グリチルリチン酸ジカリウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
グリチルリチン酸ジカリウム
識別情報
CAS登録番号 68797-35-3
EINECS 272-296-1
特性
化学式 C42H60K2O16
モル質量 899.1128 g/mol
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

グリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチンさんジカリウム、dipotassium glycyrrhizate)は、グリチルリチン酸カリウムグリチルリチン酸二カリウムグリチルリチン酸2Kグリチルリチン酸K2グリチノンK2とも。CASは68797-35-3。

化学式はC42H60K2O16分子量は899.1128。

性質[編集]

白色粉末によく溶ける。

グリチルリチン酸に起因する特徴的な甘みがある。

利用[編集]

漢方薬カンゾウに含まれる。

医薬品としては慢性肝炎、抗アレルギー薬、風邪薬などに使われ、それ以外では化粧品石鹸シャンプー育毛剤などに配合される。

醤油漬物水産加工食品などに甘味料として使われる。

作用[編集]

抗炎症作用がある。

副作用[編集]

摂取量が1日量40 mgを超えた場合、偽アルドステロン症を発症する可能性[要出典]がある。

備考[編集]

花王が発売しているメリットシリーズは、フケやかゆみを防ぐ目的で、1970年の発売開始以来ジンクピリチオンを配合していたが、2006年からはグリチルリチン酸ジカリウムに変更されている。

関連項目[編集]