マックスバリュ南東北

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
イオングループ > マックスバリュ > マックスバリュ南東北
マックスバリュ南東北 株式会社
MaxValu Minamitohoku Co.,Ltd.
MaxValu.JPG
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 MV南東北
本社所在地 980-0021
宮城県仙台市青葉区中央3-3-3
設立 2010年2月21日
業種 小売業
事業内容 スーパーマーケット事業
代表者 代表取締役社長 山田寛人
資本金 1億円
従業員数 1,940名
決算期 2月20日
主要株主 イオン 100%
外部リンク http://www.mv-minamitohoku.co.jp/
テンプレートを表示

マックスバリュ南東北株式会社(マックスバリュみなみとうほく)は宮城県福島県ザ・ビッグを展開するイオングループスーパーマーケットである。本社は宮城県仙台市青葉区

概要[編集]

イオンリテール総合スーパー事業に特化するのに伴い、宮城県福島県マックスバリュとザ・ビッグを運営するために設立された地域子会社である。本社は仙台市青葉区にあるイオンリテール東北カンパニーと同じビルに入居している。

特に宮城県内においては、東北地方や宮城県を地場とするヨークベニマルヤマザワみやぎ生協ウジエスーパーなどのスーパーマーケットとの競争を強いられており、分社化されたことにより地域密着型の営業を展開できるようになった。

マックスバリュ南東北設立後は、スーパーマーケット事業のマックスバリュからディスカウント業態のザ・ビッグへの業態転換を進めており、福島県内の店舗はすべてザ・ビッグになった。また、東日本大震災の津波により被災したイオンタウン塩釜ショッピングセンター内のマックスバリュ塩釜店はイオン近隣店舗と差別化を図るために営業再開と同時に6月25日にザ・ビッグへ業態転換しリニューアルオープンした。2015年7月に最後までマックスバリュとして営業していた矢本店がザ・ビッグに業態転換したことで、当社が運営する店舗がすべてザ・ビッグに統一された。マックスバリュ運営会社において営業中の店舗がすべてザ・ビッグに統一したのはマックスバリュ長野に次いで2社目となった。

なお、ショッピングセンター全体の運営についてはイオンタウン名取ショッピングセンターのみが当社へ移管され、イオン仙台泉大沢ショッピングセンター、イオンタウン郡山、イオンタウン塩釜ショッピングセンターは引き続きイオンリテールが運営を行っていたが、2011年11月21日にNSC(近隣型ショッピングセンター)のブランド名を「イオンタウン」に統一(イオンタウン名取ショッピングセンターはイオンタウン名取に、イオン仙台泉大沢ショッピングセンターはイオンタウン仙台泉大沢に、イオンタウン塩釜ショッピングセンターはイオンタウン塩釜にそれぞれ改称)され、同時に当社並びにイオンリテールが運営していたショッピングセンターの運営をイオンタウン株式会社へ移管された。

沿革[編集]

  • 1997年平成9年)7月5日 - ロックタウン鹿島台(現・イオンタウン鹿島台)の核店舗として「マックスバリュー鹿島台店」(後のマックスバリュ鹿島台店)がオープン。
  • 1998年(平成10年)
    • 11月12日 - イオンタウン柴田ショッピングセンター(現・イオンタウン柴田)の核店舗として「マックスバリュ柴田店」がオープン。
    • 12月2日 - イオンタウン那須ショッピングセンター(現・イオンタウン那須)の核店舗として「マックスバリュー那須店」(後のマックスバリュ那須店)がオープン。
    • 12月3日 - イオンタウン郡山の核店舗として「マックスバリュ郡山店」がオープン。
  • 1999年(平成11年)3月20日 - ロックタウン古川(現・イオンタウン古川)の核店舗として「マックスバリュ古川店」がオープン。
  • 2003年(平成15年)
    • 3月11日 - 旧築館サティの施設を引継ぎ「マックスバリュ築館店」がオープン。
    • 4月25日 - ロックタウン矢本(現・イオンタウン矢本)の核店舗として「マックスバリュ矢本店」がオープン。
  • 2004年(平成16年)
    • 4月27日 - 「マックスバリュ仙台郡山店」がオープン(2011年11月21日よりイオンタウン仙台郡山の核店舗となる)。
    • 10月16日 - 「マックスバリュ多賀城鶴ヶ谷店」がオープン。
  • 2005年(平成17年)
    • 8月27日 - 「マックスバリュ福島大森店」がオープン。
    • 10月27日 - ロックタウン須賀川(現・イオンタウン須賀川)の核店舗として「マックスバリュ須賀川店」がオープン。
  • 2006年(平成18年)4月21日 - 「マックスバリュ仙台八乙女店」がオープン(2011年11月21日よりイオンタウン仙台八乙女の核店舗となる)。
  • 2007年(平成19年)
    • 5月25日 - イオンタウン塩釜ショッピングセンター(現・イオンタウン塩釜)の核店舗として「マックスバリュ塩釜店」がオープン。
    • 8月28日 - イオンタウン名取ショッピングセンター(現・イオンタウン名取)の核店舗として「マックスバリュ名取店」がオープン。
  • 2008年(平成20年)
  • 2009年(平成21年)
    • 9月18日 - イオンリテールマックスバリュ事業本部東北営業部が北東北営業部と南東北営業部に分割再編される。
    • 12月12日 - マックスバリュ郡山店が業態転換し「ザ・ビッグ郡山店」としてリニューアルオープン。
  • 2010年(平成22年)
    • 2月21日 - マックスバリュ南東北が設立。
    • 4月24日 - マックスバリュ須賀川店が業態転換し「ザ・ビッグ須賀川店」としてリニューアルオープン。
    • 9月4日 - マックスバリュ柴田店が業態転換し「ザ・ビッグ柴田店」としてリニューアルオープン。
  • 2011年(平成23年)
    • 2月24日 - マックスバリュ福島大森店が業態転換し「ザ・ビッグ福島大森店」としてリニューアルオープン。
    • 6月25日 - 東日本大震災以降休業していたマックスバリュ塩釜店が業態転換し「ザ・ビッグ塩釜店」としてリニューアルオープン。
    • 7月23日 - マックスバリュ鹿島台店、マックスバリュ古川店が業態転換し「ザ・ビッグ鹿島台店」、「ザ・ビッグ古川店」として2店舗同時にリニューアルオープン。
    • 9月3日 - マックスバリュ泉大沢店が業態転換し「ザ・ビッグ泉大沢店」としてリニューアルオープン。
    • 9月16日 - マックスバリュ仙台郡山店が業態転換し「ザ・ビッグ仙台郡山店」としてリニューアルオープン。
    • 10月16日 - マックスバリュ那須店が閉店。これにより栃木県からマックスバリュが撤退。
    • 10月28日 - マックスバリュ多賀城鶴ヶ谷店が業態転換し「ザ・ビッグ多賀城鶴ヶ谷店」としてリニューアルオープン。
    • 11月21日 - イオンタウン名取ショッピングセンターがイオンタウン名取に名称変更し、SCの運営をイオンタウン株式会社へ移管。
  • 2012年(平成24年)
    • 3月24日 - マックスバリュ金成店が業態転換し「ザ・ビッグ金成店」としてリニューアルオープン。
    • 4月21日 - マックスバリュ仙台八乙女店が業態展開し「ザ・ビッグ仙台八乙女店」としてリニューアルオープン。
    • 10月27日 - 「ザ・ビッグ鎌田店」がオープン。当社が運営する「ザ・ビッグ」では初の新規店舗となる。
  • 2013年(平成25年)
    • 3月2日 - 当社が運営する店舗では初となる都市型小型店舗業態である「ザ・ビッグエクスプレス将監店」がオープン。
    • 5月25日 - 「ザ・ビッグ石巻鹿又店」がオープン。
    • 9月20日 - 「ザ・ビッグエクスプレス仙台駅東店」がオープン。
  • 2014年(平成26年)
    • 3月8日 - 「ザ・ビッグ本宮店」をオープン。
    • 6月14日 - マックスバリュ名取店が業態転換し「ザ・ビッグ名取店」としてリニューアルオープン。
    • 9月9日 -マックスバリュ仙台南光台店が業態転換し「ザ・ビッグ仙台南光台店」としてリニューアルオープン。
  • 2015年(平成27年)
    • 3月7日 - 「ザ・ビッグ喜久田店」をオープン[1]
    • 7月11日 - マックスバリュ矢本店が業態転換し「ザ・ビッグ矢本店」としてリニューアルオープン。これにより、当社の運営店舗が「ザ・ビッグ」・「ザ・ビッグエクスプレス」のみとなる[2]
  • 2016年(平成28年)
    • 3月3日 - 「ザ・ビッグエクスプレス陸前高砂駅前店」をオープン[3]

店舗ブランド[編集]

ザ・ビッグ
元々はマックスバリュ西日本の独自業態として展開していたが、2008年以降、他のマックスバリュ運営会社を中心に全国展開になりつつあるディスカウントストア業態。当社は宮城県と福島県に19店舗を展開しており、鎌田店、本宮店、喜久田店と「スーパーセンター ステップ1」跡に居抜き出店によって新規開業した石巻鹿又店を除く全店舗が「マックスバリュ」から業態転換した店舗である。なお、「ザ・ビッグ」に関しては運営エリアが明確に分けられていることもあり、マックスバリュ東北とのエリア重複はない。
ザ・ビッグエクスプレス
都市型の小商圏を対象に、品ぞろえをさらに絞り込んだ「ザ・ビッグ」の小型店舗業態。当社が展開する店舗はすべて新規開業した店舗で、将監店は「将監ふれあい市場」跡に居抜き出店によって開業した店舗である。なお、同業態はこれまで北海道・中部・九州・沖縄地区に出店していたが、将監店のオープンにより東北地区へ進出したことになる。

マックスバリュ南東北設立以前に閉店した店舗[編集]

マックスバリュ[編集]

宮城県
  • 栗原市:築館店 - 築館サティ跡地に出店。建物は解体済み。解体後の跡地にはケーズデンキが2010年11月3日にオープンした。
  • 石巻市:河北店 - イオンタウン河北の核店舗。マックスバリュ撤退後はウジエスーパーが移転し、「イオンタウン河北」も「河北アゼリアプラザ」に改称された。
  • 遠田郡:小牛田店 - 閉店後、跡地に「ビッグハウス」が出店。

マックスバリュ南東北設立後に閉店した店舗[編集]

マックスバリュ[編集]

栃木県

注釈[編集]

  1. ^ 3月7日(土)あさ8時「ザ・ビッグ喜久田店」オープン! (PDF) - マックスバリュ南東北株式会社 ニュースリリース 2015年3月4日(2015年7月22日閲覧)
  2. ^ ザ・ビッグ矢本店開店のお知らせ (PDF) - マックスバリュ南東北株式会社 ニュースリリース 2015年7月5日(2015年7月22日閲覧)
  3. ^ ザ・ビッグエクスプレス陸前高砂駅前店開店のお知らせ (PDF) - マックスバリュ南東北株式会社 ニュースリリース 2016年2月29日(2016年3月13日閲覧)

外部リンク[編集]