佐野榮太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
さの えいたろう
佐野 榮太郎
Eitaro Sano CFS.jpg
CFS 情報通信技術カンファレンスにて
生誕 (1975-01-03) 1975年1月3日(47歳)
日本の旗愛知県豊川市
国籍日本の旗 日本
職業情報技術者
活動期間1989年 -
団体総合情報通信技術研究機関 ADS
(ソフトハウス ADS)
活動拠点日本の旗愛知県豊明市
肩書き代表理事

佐野 榮太郎(さの えいたろう、1975年1月3日 - )は、日本情報技術者ソフトウェア作家愛知県豊川市出身、同県豊明市在住。総合情報通信技術研究機関 ADS(ソフトハウス ADS)代表理事[1]

概略[編集]

1980年代から、DTMソフトウェアやコンシューマーゲームプログラマゲームミュージックコンポーザー、『パソコン通信網 ARF』(後述)の設計者、システムオペレーターとして活動[2]。 著書に『アルファの厳しいパソコン入門』[3]、『αノート』[4]後述)等がある。 1992年インターメックス展示会の出展企業が主催したオフィスウェアコンテストのデータベース部門に、カード型データベースシステムを出品し、入賞。 2008年から、Blu-ray Discの規格を策定する業界団体BDAが毎年開催していた、光学記憶媒体に関する知識を競う、Blu-ray Disc Meister検定の第5回開催において、全国2位[5][6]。 これにより、20132月16日東京都内で開催された同協会主催の式典[7]にて、福井晴敏麻倉怜士らより表彰を受けた[8]計算生物学の分野でも、タンパク質の立体構造解析の場で一定の成果を残しており、スタンフォード大学から評されると共に、マサチューセッツ工科大学も、未来へ名を伝えたい技術者の一人として佐野を選出[9][10]した。 音声による自動応答に主眼を置いた人工無脳『A.R.M.S』や、人間体温反応して警告を発する世界初[注 1]防犯システム『ASS01』の考案者[11]としても知られ、近年では、ご当地キャラクターである『原付萌奈美』ほか、関連キャラクタープロデューサー後述[9]としても活動している。

人物[編集]

業界内外に知人や友人が多く、ゲームクリエイターとして知られる九条一馬や、アニメーション監督の日向正樹声優桐山智花らとも交流がある[12]。 かつて、世直し大明神として人々から崇められた佐野善左衛門の流れを汲む三河武士の末裔。 武道面では天御前流(あまごぜんりゅう)[注 2]詠春拳錬士であり、弓道においても14歳の時点で初段を取得。 コンピュータ技術面ではアレクセイ・パジトノフ音楽面では山本正之を師[注 3]と仰ぎ、芸術面では画家星野眞吾、高畑郁子の弟子として、10年あまりの長期に渡り、日本画クロッキーデッサン油絵水彩画版画切り絵ちぎり絵等の修行を積んだ[13]。 その過程で、アニメーション映画の制作(仕上げ)も経験している[13]。 また、スズキ原動機付自転車工場やSBSでオートバイ設計製造整備したり、警察機関交通取締りに従事していた経歴も持ち、小排気量エンジン点火制御ユニット電子回路設計を手掛ける等、機械工学電子工学、二輪車文化にも造詣が深い。 このように分野の垣根をこえて幅広く活動しながらも、ハンドルネームペンネームを使い分け、メディアへの露出を徹底して嫌い、1994年に株式会社レイアブリッジの取材を受けて以降、2020年に株式会社中広インタビューを行うまで、マスコミの取材を拒み続けていた[9]

発言[編集]

  • 「面白い」ということは「低俗」という意味ではない。
    「やさしい」ということは「難しくない」という意味ではない。
  • 「何になりたいか」ではなく「何をしたいか」である。

エピソード[編集]

2000年代初頭、アメリカ航空宇宙局から、直属の技術スタッフとしてヘッドハンティングを受けた[9]。 佐野は、この提案を栄転の好機と受け止めたが、当時の佐野は重度の記憶障害を患っており、佐野の過去を知る人物に対して恐怖を覚えるほどでもあったため、応じるか否かの判断に揺れた。 思い悩む中、佐野は「見ず知らずの土地で、自分を知らない新たな仲間と人間関係を築けば、状況を打開できるかもしれない」と考え、一時は気持ちが承諾に傾いたものの、佐野の真意を察した友人から「それは挑戦ではなく、現実逃避ではないか」と諭され、この誘いを断った[14]

パソコン通信網 ARF[編集]

パソコン通信網 ARF(パソコンつうしんもう エー・アール・エフ)は、1992年より運用されていた付加価値通信網パソコン通信局である[2]。 開局当初は、主に東三河地域の産業を支える法人の業務連絡用として整備された通信網であったが、全盛期には共有カレンダーや共有住所録、スケジューラー、プロジェクト管理ほか、ビジネスでの利用に特化した複数のサービスを提供。 1994年には豊川ノードの一部が『パソコン通信網 TRF』の局名で一般開放[15]された。 法人の登録アカウント数は2300社、一般の登録アカウント数は510名[注 4][16]であった(2012年時点)。 本通信網の特徴として、佐野の考案したRHSP(Remote Host - to host Sharing Protocol)[17]と称するホスト間転送プロトコルが挙げられる。 RHSPは、ホストコンピュータに保存されたBBSファイルストッカーデータを、ホストコンピュータ間で定期的に同期する(ホストからホストへデータを順送りする、いわゆるデータの玉突きを行う)ことにより、どのホストコンピュータに接続した場合でも同じ情報が取り出せる仕組みである[9]。 当時のパソコン通信においては、ユーザーが、ホストコンピュータの設置されている地点へ架電し、接続を確立せねばならず、通信距離に応じた電話料金を支払う必要があった。 パソコン通信における電話料金は遠距離通信を行う回線契約者の大きな負担となっており、大手商用通信網の管理者は各地にアクセスポイントを設置する等の対策を講じていた。 その一方で、草の根BBSの管理者が大規模なインフラを整備することは困難であった。 これを解決するため、全盛期にはTri-Pのようなサービスも広く利用されたが、ARFのホストシステムは、そうしたサービスも併用することなく、独自のVANを形成できた。 その反面、RHSPが抱える短所としては、次のような点が挙げられる。

  • 掲示板やファイルストッカーにおいて、リアルタイムな投稿やアップロードが反映されない。
  • チャットサービスのような、リアルタイムな通信を必要とするサービスには応用が利かない。
  • ノードあたりの通信コストが増加する。

RHSPは、1995年から1996年にかけて機能を洗練した後、HSPの名称で、当時NTTが提供していたCAPTAIN通信サービスのノード間データ同期[17]や、WebTV Networksの日本法人が提供していたWebTVの電子掲示板サービス等にも応用され、情報通信分野における技術革新の礎を築いた[18]。 パソコン通信網 ARFのVANは2000年までに大部分を解体。 豊明ノードと豊橋ノードは、パソコン通信網 ARFを運営していた組織『RFネットワークス』の後継団体であり、総合情報通信技術研究機関 ADSの前身に相当する、ArionDigitalSupport(アリオン・デジタル・サポート)が発足してからも『ADS シリアルセクション』と名を変え、2011年まで常時運用された[注 5]。 しかしながら、インターネットの台頭による需要の急減を避けられず、2012年に豊橋ノードが閉鎖。 豊明ノードは不定期運用となって存続されたが、主要なSIGが段階的に閉じられ、2018年1月1日に新規アカウントの発行を終了[注 6]。 長年の歴史に幕を閉じた。

αノート[編集]

αノート(アルファノート)は、 佐野が愛知県立豊川工業高等学校(後の愛知県立豊川工科高等学校)在学中に書き溜めた、シャープポケットコンピュータプログラム群を集積し、技術書としての体裁を整えた上で、同校が1992年に発行したソースコード集である。 主なターゲット機種は市販機のPC-E200と、学校教育専用機のPC-G800シリーズ[注 7]。 PC-G813等、一部の機種はC言語にも対応していたが、掲載されたソースコードはBASICZ80Aに対応する機械語のみである。 ソースコード以外にも、PC-G800シリーズでの圧電スピーカーによるビープ音の出力と、PC-E200を含むPC-G800シリーズ間での複信を同時に実現する周辺機器回路図等が掲載された。 グラディウスを再現する本格的なシューティングゲーム[19]テトリス[20]コラムス[21]、3D迷路[22]ほか、美少女ゲーム[23]ロールプレイングゲーム[24]等、緻密にプログラミングされた作品が多く含まれる一方、掲載量はタイトル単位で約50本、B5判で103頁に及ぶ(目次や付録を含めると112頁)。 ソースコード部分は、ポケットコンピュータ用プリンターによって出力された活字であったものの、注釈、訂正箇所を含む本文は、その名の通り、佐野が大学ノートに書き溜めた原文直筆のまま印刷された。 収録内容には工学社の『月刊I/O』や、別冊の『ポケコンジャーナル』に佐野が寄稿した情報も含まれる。 発行当時、当該機種向けのソースコードを多数掲載した冊子は、ポケコンジャーナルを除けば、αノートをおいて他に例が少なかった。 掲載作品の中でも特に異彩を放つプログラムとして、ドット単位のマトリクス制御や、スーパーファミコンのようなグラフィックの回転、拡大、縮小、スクロール、多重スクロール、ラスタースクロールをソフトウェアのみで擬似的に実現したライブラリ[25]が挙げられる。 当該ライブラリは汎用性に富み、あらゆる作品に応用できる可能性が示唆されたため、佐野は他のプログラマにも積極的な利用を促そうと考えた。 そこで佐野は、当該ライブラリに「あぴゃくぴゅとまてぇぴょ」と、早口言葉にも近しい名を設定。 これについて、佐野は後年「グリチルリチン酸ジカリウムのように、あえて覚えにくい名を付ければ、反対に覚えようと努力してもらえる可能性を狙ったが失敗した」と語っている[26]。 アルファノートの発行から数年後、佐野はx86アーキテクチャのマイクロプロセッサ向けにも「あぴゃくぴゅちょちょまっぴぃぴょ」と称する当該ライブラリの派生版をリリースしたが、そちらも普及せずに終わった。 佐野はオブジェクト指向言語や、スクリプト言語関数にも「チョメチョメ一丁目」等、しばしば戻り値が全く想像できないユニークな名を好んで設定する。

総合情報通信技術研究機関 ADS[編集]

総合情報通信技術研究機関 ADS(そうごうじょうほうつうしんぎじゅつけんきゅうきかん エー・ディー・エス)は、佐野が1989年に創立[注 8]し、愛知県に本部を置く産業振興団体[9][27]である。 通称ソフトハウス ADS。 前身の団体はArionDigitalSupport(アリオン・デジタル・サポート)を称していたが、 地上デジタルテレビ放送の開始に伴い、全国に設置されたテレビ受信者支援センター、通称デジ・サポとの混同を避けるため、総務省の提案[28]によって2012年に改称[注 9]した。 岡崎信用金庫主要取引金融機関とし、創立当初からソフトウェア、ハードウェアの開発による技術支援を手掛けるほか、21世紀に入ってからは、オンライン・コミュニケーション文化の健全化を図る実験的な取り組みや、ウェブテクノロジーに関わる様々なプロジェクトを推進。 組織の中枢である名古屋電算技術室[29][注 10]を始め、難波分室、石川分室三河分室、天竜技術室、小倉電算システム事業部、札幌電算技術室、足立工学研究室、宮古分室と称する拠点が全国各地に点在しており、あらゆる技術者がSOHOによって連携しながら業務を遂行している。 佐野が統括する名古屋電算技術室[30]は、地場産業を支える工業職人で構成された『匠工房』や、原動機付自転車市場の発展を目指す地域団体の『原付 ツーリングクラブ モナミ』、ご当地キャラクターの原付萌奈美を事業展開する『原付萌奈美ぷろじぇくと運営委員会』等の母体でもある[9]

原付 ツーリングクラブ モナミ[編集]

原付 ツーリングクラブ モナミ(げんつき ツーリングクラブ モナミ)は、業績が伸び悩む自動車オートバイの部品を生産する中小企業から経営の立て直しを相談された総合情報通信技術研究機関 ADSの名古屋電算技術室が、産業振興活動の一環として、とりわけ冷え込みの顕著な原動機付自転車市場を活性化すべく創立した地域団体[31][9]である。 原付愛好家コミュニティとして機能し、趣味を同じくする者同士が共に親睦を深めることで文化の発展を促す立場から、フランス語で親友を意味するmon ami(モナミ)と名付けられた。 佐野が代表を務めており、原付愛好家の地位向上を目指し、道路交通法の改正を行政機関に陳情[32]する等、精力的な活動を行っている。2020年には交通事故の撲滅に協力した団体として、エフエム愛知から感謝状を受けた[33]。公式マスコット原付萌奈美[34]

プロデューサー[編集]

原付萌奈美[編集]

- 桐山智花[35][36]
けいはんなプラザに設置された原付萌奈美と姉妹キャラクターの等身大パネル
原付 萌奈美(げんつき もなみ)は、原動機付自転車市場の発展を願い創造された架空人物である。愛称は『もなみん』。原付 ツーリングクラブ モナミの公式マスコットとして2017年5月1日に初出[37][注 11]した。企業や自治体が、特定の地域、事物に対し、このようなシンボルを設ける場合、一般公募して得た作品の中から選定したり、専任作家による創案を採用する例が多い。そうした中にあって原付萌奈美は、一介のクリエイターが作成したキャラクターではなく、押田秀一日向正樹ほか、エンターテインメント業界に根ざす幾多の著名人達が、初期段階からデザイン及び運営に関わっており、佐野が製作総指揮を務めている。同年5月20日からは愛知県豊明市周辺の地域振興を担う、いわゆる『ご当地キャラクター』としても活動を開始[37][38]地場産業を支える企業や、団体に配された姉妹キャラクター(百舞留[39]、木盛いぶか[40]、木尾知恵流[41]、白金心[42]ほか)の活動を牽引するリーダー格として、同年5月29日より、萌えキャラ学会の正会員[注 12]となった[43]。関連商品には、一般的なキャラクターグッズの他に、愛知県豊川市に所在する大社神社タイアップしてリリースされた交通安全お守り[44]等もあり、2018年には、日本郵便より『原付萌奈美 生誕一周年記念切手』も発行されている[45][46]。2020年5月、テレビ愛知の番組、ネタ見せ~ぇ!の企画、人気キャラクターに学べ!ご当地キャラクイズの中で出題され、プロフィールが紹介された[34]。正答者は、キルラキルハイスクールD×D等を手掛ける、アニメーションプロデューサーの畑中太一(はたなかたいち)

病歴[編集]

2000年代、重度の健忘[47]を患い、全健忘と診断されている。以後は解離性健忘であり、二十歳以前の記憶の大半が失われたままであるとされる[48]

関連作品[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ あらゆる警備会社に導入されたが、佐野は特許を取得しておらず、後に類似技術が氾濫した。
  2. ^ 石川県加賀市尼御前岬付近に本部道場を置いていたことに由来する。
  3. ^ コミックバンド活動を行っていた時期があり、尾崎豊ボイストレーニングを担当していた声楽家から、本格的な歌唱指導も受けていた。
  4. ^ 法人アカウントの内部利用者数を換算すると、全盛期の純粋な登録利用者数は2万名を超えた。
  5. ^ 2018年までは、パソコン通信を用いたADS シリアルセクションに対し、インターネットを用いた公式ウェブサイトを『ADS インターネットセクション』と称していた。
  6. ^ ゲストアカウントでの利用は継続。既に登録利用者であった者もゲストの扱いとなった。
  7. ^ 一部はPC-E500、PC-E550にも対応。
  8. ^ 原点であるRFネットワークスの創立年を継承している。
  9. ^ ADSの表記は旧称の名残。
  10. ^ 所在地は愛知県豊明市。
  11. ^ 5月1日は原付萌奈美の誕生日に設定されている。
  12. ^ 会員番号98。

出典[編集]

  1. ^ 連絡先”. ADS(ArionDigitalSupport). 2012年1月22日閲覧。
  2. ^ a b 株式会社レイアブリッジ発行 産業情報誌とよはしっ子 1994年11月号。
  3. ^ 株式会社中尾印刷発行 アルファの厳しいパソコン入門 佐野榮太郎著。
  4. ^ 愛知県立豊川工業高等学校発行 αノート 科学部長 佐野榮太郎(ペンネーム アルファ)著。
  5. ^ ウェブアーカイブ - Blu-ray Disc Meisterサイト”. シーズン別成績ページ 5th。. 2012年1月24日閲覧。
  6. ^ Twitpic 2011年12月26日の画像”. Blu-ray Disc Meisterサイト上の同一人物であると確認できる. 2012年1月24日閲覧。
  7. ^ 週刊アスキーPlus”. Blu-ray Disc Meister感謝祭の模様. 2013年10月2日閲覧。
  8. ^ Ameba.佐野榮太郎のブログ”. 麻倉怜士先生と佐野榮太郎の写真. 2013年10月2日閲覧。
  9. ^ a b c d e f g h ウェブアーカイブ - 巻頭特集「豊明在住の情報技術者・佐野榮太郎さん 世界を動かすITの力を地域のために」 - 地域情報誌ゆいまるくらぶ 2020年3月号 Vol.45”. 株式会社中広. 2020年2月26日閲覧。
  10. ^ 100年後に名を伝えたい世界のコンピュータ技術者100選(100 of 100) - MIT 学内誌 Journal of computer science 2007。
  11. ^ 補助防犯システム ASS01”. ADS(ArionDigitalSupport). 2012年1月22日閲覧。
  12. ^ facebook日向正樹”. 2013年9月28日閲覧。
  13. ^ a b コラム 非実在の実在”. 原付 ツーリングクラブ モナミ. 2020年12月28日閲覧。
  14. ^ facebook佐野榮太郎”. 2013年1月21日の投稿. 2020年11月22日閲覧。
  15. ^ 電波新聞社発行 BBS電話帳 1994年。
  16. ^ パソコン通信局 ADSシリアルセクション”. ホストコンピュータにアクセスすると、システム項目中のインフォメーションに、パソコン通信網 ARFに関する詳細が記述されている。. 2012年1月26日閲覧。
  17. ^ a b 育英コミュニケーションズ発行 通信エレクトロニクス 基礎と応用 1993年版. 2013年9月30日閲覧。
  18. ^ WebTV Networks Japan Inc.発行 富士通 WebTV テクニカル・ライブラリ 1998年 初版。
  19. ^ αノート, pp. 74-79.
  20. ^ αノート, pp. 1-9.
  21. ^ αノート, pp. 85-86.
  22. ^ αノート, pp. 32-39.
  23. ^ αノート, pp. 67-68.
  24. ^ αノート, pp. 51-52.
  25. ^ αノート, pp. 80-81.
  26. ^ 2019年5月8日のツイート”. ライブラリにユニークな名が付けられた理由について確認できる. 2021年4月9日閲覧。
  27. ^ 総合情報通信技術研究機関 ADS”. 2020年2月27日閲覧。
  28. ^ Trybest・事業理念”. 総合情報通信技術研究機関 ADS. 2020年2月27日閲覧。
  29. ^ 名古屋電算技術室”. 総合情報通信技術研究機関 ADS. 2020年2月27日閲覧。
  30. ^ 佐野榮太郎 - Eight”. 担当部署が確認できる. 2020年2月27日閲覧。
  31. ^ 原付 ツーリングクラブ モナミ”. 2020年2月27日閲覧。
  32. ^ 2016年10月6日のツイート”. 国家公安委員会と連絡を交わしている事実が確認できる. 2020年2月27日閲覧。
  33. ^ 交通事故撲滅に協力 - 原付 ツーリングクラブ モナミ”. エフエム愛知から感謝状を受け取った事実が確認できる。. 2020年2月27日閲覧。
  34. ^ a b ウェブアーカイブ - ネタ見せ~ぇ!人気キャラクターに学べ!ご当地キャラクイズ(GYAO!)”. テレビ愛知. 2020年6月8日閲覧。
  35. ^ 合同会社コントロールプロダクション 所属声優 桐山智花”. 声優項に原付萌奈美の名があり、桐山が当該キャラクターの専属声優であると確認できる。. 2018年2月5日閲覧。
  36. ^ 桐山智花「原付萌奈美」キャラクターボイスを担当”. 合同会社コントロールプロダクション. 2018年2月5日閲覧。
  37. ^ a b 沿革”. 原付 ツーリングクラブ モナミ. 2020年11月12日閲覧。
  38. ^ 原付萌奈美ぷろじぇくと”. 原付 ツーリングクラブ モナミ. 2020年2月27日閲覧。
  39. ^ 100MileClub”. 2020年2月28日閲覧。
  40. ^ ウェブアーカイブ - お知らせ”. オフィシャル・ソニーショップ イソムラムセン. 2021年2月28日閲覧。
  41. ^ 木尾知恵流ぷろじぇくと”. ツーリングクラブ チェルキオ. 2020年2月28日閲覧。
  42. ^ 白金心ぷろじぇくと”. 貴金属(宝石)商 Koko Products. 2021年10月26日閲覧。
  43. ^ 原付萌奈美”. 萌えキャラ学会. 2017年12月5日閲覧。
  44. ^ 原付萌奈美ちゃんの交通安全のお守り(本物!!)をいただきました♡”. 桐山智花 公式Twitter. 2020年11月12日閲覧。
  45. ^ Twitter.原付萌奈美【公式】”. ご当地萌えキャラまつりに先立つ投稿の中で、記念切手の発行に関する記述が確認できる。. 2018年4月9日閲覧。
  46. ^ monami_gentsuki. “ウェブアーカイブ - 原付萌奈美 生誕一周年記念切手”. Yahoo! ブログ. 2018年4月9日閲覧。
  47. ^ 連絡先”. ADS(ArionDigitalSupport). 2012年1月22日閲覧。からリンクがあり、「alpha_arion」が佐野本人であると確認できる。
  48. ^ alpha_arion. “ウェブアーカイブ - 記憶喪失(健忘症)について”. Yahoo! ブログ. 2012年1月22日閲覧。 - 連絡先”. ADS(ArionDigitalSupport). 2012年1月22日閲覧。からリンクがあり、「My Favorite」が佐野と夫人の共有ブログであると確認できる。

外部リンク[編集]