分07秒
27 1996 堀尾典臣 日本の旗 日本積水化学 2時間12分21秒
28 1997 石本孝幸 日本の旗 日本・旭化成 2時間11分23秒
29 1998 徳永大輔 日本の旗 日本・鐘紡 2時間11分38秒
30 1999 渡辺共則 日本の旗 日本・旭化成 2時間09分40秒
31 2000 ウラジミール・グリンカ ポーランドの旗 ポーランド 2時間11分40秒
32 2001 ハイル・ヌグセ エチオピアの旗 エチオピア 2時間10分32秒
33 2002 ハイル・ヌグセ エチオピアの旗 エチオピア 2時間08分16秒
34 2003 佐藤浩紀 日本の旗 日本・カネボウ 2時間15分04秒
35 2004 Halefom Abebe エチオピアの旗 エチオピア 2時間13分20秒
36 2005 吉橋慧 日本の旗 日本九電工 2時間17分12秒
37 2006 里内正幸 日本の旗 日本スズキ 2時間15分04秒
38 2007 中森一也 日本の旗 日本大塚製薬 2時間15分40秒
39 2008 伊藤健太郎 日本の旗 日本協和発酵バイオ 2時間16分01秒
40 2009 渋谷明憲 日本の旗 日本柳河精機 2時間13分58秒
41 2010 セルオド・バトオチル英語版 モンゴルの旗 モンゴル 2時間14分49秒
42 2011 セルオド・バトオチル モンゴルの旗 モンゴル 2時間11分56秒
43 2012 川内優輝 日本の旗 日本埼玉県庁 2時間10分46秒
44 2013 セルオド・バトオチル モンゴルの旗 モンゴル 2時間09分00秒

実況中継[編集]

テレビ中継は主催の山口放送をキー局に、地上波は近畿以西のNNN系列各ネット局で放送される。衛星波はBS日テレ2004年から2008年まで、2009年・2010年は日テレG+でそれぞれスポンサードネットで同時放送。2011年は放送されなかったが、2012年は再度BS日テレ(2012年は翌日早朝、2013年は12月27日深夜3時30分)で録画放送・短縮版で放送された。 過去には系列キー局の日本テレビでも放送された(現在は制作・技術協力のみ)。

テレビの解説者2005年から中国電力陸上競技部監督の坂口泰(前年まではカネボウ陸上競技部監督の伊藤国光)。

KRYで地上デジタル放送を開始した2006年の第37回大会からはハイビジョン中継を行っている(テロップはNNN標準のHV ハイビジョン番組ではなくKRYで使用しているTBS標準のHV ハイビジョン制作となっている)。しかし2006年から暫くは機材の関係で全てハイビジョン画質というわけではなく上空映像や一部走行カメラは16:9標準画質に変わることもある。標準画質とハイビジョン画質の違いは普通に見てもわかるほど違う(KRYの16:9標準画質のアップコンバートはボヤケが酷い)。2011年のデジタル放送完全移行後の大会中継はすべてハイビジョン画質での中継となっている。

ラジオ中継も同じく、KRYが1972年の3回大会から中継している。

テレビでは大会の冠スポンサー名をタイトルに入れ、○○ SPORTS SPECIAL 'xx防府読売マラソンのタイトルで放送してきたが、冠スポンサーが無くなった2007年の第38回大会以降は、KRY SPORTS SPECIAL 'xx 防府読売マラソンとして放送され、また2012年ごろからはKRY SPORTS SPECIAL 第xx回 防府読売マラソンと回数表示に変更された。

近畿地区・福岡県での放送[編集]

読売テレビ(ytv)では2003年以降同時ネットを取り止め、翌日未明帯に録画放送されるようになった。ytvは近年、この枠に『ウラネタ芸能ワイド 週刊えみぃSHOW』→『愛の修羅バラ!』→『上沼・高田のクギズケ!』・『たかじんのそこまで言って委員会』など、高視聴率の関西ローカル番組を立て続けに組んでいたためだとみられる。[3]2011年からは福岡放送(FBS)もこれに同調し、録画放送に切り替えている。各年の放送時間は以下の通り。

ytv
  • 2004年:12月20日 0:55 - 3:20
  • 2005年:12月19日 0:50 - 3:15
  • 2006年:12月18日 1:50 - 4:15
  • 2007年:12月17日 1:59 - 4:24
  • 2008年:12月22日 2:00 - 4:25(サッカー中継延長のため、5分繰り下げ)
  • 2009年:12月21日 1:20 - 3:45
  • 2010年:12月20日 2:20 - 4:45
ytv・FBS
  • 2011年:12月19日 1:50 - 4:15
  • 2012年:12月18日 2:49 - 5:14(FBS)、2:53 - 5:18(ytv)[4]
  • 2013年:12月16日 1:29 - 3:54

防府読売マラソンネット局[編集]

2012年のものを記す。
放送日・放送時間 放送対象地域 放送局 系列 放送形態
当日 11:45 - 14:25 山口県 KRY山口放送(制作局) 日本テレビ系列 生放送
広島県 HTV広島テレビ
長崎県 NIB長崎国際テレビ
愛媛県 RNB南海放送
当日 12:00 - 14:25 鳥取県島根県 NKT日本海テレビ
香川県岡山県 RNC西日本放送
徳島県 JRT四国放送
高知県 RKC高知放送
熊本県 KKT熊本県民テレビ
鹿児島県 KYT鹿児島読売テレビ
大分県 TOSテレビ大分 日テレ/フジ系列
(クロスネット)
宮崎県 UMKテレビ宮崎 フジ/日テレ/テレ朝系列
(トリプルネット)
翌々日2:53 - 5:18 近畿広域圏 ytv読売テレビ[5] 日本テレビ系列 録画放送
翌々日2:49 - 5:14 福岡県 FBS福岡放送[6]
翌日4:00 - 5:00 衛星放送
全国放送
BS日テレ
備考
  • 制作局のKRYでは、11:50 - (2006年から11:45 - )12:00に大会直前の現地の模様を生中継するミニ番組を放送している。通常この枠では下関市の広報番組を放送するが、その日は休止となる。
    • 2006年以降、HTV・NIBはフルネットで、FBS・RNBは11:50から飛び乗りでこのミニ番組を放送。ただしFBSは2011年は翌日未明帯での録画放送に切り替えたため、ミニ番組は放送しなかった。また、2012年はRNBもフルネットとなる。
  • (地域)表記のエリアについては各社の項を参照。

冠スポンサーの変遷[編集]

  • 丸久 - テレビ中継開始 - 1999
  • カネボウ - 2000 - 2003
  • マツダ - 2004 - 2006(冠スポンサー前から大会オフィシャルカーの協賛を行っている。ゼッケンスポンサーは2007年以降も継続)

脚注[編集]

  1. ^ a b c 広報ほうふ2010年12月1日号 (PDF)”. 防府市総務部市民活動推進課広報室. p. 20 (2010年12月1日). 2010年12月7日閲覧。
  2. ^ 第42回防府読売マラソンコース図 (PDF) - 防府市公式サイト
  3. ^ 『たかじんのそこまで言って委員会』は通常はKRYなどでも放送されているが、KRYでは2006年の該当週は後日に放送し、2007年は休止した。
  4. ^ 大会当日に実施される衆議院選挙に伴う開票特番放送の為、翌日未明の放送を断念。翌々日未明・早朝帯での放送となる。
  5. ^ 前述の通り、現在では通常、翌日未明帯に放送される。
  6. ^ 2011年放送回は翌日1:50 - 4:15に時差ネット。

関連項目[編集]

外部サイト[編集]