みかか

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
JISキーボードにおいて、「N」のキーは「み」に、「T」のキーは「か」に対応する。

みかかとは、日本パソコン通信スラングNTT日本電信電話)を指す言葉である。

概説[編集]

JISキーボードにおいて、かな入力モードで「N」「T」「T」とタイプすると「み」「か」「か」と入力される事に由来する[1]。転じて電話料金を意味することもあった。パソコン通信のユーザーは、初期のインターネット接続の主要なユーザーでもあり、そのままインターネットスラングにもなった[2]

パソコン通信サービスが始まった1980年代から、インターネットが一般化した1990年代において、一般ユーザーのパソコン通信やインターネットへの接続手段はダイヤルアップ接続[3]に限られていた。また、当時パソコン通信のアクセスラインはNTTの独占であり、いわゆる競合他社が事実上存在しなかったことで、諸外国と比較しても高額な通信料を支払う必要があった。

そのため、長時間の接続を行うネットユーザー[4]にとって、NTTからの料金請求は恐怖の代名詞であり、NTTから郵送される請求書を「みかかからのラブレター」と形容したり[1]、「今月は繋ぎ過ぎでみかかが怖い」などといった表現が多く用いられていた。

その後、1995年(平成7年)に「テレホーダイ」が誕生し、2000年頃から一般向けの高速・定額制の接続サービスが普及したことで、みかかが電話料金を指して使われることは殆ど無くなったが、2010年代以降も、2ちゃんねるの一部のスレッドでは、単にNTTやNTT系列の企業を指す言葉として使われる事があるほか、NTT東日本の子会社であるNTTスポーツコミュニティ株式会社が運営するプロサッカークラブである「大宮アルディージャ」を指すスラングにもなっている。

同様に、パソコン通信全盛期に日本国内におけるパソコンの実質上の標準機PC-9800シリーズを販売していた日本電気に対しては、「みいそ(NEC)」という隠語が用いられていた[5][6][7][8]

この様に元々はインターネットユーザーの間で生まれた言葉ではあるが、現在ではNTTが主に「ニコニコ超会議」などのイベントで「みかか」を公式で使用する場合がある[9][10]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈

出典

  1. ^ a b omimi『パソコン通信「暗黙のご了解」事典 Vol.1 独特の雰囲気にめげない125の知恵』メディア・テック出版、1997年、p.175
  2. ^ 松浦晋也「パーソナルコンピューティングの30年 1985年」『日経パソコン』2012年8月13日号、p.77
  3. ^ 低速かつ従量課金制のアナログ電話回線による接続。
  4. ^ ネット依存者とも。
  5. ^ @NEC_ad (2016年2月7日). "「みいそ」って何?" (ツイート). Retrieved 2019年4月13日 – via Twitter.
  6. ^ みいそ”. ネット用語の辞典サイト「ネット王子」. 2017年7月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月13日閲覧。
  7. ^ みいそ”. 通信用語の基礎知識. 2019年4月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月13日閲覧。
  8. ^ みいそ”. 隠語・誘導語データベース (2012年10月14日). 2019年4月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月13日閲覧。
  9. ^ NTT R&Dチャンネル@nttrdchのツイート(2017年4月20日作成)”. 2019年4月28日閲覧。
  10. ^ 「ニコニコ超会議2019」に「日本電信電話ミカカランド・NTT超未来研究所6」を出展”. 日本電信電話株式会社(2019年4月17日作成). 2019年4月28日閲覧。

関連項目[編集]