井口駅 (広島県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
井口駅
ホーム。手前が宮島口方面
ホーム。手前が宮島口方面
いのくち - Inokuchi
(1.2km) M27鈴峯女子大前
所在地 広島市西区井口明神二丁目
駅番号  M26 
所属事業者 広島電鉄
所属路線 宮島線
キロ程 4.8km(広電西広島(己斐)駅起点)
駅構造 地上駅
ホーム 相対式2面2線
乗車人員
-統計年度-
1,274人/日(降車客含まず)
-2008年-
開業年月日 1924年大正13年)4月6日

井口駅(いのくちえき)は、広島県広島市西区井口明神二丁目にある広島電鉄宮島線である。

西広島方面ホームの宮島口方と宮島口方面ホームの西広島方の間に踏切があり事故多発地点。

宮島口方面のホームのすぐ横に国道2号(宮島街道)が走っている。

駅構造[編集]

  • 変則相対式2面2線のホームを持つ地上駅
  • 高床ホームは、宮島口方面は撤去されたが、西広島方面には一部残っている。
  • 宮島口方面のホームと道路の間に段差があったがスロープが建設された。

利用状況[編集]

年度 1日平均
乗車人員
2004年 1,151人
2005年 1,181人
2006年 1,238人
2007年 1,268人
2008年 1,274人

駅周辺[編集]

駅前後は西日本旅客鉄道(JR西日本)山陽本線との並走区間。 北側は旧井口村地区であり鈴が台や井口台などの住宅街が広がる。典型的なペッドタウンである。南側は1970年代以降、広島市西部開発事業により埋め立てられた土地である。それまでは当駅のすぐ側が海岸線であった。住宅街やその先には商工センターがある。

歴史[編集]

関連項目[編集]