九条一馬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
くじょう かずま
九条 一馬
生誕 日本の旗 日本
職業 グランゼーラ
ゲームプロデューサー

九条 一馬(くじょう かずま)は、日本のゲームクリエイター大阪府出身。

略歴[編集]

甲南大学卒業。アイレム(現アピエス。ここでは旧アイレムと記述する)に入社後、同社で開発するアーケードゲームの制作に携わる。その後、旧アイレムのゲーム事業撤退を受け、旧アイレムのメンバーも集ったナスカに合流しメタルスラッグを開発。開発後はフリーランスで活動。

旧アイレムのゲーム事業を受け継いだアイレムソフトウェアエンジニアリングに入社後、ゲームタイトルのプロデューサーおよびデザイナーを務める。

開発に携わった『絶体絶命都市4 -Summer Memories-』や『ポンコツ浪漫大活劇バンピートロット2』の発売中止決定後の2011年5月、アイレムソフトウェアエンジニアリングを退社し、株式会社グランゼーラの創立メンバーとして参加する。会社名であるグランゼーラの名の由来は、『R-TYPE TACTICS II -Operation BITTER CHOCOLATE-』のグランゼーラ革命軍から用いている。

グランゼーラ創立以後は、PlayStation homeにおける、自社製品の開発プロデューサーとして活動している。

人物[編集]

携わった作品[編集]

関連資料[編集]

外部リンク[編集]