高橋健一 (陸上選手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

高橋 健一(たかはし けんいち、1973年1月16日 - )は、日本陸上競技選手、陸上競技指導者。専門は長距離走秋田県鹿角市出身。秋田県立花輪高等学校順天堂大学卒業。ダイエーを経て富士通所属。身長172cm、体重55kg(現役当時)。世界陸上選手権エドモントン大会男子マラソン日本代表。ハーフマラソン前日本記録保持者。2001年第22回東京国際マラソン優勝者。

略歴・人物[編集]

大学時代は澤木啓祐監督の下で鍛え上げられ、箱根駅伝で4年生時には2区を走り渡辺康幸ステファン・マヤカにつぐ区間3位の力走を見せるなど、茄子紺のユニフォームに袖を通し4年連続箱根路を駆けた[1][2]。大学卒業後はダイエーへ入社、マヤカらと同僚であった。1998年3月同社陸上競技部休部に伴い、その後富士通へ移籍。

2000年の第44回全日本実業団対抗駅伝競走大会では6区(18.0km)を走り区間4位、富士通初優勝の一員となった。1月10日には東京ハーフマラソンで優勝、1時間00分30秒を記録し日本記録を12秒更新した[3]。前半から抜け出し、20キロの通過が57分26秒となる猛烈なハイペースであった。

2001年の第45回全日本実業団対抗駅伝競走大会では2区(22.0km)を走り12人抜き、1時間01分36秒の区間新記録を樹立した[4]。第22回東京国際マラソンでは2時間10分52秒で走り優勝。前半から尾方剛らと先頭集団を形成し、31キロ過ぎから独走となった。終盤には失速し目標としていた2時間10分切りはならなかったが、35キロまでは後輩・藤田敦史が持つ日本記録(当時)のラップタイムを上回る速さを見せた[5]

その後世界陸上日本代表に選出され、世界陸上選手権エドモントン大会には藤田敦史油谷繁・西田隆維・森下由輝と出場。しかし本番出走前に故障の影響により、2時間24分04秒の26位に終わった。日本代表としては団体銀メダルを獲得している。

その他、1997年に甲佐10マイルロードレース、1996年・2000年の熊日30キロロードレースを優勝。2000年の唐津10マイルロードレースでは新宅雅也の持つ日本記録に8秒差と迫る45分48秒で優勝を飾るなど、いずれも日本記録に迫る速さを見せた。2005年には日本代表として第33回世界クロスカントリー選手権に出場した。 競技生活現役を退いた後は富士通陸上競技部長距離コーチとして後進の指導に当たっている。

「駅伝男」「30キロまでの日本最強」と呼ばれその名に違わぬロードでの強さを見せた[6]。 後輩である三代直樹は高橋の練習について、「尋常じゃない量と質の練習」と語っている[7]。花輪高校の先輩に浅利純子、後輩には松宮隆行・祐行双子兄弟がいる。夫人は小出正子であり、小出義雄は義父にあたる。

自己記録[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 箱根・黄金時代物語 (4)順大…プリンス澤木の朝令即改(1986~89年、62~65回大会)YOMIURIONLINE(08-12-16).2010年2月18日閲覧。
  2. ^ 1994年3年時1区(21.3km)では渡辺・井幡政等(山梨学院大学)に次ぐ区間3位となる。この時記録した1時間02分54秒は順大1区記録。
  3. ^ 前日本記録保持者の早田俊幸が3位に入っている。この大会の後、東京ハーフマラソンは休止が決定された。
  4. ^ ニューイヤー駅伝2009 過去大会の記録 TBS. 2010年8月20日閲覧。この記録は2009年にコース変更が行なわれるまで更新されないまま残った。
  5. ^ 「東京国際マラソン18日 高橋健「悔しい」初V 9分台ならず」『読売新聞』2001年2月19日東京朝刊、スポーツB面、18頁。
  6. ^ 「18日に東京国際マラソン 無敵の駅伝男 富士通・高橋健一が脱皮誓う」『読売新聞』2001年2月16日東京朝刊、スポーツB面、24頁。
  7. ^ 「三代、福岡国際マラソンに懸ける 「花の2区」区間記録の意地」『読売新聞』2007年11月30日東京夕刊、スポーツA面、3頁。
[ヘルプ]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

先代:
大崎栄
早田俊幸
男子ハーフマラソン日本記録保持者
2000.1.10 - 2007.10.14
次代:
佐藤敦之
先代:
ケニアの旗 ジャフェット・コスゲイ
東京国際マラソン優勝者
第22回(2001年)
次代:
ケニアの旗 エリック・ワイナイナ