この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

大正銀行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社大正銀行
The Taisho Bank, Ltd.
ロゴ
トレードピア淀屋橋.jpg
大正銀行本店
種類 株式会社
略称 大正
本社所在地 日本の旗 日本
540-8693
大阪府大阪市中央区今橋二丁目5番8号
トレードピア淀屋橋
設立 1922年大正11年)
(関西住宅組合建築)
業種 銀行業
法人番号 9120001049058
金融機関コード 0555
事業内容 銀行業
代表者 柿内愼市代表取締役会長
吉田雅昭(代表取締役頭取
資本金 26億89百万円
(2015年3月31日現在)
発行済株式総数 2,435万2千株
(2015年3月31日現在)
純利益 連結:10億17百万円
単体:10億17百万円
(2015年3月期)
純資産 連結:198億33百万円
単体:198億92百万円
(2015年3月31日現在)
総資産 連結:4,580億50百万円
単体:4581億20百万円
(2015年3月31日現在)
従業員数 連結:341名
単体:341名
(2015年3月31日現在)
決算期 3月
主要株主 トモニホールディングス 100%
(2016年4月1日現在) 
主要子会社 大正信用保証株式会社
外部リンク 大正銀行 公式サイト
テンプレートを表示
大正銀行のデータ
法人番号 9120001049058
店舗数 26
貸出金残高 3,597億54百万円
預金残高 4,135億95百万円
特記事項:
(2015年3月31日現在、店舗数は2015年6月30日現在)
テンプレートを表示
東大阪支店(大阪府東大阪市

株式会社大正銀行(たいしょうぎんこう)は、大阪府大阪市に本店を置く第二地方銀行である。トモニホールディングスの完全子会社。

概要

旧・三和銀行の親密地銀であり、トモニホールディングス傘下となる前は三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)持分法適用関連会社であった。このような経緯から、近年では社長(頭取)に生え抜きの人材ではなく三菱東京UFJ銀行出身者(特に旧三和銀、旧UFJ出身者)を迎え充てており、前社長の能島伸夫カブドットコム証券会長)、現頭取の吉田雅昭(前・三菱UFJファクター会長)はともに同行出身者である。また三和グループに属する企業によって設立されたみどり会の会員企業でもある[1]

行名は大正時代の創業であることと、「大きく、そして正しく伸びていきたい」という姿勢からきている。本店所在地の大阪市にある大正区とは無関係である。またかつては、同区内にも支店を設置していた。2015年10月1日には京都府下において37年ぶりの新店舗である京都支店(下京区)を開設。府内、滋賀県の宅建業者や不動産業者向け融資を強化していくとしている[2]

2016年4月1日、香川銀行徳島銀行を傘下に持つトモニホールディングスと経営統合した[3][4]。また、3行間で合併を含む将来的な再編を協議することでも合意したと発表している[5]

インターネットバンキングは第二地方銀行のうちで最後まで未提供だったが、法人向けについては2006年(平成18年)1月16日より提供を開始した。個人向けについては2006年(平成18年)6月に開始している。地方銀行で唯一デビットカード(J-Debit)サービスを取り扱っていない。

ATMでの預金引出し・預入れ取引については、トモニホールディングス傘下の香川銀行・徳島銀行だけでなく、三菱東京UFJ銀行とも相互に無料提携を行っている(大正銀行ATMでの三菱東京UFJ銀行の預金預入れ取引は対象外)。

沿革

情報処理システム

勘定系システム

(旧)泉州銀行[8]鳥取銀行とともに「BCS共同利用型基幹システム」を採用していた。ただし、前述の2行ともNTTデータ地銀共同センターにリプレースしているため、2012年5月6日以降は大正銀単独の稼働となっていた。

2013年6月、日立製作所による地域金融機関向け共同アウトソーシングサービスのNEXTBASEへリプレースする方針であることが発表され[9]2015年1月4日に稼働を開始した[10]

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ メンバー会社一覧 - みどり会
  2. ^ “瀬戸内海またぐ金融統合…大阪の大正銀行37年ぶり京都に支店”. 産経ニュース. (2015年10月2日). http://www.sankei.com/west/news/151002/wst1510020026-n1.html 2016年5月5日閲覧。 
  3. ^ “トモニHD会長「人口減、加速度的に」 大正銀と統合発表”. 日本経済新聞. (2015年4月10日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASHD10H2D_Q5A410C1000000/?dg=1 2015年4月10日閲覧。 
  4. ^ “四国~関西の広域地銀グループ誕生 大正銀行、トモニHD傘下に”. 産経ニュース. (2016年4月1日). http://www.sankei.com/west/news/160401/wst1604010055-n1.html 2016年5月5日閲覧。 
  5. ^ “香川銀、徳島銀と合併協議 大正銀、トモニHD傘下に”. 共同通信. (2015年4月10日). http://www.47news.jp/CN/201504/CN2015041001001986.html 2015年4月10日閲覧。 
  6. ^ “株式交換契約に係る臨時株主総会の承認可決に関するお知らせ”. 株式会社大正銀行. (2015年12月18日). http://www.taishobank.co.jp/inc/pdf/upload/news/news_354_20151218_6447.pdf 2016年4月2日閲覧。 
  7. ^ “当社及び子会社における役員の異動に関するお知らせ”. トモニホールディングス株式会社. (2016年3月31日). http://www.tomony-hd.co.jp/news/doc/news_16033101.pdf 2016年4月2日閲覧。 
  8. ^ 池田泉州銀行発足後は、旧泉州銀の店舗のみ。
  9. ^ “大正銀行が次期基幹系システムとして日立の地域金融機関向け共同アウトソーシングサービス「NEXTBASE」の採用を決定”. 株式会社大正銀行 株式会社日立製作所. (2013年6月21日). http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2013/06/0621.html 2014年7月8日閲覧。 
  10. ^ “大正銀行が日立の地域金融機関向け共同アウトソーシングサービス「NEXTBASE」を活用し、新基幹系システムを稼働開始”. 株式会社大正銀行 株式会社日立製作所. (2015年1月5日). http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2015/01/0105.html 2015年1月20日閲覧。 

外部リンク