全国中学校駅伝大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

全国中学校駅伝大会(ぜんこくちゅうがっこうえきでんたいかい)は、毎年12月中旬に行われる中学生による駅伝の全国大会である。全国中学校体育大会の一種目と位置づけられている。

概要[編集]

1993年から開催されており、開催地は3~4年ごとに変更されているが、2006年の第14回大会からは開催地が山口県山口市山口県セミナーパークで当面固定されている。成長期にある中学生の足への負担を考慮し、本戦では芝のクロスカントリーコースが使われる。ただし、都道府県予選は多くで公道または園路(公園内ロード)が使用され、コースの全部・一部が芝生コースを使用するのは新潟・滋賀・島根・山口・沖縄の5県にとどまる[1]

都道府県予選は10月中旬から11月中旬にかけて行なわれ、そこで優勝した学校と開催地枠で出場する1校の計48チームが本戦に出場できる。なお、これまでに記念大会などによる増枠は行なわれていない。

当日は初めに女子のレース、次に男子のレースが行なわれ、それらが終了した後に各チームの補欠選手と地元の本戦不参加選手を対象にしたオープンレースが本戦と同一コースで行なわれる(男子3.0km・女子2.0km)。

高校生以上の駅伝とは違い周回コースを使用するため、区間が違っても同じ距離ならばほぼ同一のコースを走ることになる。

中学校は義務教育であるため有力選手をスカウトして集めることはほぼ不可能であり、そのためにチーム編成のやりくりが付かず、陸上競技部以外の運動系クラブの選手を本戦や予選に起用するケースが多々ある。陸上競技部の選手を一人も起用しない場合も稀にあり、第19回大会に出場した新居浜市立東中学校女子チームは全員がバスケットボール部の選手ながら優勝した[2]

本大会に出場したメンバーから京都での全国都道府県対抗女子駅伝競走大会と広島での全国都道府県対抗男子駅伝競走大会に出走するランナーも少なくない。

主催[編集]

区間[編集]

  • 男子 6区間18.0Km(全区間3.0km)
  • 女子 5区間12.0Km(3.0km・2.0km・2.0km・2.0km・3.0km)

歴代の優勝校[編集]

男子優勝校 タイム 女子優勝校 タイム 開催地
1 陵南兵庫 56分57秒 浅江山口 40分55秒 熊本県
2 陵南(兵庫) 57分03秒 一宮南兵庫 40分36秒
3 曽根(福岡 55分59秒 菅生(福岡 40分38秒
4 曽根(福岡) 56分02秒 早良(福岡) 40分49秒
5 友泉(福岡) 58分21秒 御殿場静岡 41分34秒 滋賀県竜王町
滋賀県希望が丘文化公園
6 中之条群馬 57分18秒 御殿場(静岡) 41分02秒
7 小見川(千葉 56分29秒 御殿場(静岡) 40分35秒
8 中之条(群馬) 57分16秒 誠之(広島 40分29秒 山口県山口市
山口県セミナーパーク
9 香芝(奈良 56分40秒 平生(山口) 40分40秒
10 元岡(福岡) 56分47秒 中之条(群馬 41分11秒
11 住吉(埼玉 56分21秒 中之条(群馬) 40分44秒 千葉県千葉市緑区
千葉市昭和の森公園
12 日の里(福岡) 55分46秒 松橋(熊本 39分57秒
13 逆井(千葉) 57分53秒 武蔵ヶ丘(熊本) 41分46秒
14 八本松広島 57分04秒 伴(広島) 40分58秒 山口県山口市
山口県セミナーパーク
15 八田(山梨) 56分35秒 富士岡(静岡) 40分40秒
16 河東(福岡) 56分37秒 大和(山口) 40分32秒
17 吉岡(群馬) 57分25秒 稲美北(兵庫) 40分50秒
18 田奈(神奈川) 56分45秒 富士岡(静岡) 40分30秒
19 櫛形(山梨 56分59秒 新居浜東(愛媛) 40分22秒
20 山手(兵庫) 56分51秒 富士見(群馬) 40分20秒
21 山手(兵庫) 56分55秒 富士見(群馬) 40分10秒
22 三島(栃木) 57分15秒 桂(京都) 41分05秒

区間最高タイム[編集]

所属校名は当時のもの

男子
1区 3.0km 8分59秒 坂本大志 阿久根市立阿久根中学校 第18回 2010年
中村駆 萩市立萩東中学校 第20回 2012年
2区 3.0km 9分02秒 池田親 加古川市立山手中学校 第20回 2012年
3区 3.0km 8分59秒 大谷 陽 那須塩原市立三島中学校 第22回 2014年
4区 3.0km 8分58秒 高森建吾 我孫子市立我孫子中学校 第18回 2010年
5区 3.0km 9分21秒 田村雅也 加古川市立中部中学校 第9回 2001年
柳拓麻 加古川市立山手中学校 第20回 2012年
6区 3.0km 9分04秒 伊藤大喜 越谷市立栄進中学校 第20回 2012年
女子
1区 3.0km 9分47秒 中川文華 朝霞市立朝霞第三中学校 第19回 2011年
2区 2.0km 6分23秒 金子美聡 前橋市立富士見中学校 第21回 2013年
3区 2.0km 6分31秒 山田凛 那須塩原市立三島中学校 第18回 2010年
4区 2.0km 6分34秒 田邊比奈乃 前橋市立富士見中学校 第20回 2012年
5区 3.0km 9分38秒 久馬悠 綾部市立綾部中学校 第16回 2008年

テレビ・ラジオ放送[編集]

第5回から第7回まで(滋賀)は毎日放送(MBS)制作・TBS系列全国ネットで、第8回から第13回まで(山口・千葉)はNHK教育テレビジョンで、第14回から(山口)は山口朝日放送制作・テレビ朝日系列全国ネットで放送されている。いずれも録画放送。

第14回大会以降について[編集]

第14回大会以降については、テレビ朝日系列局や同系列の衛星放送であるBS朝日などで放送されているが、同時ネットではなく放送時期・時間帯はまちまちとなっている(年明け以降に放送する地域や早朝・深夜に放送する地域もあり)。しかも男女のレースで合計約2時間だった大会映像を55分のダイジェスト形式に編集しており[3]、全編は見ることができなくなっている。また、第14回大会では三大都市圏をはじめとする関西以東の多くの地域でネットされなかったが、以後の大会では放送地域が拡大しており、ほぼ全国各地で放送されている[4]。ハイビジョン制作(ただし、上空カメラは標準画質)。

なお、第15回大会についてはNHKラジオ第1放送により生中継された(山口島根鳥取向けのみ)。

第14回大会以降のネット局(各自ローカル枠で放送)
放送対象地域 放送局 系列(ニュース系列) 放送回 放送日・放送時間
(17回大会の場合)
14 15 16 17 18
山口県 山口朝日放送(yab)
番組制作局
テレビ朝日系列 12月26日 12:00 - 12:55
北海道 北海道テレビ放送(HTB) 1月28日 27:06 - 28:01
青森県 青森朝日放送(ABA)
秋田県 秋田朝日放送(AAB) 12月30日 4:55 - 5:50
福島県 福島放送(KFB) 1月2日 4:50 - 5:45
群馬県 群馬テレビ(GTV) 独立UHF局 1月2日 11:00 - 11:55
栃木県 とちぎテレビ(GYT) 1月2日 16:30 - 17:25
千葉県 千葉テレビ放送(ctc)
埼玉県 テレビ埼玉(TVS) 12月26日 19:00 - 19:55
東京都 東京メトロポリタンテレビジョン(TOKYO MX) 1月16日 19:00 - 19:55
新潟県 新潟テレビ21(UX) テレビ朝日系列 12月30日 4:45 - 5:40
山梨県 山梨放送(YBS) 日本テレビ系列
長野県 長野朝日放送(abn) テレビ朝日系列 12月31日 6:00 - 6:55
石川県 北陸朝日放送(HAB) 1月9日 4:25 - 5:20
中京広域圏 名古屋テレビ放送(NBN) 1月7日 4:50 - 5:50
京都府 京都放送(KBS京都) 独立UHF局
兵庫県 サンテレビジョン(SUN) 1月30日 13:00 - 13:55
鳥取県
島根県
山陰放送(BSS) TBS系列 1月22日 13:30 - 14:25
広島県 広島ホームテレビ(HOME) テレビ朝日系列 1月10日 4:55 - 5:50
香川県
岡山県
瀬戸内海放送(KSB) 12月31日 4:55 - 5:50
愛媛県 愛媛朝日テレビ(eat) 1月2日 5:00 - 5:50
福岡県 九州朝日放送(KBC) 12月30日 10:00 - 10:55
長崎県 長崎文化放送(NCC) 12月31日 4:50 - 5:50
熊本県 熊本朝日放送(KAB) 12月29日 10:00 - 10:55
大分県 大分朝日放送(OAB) 12月28日 10:30 - 11:25
宮崎県 テレビ宮崎(UMK) フジ/日テレ/テレビ朝日系列
(トリプルネット)
1月7日 10:45 - 11:40
鹿児島県 鹿児島放送(KKB) テレビ朝日系列 12月30日 14:00 - 14:55
沖縄県 琉球朝日放送(QAB) 12月28日 9:55 - 10:50
衛星放送
(全国)
ビーエス朝日(BS Asahi) 12月31日 9:00 - 9:55
1月3日 6:00 - 6:55(再放送)
スカイ・エー
(スカイ・A Sports+)[5]
スカパー!
スカパー!e2
ケーブルテレビ

トラブル[編集]

第14回大会では、参加を予定していた学校の一部が出場辞退・棄権せざるを得ない状況となった。その理由は、大会本部が指定した宿舎の一部においてノロウイルスによる集団感染が発生(一時は食中毒の疑いももたれたが、最終的に食中毒ではないことが確認されている)し、当該校の選手が被害を受けたためである。ただ、参加した生徒にとっては学生時代の思い出となる大事な大会であることから、大会自体は残りの学校の参加により行われた。一部県ではその後の山口県による一連の対応に対する批判の姿勢を見せていた。

脚注[編集]

  1. ^ 第19回大会出場校一覧 (PDF) - 第19回全国中学校駅伝公式サイト
  2. ^ 監督も「信じられんわあ」バスケ部員で駅伝日本一 - スポーツニッポン 2011年12月18日
  3. ^ この手法はBS日テレで放送されている『箱根駅伝ダイジェスト』と類似している。
  4. ^ ただし首都圏および近畿圏では独立UHF局にネットされ、キー局のテレビ朝日および準キー局の朝日放送では放送されていない。
  5. ^ 朝日放送 (ABC) の関連会社であるが、専門チャンネルでありANNには非加盟。

外部サイト[編集]