ザ・ビッグプロレスリング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ザ・ビッグプロレスリング
ジャンル プロレスゲーム
対応機種 アーケード
開発元 テクノスジャパン
発売元 データイースト
人数 1 - 2人(交互プレイ)
メディア 業務用基板
(152.06キロバイト
稼働時期 日本 1983121983年12月
アメリカ合衆国 1984011984年1月
デバイス 8方向レバー
2ボタン
CPU MOS 6502 (@ 1.5 MHz)
サウンド MOS 6502 (@ 975 kHz)
AY-3-8910A (@ 1.5 MHz)×2
DAC
ディスプレイ ラスタースキャン
縦モニター
256×240ピクセル
57.00Hz
パレット32色
テンプレートを表示

ザ・ビッグプロレスリング』 (THE BIG PRO WRESTLING!) は、テクノスジャパンが開発し、1983年12月よりデータイーストからアーケードにて稼働されたプロレスゲーム

日本国外では『Tag Team Wrestling』(タッグ・チーム・レスリング)のタイトルで稼働された。

その後、1986年4月2日にナムコ(後のバンダイナムコエンターテインメント)からファミリーコンピュータ用ゲームソフト『タッグチームプロレスリング』として移植発売された。

概要[編集]

本作は世界初のプロレスを題材としたコンピュータゲームである[1]

本作は制作にあたって新日本プロレス全日本プロレス両社から承認を受けている[2]

ゲーム開始時にはレスラーの入場シーンがあり、アントニオ猪木の入場テーマ曲である「炎のファイター」(1977年)が使用されている。また、試合開始前にはリングアナウンサーによる選手紹介が行われるが、音声はない。

その他、体力ゲージが消耗すると動きが遅くなることや、場外乱闘の存在、また場外乱闘時にランダムで乱入レスラーが現れるなどプロレスの細かいギミックを再現している。

ゲーム内容[編集]

システム[編集]

キャラクターは、1P側が「ジェミニブラザーズ」のサニーとテリー、CP側がブラッディ・マスクとマッド・ブル・ジャイアントとなっており、タッグマッチとなっている。

敵と組み合うと画面に技の選択肢が表示されるので、ボタンの早押しで技を決定。ボタンを押した回数が多いほど大技を繰り出すことができるが、時間がかかりすぎると逆に相手に反撃される。ただしマッド・ブル・ジャイアントは特定の技以上の強い技はかけることができず反撃を食らう。キャラクター個人特有の必殺技はない。

場外乱闘ではたまにCP側のセコンドが乱入して攻撃を喰らうこともある。

[編集]

場内[編集]

ヘッドロック
キック
ウエスタン・ジャブ
チョップ
ドロップ・キック
ボディ・スラム
エンズイギリ
パイルドライバー
ウエスタン・ラリアット
ブレーン・バスター
ジャーマン・スープレックス
コブラ・ツイスト

場外[編集]

ナックル・パート
カラタケワリ
鉄柱コーゲキ

他機種版[編集]

No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 型式 売上本数
1 日本 タッグチームプロレスリング
アメリカ合衆国 Tag Team Wrestling

日本 198604021986年4月2日
アメリカ合衆国 1986101986年10月
ファミリーコンピュータ データイースト
酒田SAS
日本 ナムコ
アメリカ合衆国 データイースト
320キロビットロムカセット[3] 日本 13 NPW-4900
-
2 Tag Team Wrestling
アメリカ合衆国 1986年
ヨーロッパ 1986年
Apple II
コモドール64
PC booter
Quicksilver Software U.S. Gold フロッピーディスク - -

ファミリーコンピュータ版[編集]

概要[編集]

「ナムコット ファミリーコンピュータゲームシリーズ」第13弾。プロレスを題材にした斜め見下ろし型のアクションゲームとして発売された。

ゲーム内容は2種類あり、プレイヤーは「リッキーファイターズ (RICKY FIGHTERS)」 となって、「ストロングバッズ (STRONG BADS)」とプロレスのタッグ戦をおこない、勝利してステージを進行していく通常プレイと、2プレイヤーとの対戦プレイがある。

試合のルールは時間制限あり[4]の1本勝負で、フォール3カウント、場外20カウント、ギブアップ、時間切れのいずれかで勝負が決まる。ドロップキックやネックハンギングなどの多彩な技があるが、かけ方は共通で、Aボタンのパンチを相手に当てると相手を制御状態に置くことができ、その状態で3秒以内にBボタンで技の種類を選択し、再度Aボタンでその技が発動する。3秒以内にAボタンを押さないと制御状態が解除される。これは場外においても共通である。各キャラクターにはサソリ固めブレーンバスターなど、固有の必殺技もある。

技は大別して打撃系と持続系の2種類があり、持続系の技はその技がかかっている間、継続的に体力を奪っていく。体力ゼロの状態でなお持続系の技がかかっているとギブアップとなる。また、左右のロープ近くで技が決まると場外乱闘となる。鉄柱攻撃やゴングによる凶器攻撃など、反則技も用意されている。

「イテー!」「ギブアップ!」といった擬声音の演出がある。

ゲーム内容[編集]

システム
  1. 相手に攻撃を当てる(Aボタン)とヒットマークが出て硬直する。
  2. 画面上でカウントダウンが始まるので、この時間内にBボタンを押して技を選択する。
  3. 技を選択したら再度Aボタンで決定すると技が発動する。
  • 1Pプレイではタッグマッチが計35回戦ある。3回勝利で日本チャンピオン、8回勝利で欧州チャンピオン、15回勝利でアメリカチャンピオン、25回勝利で世界チャンピオン、35回勝利でスーパーチャンピオンとなる。各チャンピオン戦でのリングのグラフィックは、星がプリントされたものに変更される。
勝敗の条件
  • 相手の体力が数ドット以下の状態でフォールし3カウント、または特定の固め(バックブリーカー・ネックハンギング、サソリ固め)をかけ、ギブアップを奪う。
  • リング外でのリングアウト。
※両者リングアウトもゲームオーバー。
※相手の体力を0にしても簡単に勝てるとは限らない。体力はプレイヤーキャラを交代させ休ませることにより、ある程度回復する。
  • 時間切れでの引き分けはゲームオーバーとなる。

登場キャラクター[編集]

1P側「リッキーファイターズ」
  • リッキー
日本マット界の王者。固有の必殺技はサソリ固め。
  • ウルトラマシーン
謎の覆面レスラー。固有の必殺技はブレーンバスター。
2P・CP側「ストロングバッズ」
  • マスクロス
メキシコの星と呼ばれる赤い覆面をかぶったレスラー。固有の必殺技は延髄斬り
  • ウォーリー
悪の重戦車と恐れられるレスラー。固有の必殺技はウェスタン・ラリアート

備考[編集]

  • 当時、ゲームソフトに同梱されたアンケートはがきに応募して抽選で600名限定にゲームソフト『タッグチームプロレスリングスペシャル』が配布されるキャンペーンが行われた。通常版との違いはパッケージのジャケットとゲーム中の音楽、技のかけ方が違っていることである。
  • 2P側コントローラのマイク機能を活用できる。2P側のA・Bボタンを押しながら、マイクに向かって叫ぶと、味方がハリセンを持って登場し、相手のフォールを妨害する。

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体 結果
ファミリーコンピュータMagazine 17.11/30点 (FC)[3]
ASM 8.6/12点 (C64)[5]
アーケード版

1998年にそれまで発売されていたアーケードゲーム全てを対象に行われた『ゲーメスト』読者の人気投票によるゲーメストムック『ザ・ベストゲーム2』では、「普通ならシングル戦のゲームを作りそうだが、『タッグ』をゲームシステムにしたおかげで、より深みのあるゲームになっている」、「組んだらボタン連打で技を選択・決定するだけ。今では信じられないほどわかりやすい」と紹介されている[6]

ファミリーコンピュータ版

ゲーム誌『ファミリーコンピュータMagazine』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、17.11点(満30点)となっている[3]。また、同雑誌1991年5月10日号特別付録の「ファミコンロムカセット オールカタログ」では、「いわゆるプロレスゲームとしては最初の作品」、「当時としてはウル技などもあって、プロレスファンに喜ばれた」と紹介されている[3]

項目 キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合
得点 2.99 2.57 2.65 3.11 2.73 3.06 17.11

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 馬波レイ、大地将 「場外乱闘2 家庭用機以外のプロレスゲーム」『プロレススーパーゲーム列伝』 ソニー・マガジンズ2001年10月30日、106頁。ISBN 9784789717601
  2. ^ クレジット投入直後のネームエントリー画面にて明記されている。
  3. ^ a b c d 「5月10日号特別付録 ファミコンロムカセット オールカタログ」、『ファミリーコンピュータMagazine』第7巻第9号、徳間書店1991年5月10日、 254頁。
  4. ^ 詳細な試合時間は不明だが試合終了直前になると3分前から残り時間が表示される。
  5. ^ Tag Team Wrestling for Commodore 64 (1986) - Moby Games”. Blue Flame Labs. 2017年3月26日閲覧。
  6. ^ 「ザ・ベストゲーム」、『GAMEST MOOK Vol.112 ザ・ベストゲーム2 アーケードビデオゲーム26年の歴史』第5巻第4号、新声社、1998年1月17日、 130頁、 ISBN 9784881994290

関連項目[編集]

外部リンク[編集]