日立市かみね動物園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
かみね動物園から転送)
移動先: 案内検索
日立市かみね動物園
Kaminezoo.jpg
施設情報
前身 神峰動物園
専門分野 総合
所有者 日立市
管理運営 日立市
開園 1957年6月5日
所在地 317-0055
茨城県日立市宮田町5-2-22
テンプレートを表示

日立市かみね動物園(ひたちしかみねどうぶつえん)は、茨城県日立市日立市かみね公園内にある市営の動物園。園内からは太平洋を一望できる。

沿革[編集]

施設[編集]

ゾウ舎の柵には,ゾウが鼻を伸ばせるよう間隔を広げてあるところがあり,えさやり体験を行っている。 ウサギモルモットに触れることができるこども動物園がある。 ペンギン舎は池の水面を目線の高さにすることで間近にペンギンが泳ぐとこを見られるよう工夫している。 近年は,タワーの間に木材やロープの橋を渡したチンパンジー舎やサル舎を新築し,サル目行動展示に力を入れている。

飼育動物[編集]

約100種580点、 主なものは次のとおり。

所在地[編集]

みねこクラブ[編集]

かみね動物園の運営を応援する地域住民のボランティアグループ。名称は飼育されているインドゾウの名前『みねこ』から。 動物園グッズの製造販売、園内環境整備、イベントのサポーターなどを行っている。また応援歌『動物園へゴーゴー』を作り、園内で放送している。

テレビ・映画[編集]

旭川市旭山動物園の再起・脚光を描いた映像作品において、改善される前のシーンの撮影の多くはかみね動物園で行われている。

また、ドキュメンタリー番組『素敵な宇宙船地球号』ではかみね動物園自身の改善の様子を3回シリーズで放送した。

バラエティー番組天才!志村どうぶつ園』(日本テレビ系)では母親ヨウから育児拒否されたチンパンジー・ゴウちゃんを人工飼育している様子をシリーズで放送している。(2011年[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ いばらきキャラクター図鑑 2011 (PDF) 3頁め 2011/06/23作成 公表2011年6月25日時点 茨城県 広報広聴課 広報戦略室 2013-3-25閲覧
  2. ^ 「天才!志村どうぶつ園」で紹介された情報 テレビ紹介情報日本テレビ,2012年8月18日放送分,価格.com

外部リンク[編集]