NAHAマラソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
NAHAマラソン
NAHA Marathon01n.jpg
ゴール(奥武山公園
開催時期 12月
開催地 日本の旗 日本沖縄県
コース ロードコース
距離 マラソン
主要スポンサー NTT西日本沖縄支店
琉球銀行
創立 1985年
公式サイト www.naha-marathon.jp

NAHAマラソン(なはマラソン)とは、毎年12月の第1日曜日沖縄県那覇市豊見城市糸満市南風原町八重瀬町沖縄本島南西部5市町をコース(42.195km)に開催される国内トップクラスの規模の市民マラソン大会である。テーマは「太陽と海とジョガーの祭典」

概要[編集]

那覇市と姉妹都市を結んでいるホノルルアメリカ合衆国ハワイ州州都)を中心にオアフ島で毎年12月の第2日曜日に開催されているホノルルマラソンにちなんで、1985年に那覇市とホノルル市の姉妹都市締結25周年を記念して第1回大会が開催された。

開催日は第1回はホノルルマラソンと同じ12月8日だったが、翌年1986年の第2回から12月の第1日曜日となった(但し1990年の第6回のみ12月9日[1])。福岡国際マラソンと同日の開催になることもあってか、日本陸連の主催、後援大会ではない。なおこれまで大会が中止または延期されたことは1度もない。

スタート時刻は9:00(第1回から)、時間無制限ではなく中間地点の平和祈念公園(糸満市摩文仁)、阿波根交差点(同市潮平[2]、ゴールの奥武山陸上競技場正門の3ヶ所に関門(時間制限地点)を設けており、所定の制限時刻までに通過しなければその場で失格となる(中間点は12:15、阿波根交差点は14:00、奥武山陸上競技場正門は15:15[3])。

参加資格は16歳以上。参加者数は第1回は4,503人だったが、第5回大会で1万人、第10回大会で2万人を超え、現在では参加者定員数は25,000人に増えた[4]。内訳をみても沖縄県内からの参加は全体の7割前後を占めるものの、沖縄県外や海外からの参加も年々増加している。逆に完走率(制限時間を切れた人の割合)は最初の3回は90%台だったが、現在では70%前後で推移していているが、1999年大会は気温が高く完走率が大会史上最悪の52.3%だった。

第28回大会(2012年)より日本陸連の公認大会に認定された[5]

大会スターター[編集]

スタート時は第16回までは那覇市長のピストルによる合図だったが、第17回より那覇市長とスターターによる万国津梁之鐘)による合図で行われており、そのスターターは主に沖縄県出身の有名人が務めている。

運営[編集]

  • 主催:那覇市、沖縄陸上競技協会、南部広域市町村圏事務組合、沖縄タイムス社琉球放送、那覇市観光協会、那覇市教育委員会
  • 主管:NAHAマラソン協会実施本部
  • 後援:内閣府ホノルル市沖縄県、(一財)沖縄観光コンベンションビューロー 、沖縄県市町村教育委員会連合会、沖縄県市町村教育長協会、那覇商工会議所、那覇市体育協会、那覇市陸上競技協会、琉球朝日放送、ランニングマガジン「クリール」

オフィシャルスポンサー[編集]

現在
NTT西日本沖縄支店(1998年までNTT沖縄支店)、琉球銀行
過去
オリオンビール全労済日本航空りゅうせきネットワーク会議、ニューバランス全日本空輸(ANA)ほか

コース[編集]

スタートは第3回までが那覇商業高校(那覇市松山)前だったが、第4回以降は現在の奥武山運動公園(先頭は明治橋~旭橋交差点前)となった。ゴールは第1回から奥武山陸上競技場となっている。

コースは日本陸上競技連盟公認の平和祈念公園を中間点とする平和祈念公園コース(42.195km)で、第15回前後から現在のコースとなった[7]

第23回大会より、奥武山野球場改築工事によりスタート・ゴールの奥武山公園や中間地点の平和祈念公園を中心にコースが一部変更される。また30km過ぎの関門地点だった兼城交差点が付近のマンション建設により、約1.6km先の阿波根交差点に変更される(このため制限時間がこの関門地点のみ15分繰り下げる)。

テレビ・ラジオ中継[編集]

主催者である琉球放送(RBC)が第1回からテレビ・ラジオ独占中継している。テレビはスタート前の8:00過ぎから11:30まで(その後JNNニュースが放送されるため)放送しているが、トップランナーのゴールの瞬間が見られないこともあり、以前はJNNニュースを全国ネット枠も含めマラソン中継に差し替えることもあった。その後、奥武山の最終ランナーのゴール時刻となる15:00前から約1時間放送される。なお通常8:00から放送している「サンデーモーニング」はマラソン開催日に限り、「アッコにおまかせ!」に引き続いて12:54~14:48に時差放送される(ネットスポンサーもそのまま移動される)。さらに、年末には1時間~1時間半の総集編が放送される。ラジオは同じくスタート前の8:30過ぎから最終ゴールの15:00過ぎまで放送される。

普通のマラソン中継のようにトップランナーを映すだけではなく、主要ポイントを随時リポーターが中継したり、ラジオでは最後尾の地点もリポートする(最後尾を追いかける中継車(ラジオカー)がある)。またトップランナーがゴールした後は、各関門の制限時刻前後にその地点を中継したり、ランナーへのインタビューを行う。

国内最大級の市民マラソン大会でありながらテレビやラジオによる中継は沖縄県内でしか放送されないが、過去に昼のJNNニュースの全国枠でNAHAマラソンの模様が取り上げたられたことがある。またマラソンの模様がインターネット中継されたこともある(地上波がCM中や中継時間外でもそのままランナーの模様が見ることができた)。また、キー局のTBSや福岡のRKB毎日放送などJNNJRN系列局からも何人か応援スタッフとして中継に参加している。

なお、現在はレース中の時間・距離表示を行っているが、最初はそれさえ行っていなかった。

日程が福岡国際マラソンと重なる事もあり、認知度の低いNAHAマラソンが全国メディアで取り上げられることは少ない。琉球放送の属するTBS系列も、中継は行わず通常の番組を放送する。

主催者でもある沖縄タイムスから、完走した全選手の順位表が別刷りで発行される。

過去に参加経験のある有名人[編集]

歴代優勝者[編集]

出場者の居住地を表示をする際、沖縄県内の場合は「沖縄県」ではなく居住市町村名で表記する(新聞やテレビ中継が沖縄県内ローカルであるため)。

男子[編集]

大会回数(開催日) 優勝選手名 都道府県 優勝タイム
1(1985年12月8日 加藤竹男 愛知 2時間31分51秒
2(1986年12月7日 室井道人 神奈川 2時間31分37秒
3(1987年12月6日 佐藤健二 宮城 2時間31分54秒
4(1988年12月4日 佐藤健二 宮城 2時間33分32秒
5(1989年12月3日 天久久志 沖縄 2時間27分27秒
6(1990年12月9日 竹内謙一郎 神奈川 2時間29分17秒
7(1991年12月1日 今井宏 神奈川 2時間25分21秒
8(1992年12月6日) 下田登 沖縄 2時間27分35秒
9(1993年12月5日 下田登 沖縄 2時間26分07秒
10(1994年12月4日) 仲川栄二 東京 2時間23分09秒
11(1995年12月3日) 山本泰明 茨城 2時間23分51秒
12(1996年12月1日) 根岸啓治 東京 2時間24分22秒
13(1997年12月7日) 根岸啓治 東京 2時間25分33秒
14(1998年12月6日) 谷久保達弥 沖縄 2時間30分54秒
15(1999年12月5日) 谷久保達弥 沖縄 2時間25分29秒
16(2000年12月3日) 山根文雄 神奈川 2時間31分29秒
17(2001年12月2日 谷久保達弥 沖縄 2時間25分19秒
18(2002年12月1日) 谷久保達弥 沖縄 2時間25分05秒
19(2003年12月7日) 谷久保達弥 沖縄 2時間23分05秒[9]
20(2004年12月5日) 末松隆二 沖縄 2時間30分49秒
21(2005年12月4日) 岩佐正則 千葉 2時間29分21秒
22(2006年12月3日) 坂中伸作 鹿児島 2時間27分05秒
23(2007年12月2日) 末松隆二 沖縄 2時間30分55秒[10]
24(2008年12月7日) 鄭雲山 韓国 2時間28分24秒
25(2009年12月6日) 平良長真 沖縄 2時間25分50秒
26(2010年12月5日) 早坂光司 宮城 2時間26分41秒
27(2011年12月4日) 大中健嗣 京都 2時間25分01秒
28(2012年12月2日) 大中健嗣 京都 2時間27分03秒
29(2013年12月1日) 平田繁聡 静岡 2時間27分56秒
30(2014年12月7日) 川内優輝 埼玉 2時間13分43秒

女子[編集]

大会回数(開催日) 優勝選手名 都道府県 優勝タイム
1(1985年12月8日) 宇久田安枝 沖縄 3時間32分35秒
2(1986年12月7日) 古賀純子 福岡 3時間31分12秒
3(1987年12月6日) 木村幸恵 宮城 3時間08分20秒
4(1988年12月4日) 本村直子 沖縄 3時間12分10秒
5(1989年12月3日) 須田良子 群馬 3時間02分25秒
6(1990年12月9日) 須田良子 群馬 3時間09分44秒
7(1991年12月1日) 広沢玲子 東京 2時間57分40秒
8(1992年12月6日) 大門圭子 岐阜 2時間57分42秒
9(1993年12月5日) 宮田操 神奈川 2時間49分59秒
10(1994年12月4日) 福地良子 群馬 2時間48分53秒
11(1995年12月3日) 池田千枝 茨城 2時間50分14秒
12(1996年12月1日) 池田千枝 茨城 2時間47分15秒
13(1997年12月7日) 大門圭子 奈良 2時間50分55秒
14(1998年12月6日) 大門圭子 奈良 2時間54分44秒
15(1999年12月5日) 大門圭子 奈良 2時間56分27秒
16(2000年12月3日) 星野芳美 静岡 2時間53分55秒
17(2001年12月2日) 市川良子 山口 2時間35分52秒[9]
18(2002年12月1日) 星野芳美 静岡 2時間46分26秒
19(2003年12月7日) 星野芳美 静岡 2時間48分44秒
20(2004年12月5日) 安仁屋那津 沖縄 3時間00分27秒
21(2005年12月4日) 小池瞳 新潟 2時間48分23秒
22(2006年12月3日) 川越真紀子 千葉 2時間50分28秒
23(2007年12月2日) 川越真紀子 千葉 2時間52分26秒
24(2008年12月7日) 田中千洋 兵庫 2時間43分57秒
25(2009年12月6日) 水谷理紗 茨城 2時間50分42秒
26(2010年12月5日) 高岩由 茨城 2時間59分27秒
27(2011年12月4日) 相川友香 東京 2時間58分04秒
28(2012年12月2日) 廣瀬光子 東京 2時間51分52秒
29(2013年12月1日) 廣瀬光子 東京 2時間53分34秒
30(2014年12月7日) 廣瀬光子 東京 2時間48分06秒

備考[編集]

当大会が間もない頃、「NAHAマラソン」の「NAHA」の部分を漢字や片仮名にして「ナハマラソン」や「那覇マラソン」と表示することもあったが、現在は本来の「NAHAマラソン」に統一している。なお漢字の「那覇マラソン」の名称はかつて琉球新報主催で「新報那覇マラソン」で使われていたが、1990年代に「おきなわマラソン」に発展的解消しており、現在は廃止されている。

また、マラソン大会でよく見かける「折り返し地点」というのは当大会では存在しない。

参照[編集]

  1. ^ 12月2日に琉球放送のキー局であるTBSの職員で、日本人初の宇宙飛行関係者だった秋山豊寛が出発する歴史的な日であったためと思われる。
  2. ^ 2006年までは兼城交差点だった。なお30km過ぎの関門場所は第4回大会から設けられた。
  3. ^ 大会当初は中間点は12:00、ゴール地点は15:30。のちに兼城交差点を新たに関門場所を設けたため同交差点を13:30、ゴール地点は30分繰り上げ15:00となったものの、最近になって3ヶ所の関門地点とも15分繰り下げた。
  4. ^ 大会履歴 - NAHAマラソン第29回大会 2013/12/1
  5. ^ http://article.okinawatimes.co.jp/article/2012-11-15_41557
  6. ^ 阿部は沖縄県出身ではないが次年に読売ジャイアンツが沖縄セルラースタジアム那覇でキャンプを行うため特別に招かれた。
  7. ^ それまでは国際通りの後に安里交差点を経由したり、那覇東バイパス全線開通前は国道329号を国場交差点経由で507号に入ったり、35km以降は小禄バイパスを通らず旧道(現在の沖縄県道231号那覇空港線)を通って、赤嶺交差点から国道331号を通っていた。
  8. ^ 神田咲実 12月6日NAHAマラソン完走”. Heureuse ウルズ. ヒラタオフィス (2009年12月9日). 2014年9月13日閲覧。
  9. ^ a b 現在の大会最高記録
  10. ^ エリック・ワイナイナの2時間26分40秒はゲスト出場のため参考記録

関連項目[編集]

外部リンク[編集]