週刊少年ジャンプの増刊号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジャンプヒーローズから転送)
Jump to navigation Jump to search

週刊少年ジャンプの増刊号(しゅうかんしょうねんじゃんぷのぞうかんごう)では集英社の少年向け漫画雑誌『週刊少年ジャンプ』(以下『WJ』または本誌)およびその前身である『少年ジャンプ』の増刊号について述べる。

概要[編集]

WJ増刊号のほとんどは週刊少年ジャンプ編集部による紙の漫画雑誌である[注 1]。WJ編集部は「新人育成の場」である本誌に対して、増刊号を「新人発掘の場」と位置づけ、新人の読切作品を多く掲載している[1]。『WJ』と同じく読者アンケートが大きな意味を持ち、アンケート上位の作品はしばしば本誌に連載・掲載される[2][3][4]。『WJ』に比べ若干値段が張っていることが多い。

増刊を創刊する時は、最初に看板作家を決め、その作家を軸に雑誌のカラーが決められる[5]。定期増刊号(現『少年ジャンプNEXT!!』)は本誌創刊の翌年に創刊された。その他にも『WJ』は単発・年刊・不定期刊の増刊号を複数創刊している。『最強ジャンプ』『Vジャンプ』『スーパージャンプ』はWJ増刊号から始まり、後に独立した。また、『ジャンプSQ.(SQ.)』の前身『月刊少年ジャンプ(MJ)』は『別冊少年ジャンプ』としてスタートした。

WJ増刊号の作品は主に単行本レーベルジャンプ・コミックス」に収録される。一部、ジャンプスーパーコミックス収録作品もある[注 2]。『ジャンプノベル』の小説はジャンプ ジェイ ブックスに収録された。『ジャンプLIVE(LIVE)』は一部作品を電子書籍限定で販売した[6]。ただし、作者が連載デビューしなかった読切作品は単行本に収録されないことが多く、掲載から時間が経つと入手が難しくなる。また、絶版マンガ図書館がWJ増刊号の読切作品を配信したことがある(『燃えるおにーさん』など[7])。

ジャンプGIGA[編集]

ジャンプGIGA
ジャンル 少年漫画雑誌
読者対象 少年
刊行頻度 季刊→年3刊→季刊→隔月刊→月刊
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
定価 500円[注 3]
出版社 集英社
編集部名 週刊少年ジャンプ編集部
発行人 瓶子吉久[注 3]
編集長 中野博之[注 3]
刊行期間 2016年7月 - 刊行中[注 3]
レーベル ジャンプコミックス
姉妹誌 週刊少年ジャンプ(本誌)
ウェブサイト ジャンプGIGA

ジャンプGIGA』(『GIGA』)は、集英社が発行する日本月刊漫画雑誌。『週刊少年ジャンプ』の定期増刊号。

概要[編集]

1969年、『少年ジャンプ』(当時、月2回刊)の定期増刊号としてスタート。『少年ジャンプ』・『週刊少年ジャンプ〇〇Special(Special)』・『赤マルジャンプ(赤マル)』・『少年ジャンプNEXT!(NEXT!)』・『少年ジャンプNEXT!!(NEXT!!)』などの名称変更を経て、『ジャンプGIGA』に改名。現在の定価は500円[注 3]。通巻ナンバーのカウントは「vol.〇」。過去には『WJ』の通巻ナンバーにカウントされていたが、近年では別にカウントしている。2014 vol.5以降は『プラス』で本誌電子版を定期購読すると『NEXT!!』も無料で閲覧できる。『GIGA』は、創刊後しばらくは本誌電子版の定期購読特典に含まれていなかったが、2018 WINTER vol.1以降は定期購読特典に含まれるようになった。

新人作家の読切を中心に様々な漫画作品を掲載している。1969年の創刊以来、数々の『WJ』作品を輩出し続けている。

かつてはほぼ必ず、表紙は『WJ』連載作品、カラーページは連載経験者による読切作品が担当した。『NEXT!!』リニューアル後、表紙は裏表からなるW表紙となり、表紙・カラーページの担当作品は柔軟に決められるようになる。

巻頭付近にアンケート用葉書が付いており、切手を貼らなくても郵送できる。ギャグ漫画の読者アンケートは低い傾向にあるという[2]。読切作品の一部でアンケートを基準にした企画を行うことがあり、2015 vol.1からは新人による読切作品を対象にNEXT!!1GP(ネクストワングランプリ)を開催していた。また、読切を掲載している新人作家にファンレターを送ると各作品につき1名にサイン色紙が贈られていた。

沿革[編集]

  • 1969年 - 『少年ジャンプ』(1968年創刊、月2回刊)の間を埋めるために定期増刊号を発行
  • 10月 - 本誌が『週刊少年ジャンプ』として週刊化。それに伴い定期増刊号が季刊化する。タイトルロゴは『少年ジャンプ』のまま
  • 1980年代中頃 - 定期増刊号を『週刊少年ジャンプSpring (Summer, Autumn, Winter) Special』に改名
  • 1996年末 - 『赤マルジャンプ』に名称統一。『WJ』合併号に合わせゴールデンウィークお盆年末年始の年3刊になる。
  • 2010年4月 - 『少年ジャンプNEXT!』に改名[8]。新名称は一般公募された[9]
  • 2012年 - 秋にも発行し季刊(年4刊)化[10]
    • 8月 - 電子版販売開始[11]
  • 2014年3月 - 隔月刊(年6刊)化し、『少年ジャンプNEXT!!』(!が一つ増えた)に改名[12]。この頃から複数の作品を連載するようになる。
  • 2016年7月 - 不定期刊化し、『ジャンプGIGA』に改名[13]。不定期に3~4か月連続の刊行をするようになる。

掲載内容[編集]

読切作品
新人・連載経験者らによる漫画作品。手塚賞赤塚賞JUMPトレジャー新人漫画賞(入選・準入選・グランドトレジャー賞)・月間ルーキー賞(シルバールーキー賞)・Gカップなどの受賞・優秀作品を掲載することもある。
掲載作品の大半を占める。数多くの読切作品が『WJ』連載に昇格している。作者が連載デビューした作品を除き単行本に収録されることは少ない。
ジャンプ ジェイ ブックス小説作品のコミカライズが掲載されたこともある[注 4]
連載作品
1990年代前半と2014年以降、『WJ』作品続編やオリジナル作品を連載している。『GIGA』における連載は、本誌における連載の手前の場とされている[14]。『GIGA』における連載作品は単行本化される場合もある。
番外編・特別編
『WJ』作品の4コマ漫画・ショートストーリーなど。袋とじにしていることもある。
『NEXT!!』リニューアルまでは、主に番外編を掲載する作品が表紙も担当した。
完結編
『WJ』打ち切り作品の最終回。比較的長く連載した作品が多い。複数号に渡り掲載することもある。
その他
付録やポスターなど。デジタル版では収録しないものもあるが、『少年ジャンプ+』・「ジャンプBOOKストア!」限定の購入特典がつくこともある[15]

メディアミックス[編集]

一部の連載作品はメディアミックスされている。また、読切作品も本誌連載に昇格すれば様々なメディアミックスが行われることがある。特殊な例として、『ホイッスル!』はテレビアニメ放送中に『赤マル』で完結編を掲載した。また、『武装錬金』は『赤マル』で完結編掲載後にテレビアニメ化された。

主なメディアミックス
原作 媒体 タイトル 発売時期 備考
BASTARD!! -暗黒の破壊神- 小説 魍魎達の鎮魂歌
悪魔の褥に横たわりて
1993年3月
1993年8月
小説:岸間信明
Jブックス集英社)より
OVA (無印) 1992年 - 1993年
ドラマCD 外伝 四天王邂逅篇 巻之一
外伝 四天王邂逅篇 巻之二
1991年12月
1992年3月
『集英社カセット コミックシリーズ』より
ゲーム (無印) 1994年1月 SFC任天堂
SOUL CATCHER(S) 小説 -interlude-
-interlude- act2
2014年11月
2015年6月
小説:成上真。Jブックスより
黒子のバスケ
EXTRA GAME
TVアニメ (無印) 2015年1月 - 6月 3期
ゲーム 未来へのキズナ 2015年3月 3DS(任天堂)
小説 -Replace VI- 2015年9月 小説:平林佐和子。Jブックスより

作品一覧[編集]

  • 開始・終了については雑誌の発行年月を「.」で区切って示す。例:2014 vol.2 (2014年5月発行) → 2014.05
2018年5月25日現在連載中。
連載作品
作品名 作者(作画) 原作など 開始号 終了号 備考
0.5 Z Z『Special』 Z 1990 1996年. Z
01 はすたあとあんこくのはかいしんBASTARD!! -暗黒の破壊神- おきわらかすし萩原一至 1990年 1996年 本誌からの移籍
本誌に移籍(出戻り)
1.5 Z Z『NEXT!!』 Z 2014 Z Z
02 へるせはふべるぜバブ 番外編 たむらこうへい田村隆平 2014.05 2015.03 「べるぜバブ」の続編
03 いそへいそへいものかたり磯部磯兵衛物語〜浮世はつらいよ〜 番外編 なかまりよう仲間りょう 2014.05 2014.10 本誌と並行連載
04 まものかんていしはひろ魔物鑑定士バビロ にしよしゆき西義之 2014.07 2014.12
05 そうるきやつちやあすSOUL CATCHER(S) しんかいひてお神海英雄 2014.08 2015.05 本誌からの移籍
→『』に移籍
06 くろこのはすけえくすとらけえむ黒子のバスケ EXTRA GAME ふしまきたたとし藤巻忠俊 2014.12 2016.03 黒子のバスケ」の続編
6.5 Z Z『GIGA』 Z 2016 Z Z
07 あおのれつとうさつほろくかつ青の列島 札幌・九月 ひら けいひらけい(作画) つくた ゆうと 附田祐斗(原作) 2016.07 2016.09 短期集中連載
08 いんくのなみたインクの涙 ふたは はる双刃美 2016.07 2016.10
09 かいしゆうのふきしよくにん改獣の武器職人 たにさき しゆうへい谷崎修平 2016.07 2016.10 電子版JC発売
10 きなたしきぎなた式 みき ゆう三木有 2016.07 2016.10 JC発売
11 しにきわシニギワ ふくた けんたろう福田健太郎 2016.07 2016.10 JC発売
12 しやんへらしやんへいへんしゆうてんジャン寺ジャン平 編集伝 みやさき しゆうへい宮崎周平 2016.07 2016.10
13 せんとうのすすめセントウのススメ くろき ゆうしん黒木雄心 2016.07 2016.10
14 とうきようきこたんほう東京季語譚訪 しいはし ひろし椎橋寛 2016.07 2016.10 JC発売
15 はなさむらいのさはら花侍のサハラ しはた ゆうさく芝田優作 2016.07 2016.10 JC発売
16 ひいゆうていいこつきようみかくていりよういきさんこくそうさろくBUD "国境未確定領域三国捜査録" わかお かすひろ若尾和洋(作画) ほんポン(原作) 2016.07 2016.10 電子版JC発売
17 りんこRINGO てらさか けんと寺坂研人 2016.07 2016.10
18 ういしらんてほくのひいろおあかてみあいりいかるすヴィジランテ -僕のヒーローアカデミア ILLEGALS- へつてん こうと別天荒人(作画) ほりこし こうへい ほくのひいろおあかてみあ 堀越耕平僕のヒーローアカデミア(原作)
ふるはし ひてゆき 古橋秀之(脚本)
2016.09 2016.10 →『』に移籍
19 いちこひやくいちご100% EAST SIDE STORY かわしたみすき河下水希 2017.04 2017.07
20 えくそああつエクソアーツ やすはらひろかす安原宏和 2017.04 2017.07
21 ういしらんてほくのひいろおあかてみあいりいかるすヴィジランテ -僕のヒーローアカデミア ILLEGALS- へつてん こうと別天荒人(作画) ほりこし こうへい ほくのひいろおあかてみあ 堀越耕平僕のヒーローアカデミア(原作)
ふるはし ひてゆき 古橋秀之(脚本)
2017.04 2017.07 』からの出張版
22 こあくまけい小悪魔系大悪魔巳夜ちゃん あきやまたかし秋山貴志 2017.04 2017.07
23 しゆけむジュゲム!! もんりけい門里慧 2017.04 2017.07
24 とうきようとりつ東京都立呪術高等専門学校 あくたみけけ芥見下々 2017.04 2017.07 JC発売
25 ひくまのて火久摩の手 ほかみなつき帆上夏希 2017.04 2017.07 JC発売
26 ふりきらいおんブリキライオン みやしまきようへい宮島京平 2017.04 2017.07
27 もみしのきせつモミジの棋節 さとしようまさよし里庄真芳 たなかまこと田中誠(監修) 2017.04 2017.07 JC発売
28 るなていつくかあていあん月影の守護騎士 まえたりようへい前田良平 2017.04 2017.07
29 たおたおTAOTAO -タオタオ- なはふさい那波歩才 2017.05 2017.07
30 あしたはふろおかああしたば仲介業者 てんかんしんたろう天願慎太郎 2017.11 2018.01
31 きみをしんりやくキミを侵略せよ! いなおかかすさ稲岡和佐 2017.11 2018.01
32 きりのみやこの霧の都のK・K もうえたかまさ馬上鷹将 2017.11 2018.01
33 すいきゆうとんふらこ水球どんぶらこ まつうらけんと松浦健人 ことうとうこ後藤冬吾(原作) 2017.11 2018.01
34 てんくきとうたい天狗機動隊 -天狗山学園緋ノ七班- くまのかんたろう熊野栞太郎 2017.11 2018.01
35 はかすバカス!! わたしんし和田眞次 ほねかわすしえもん骨皮筋右衛門(原作) 2017.11 2018.01
36 もとやめくんと元八女君と十手の秘密 まつきゆう茉樹裕 2017.11 2018.01
37 いろんなようかいさんいろんな妖怪さん やまもとこうたい山本広大 2018.05 連載中
38 きついてつかうちくん気づいて!! 塚内くん! ふるやいつき古屋樹 2018.05 連載中
39 くろのしのひクロノシノビ さかのあさひ坂野旭 2018.05 連載中
40 ねおne0-ネオ- よたみすき依田瑞稀 ひらおともひて平尾友秀(原作) 2018.05 連載中
41 のらNORA つちたたいせい辻田大誠 2018.05 連載中
42 まひらかくる万閃が来る くとうあつひろ工藤あつひろ 2018.05 連載中
完結編
タイトル 掲載号 備考
『Special』
電影少女 1992 Winter
『赤マル』
みどりのマキバオー 1998 Spring 2007年より続編連載中
ライジングインパクト 2002 Spring
ホイッスル! 2003 Winter 当時、TVアニメ放送中
武装錬金 2005 Summer - 2006 Winter 2号連続。後にTVアニメ化
P2! - let's Play Pingpong! - 2008 Winter
『NEXT!』
保健室の死神 2011 Summer
エニグマ 2012 Winter
ぬらりひょんの孫 2012 Summer - 2013 Winter 3号連続。『LIVE』に続編掲載
magico 2012 Summer
クロス・マネジ 2013 Autumn
『GIGA』
斉木楠雄のΨ難 2018 SUMMER
銀魂 2018 Winter -

ジャンプノベル[編集]

ジャンプノベル
Jump Novel
ジャンル 小説雑誌
刊行頻度 年2刊
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
出版社 集英社
刊行期間 1991年8月21日 - 1999年9月25日
レーベル ジャンプ ジェイ ブックス

ジャンプノベル(Jump Novel)は、かつて集英社が発行した日本の年2刊小説雑誌。1991年8月21日にWJ増刊号として創刊、1999年9月25日休刊。春・夏に発売。通巻ナンバーカウントは『vol.(ボリューム)○』。

創刊と同時に、公募新人文学賞ジャンプ小説・ノンフィクション大賞(現・ジャンプ小説新人賞)を創設した。また、1993年3月には、掲載された小説を収録する ライトノベル新書レーベル・『ジャンプ ジェイ ブックス』を創設し、現在でも刊行され続けている。

1999年9月のvol.16で休刊し、それに伴い公募新人文学賞はジャンプ小説大賞にリニューアルした。2002年10月にはWJ増刊号『読むジャンプ』として一度復活した。

主な掲載内容[編集]

ノベライズ
SLAM DUNK』『ONE PIECE』など『WJ』作品ノベライズの一部を掲載した。表紙もノベライズが掲載されている『WJ』作品が担当することが多かった。
新人賞受賞作品
ジャンプ小説・ノンフィクション大賞の受賞作品。『ジハード』など。
オリジナル小説
主に『WJ』作家が挿絵を担当した。『おいしいコーヒーのいれ方』『KLAN』など。

後に独立した増刊号[編集]

WJ増刊号として創刊され、後に独立した集英社の漫画雑誌。

スーパージャンプ
WJ増刊号として1986年 - 1988年に発行。
1988年11月号、月刊誌として独立。1991年7月より月2回刊となり2011年10月まで発行。休刊後は『ビジネスジャンプ』との編集体制統合を経て、2011年11月創刊の月2回刊『グランドジャンプ』と12月創刊の月刊(後に隔月刊)『グランドジャンプPREMIUM』に継承される。
V JUMP
WJ増刊号『V JUMP』として1992年 - 1993年に4冊発行。その後、月刊誌『Vジャンプ』として独立。
最強ジャンプ
『WJ』・『Vジャンプ』 の合同増刊号。キャッチコピーは「最強キッズのための新雑誌!!」。第1号(2010年12月3日発刊)の表紙イラストはトニートニー・チョッパー尾田栄一郎)。
ONE PIECE』・『NARUTO -ナルト-』などのスピンオフ幼年漫画やカード・ポスター・シールなどを収録した。
2011年、ほぼ季刊ペースで春号・夏号・秋号を刊行し、2011年12月3日に月刊誌として独立。2014年11月号から隔月化[16]

その他の増刊号[編集]

集英社が発行した独自の名称を持つ主な増刊号。特筆されない限りWJ編集部による。

eジャンプ
『WJ』・『Vジャンプ』 の合同増刊号(1999年12月)。
GAG SPECIAL
ギャグ漫画専門のWJ増刊号。定価350円。
新人の読切、WJ作品の番外編ギャグ漫画、コラボ漫画などを掲載。
  • 週刊少年ジャンプ特別編集2001年1月7日増刊 少年ジャンプGAG Special 2001[17]
  • 週刊少年ジャンプ特別編集2001年12月30日増刊 少年ジャンプGAG Special 2002
  • 週刊少年ジャンプ特別編集2004年12月1日増刊 少年ジャンプGAG Special 2005
青マルジャンプ
従来とは一線を画したWJ増刊号。2004年2月26日発売、4月1日発行。
定価480円。表紙・巻頭特集は荒木飛呂彦
特大ポスター付録やロングインタビューが特徴。「ジャンプの進化系増刊」と銘打ち、表紙には「REVOLUTION#BLUE」と表記、漫画雑誌と異なり色付き更紙ではなく全ページ白色の更紙を使うなど『ジャンプ the REVOLUTION!』と共通点が多い。
掲載作品の『みえるひと』は『WJ』連載に昇格した。
ジャンプヒーローズ
当時のWJ作品番外編やゲーム原作漫画を掲載したWJ増刊号。2005年6月30日発売。
子供向けを意識した作りとなっている。
ジャンプ the REVOLUTION!
本誌・ウェブサイトとの連動企画を盛り込んだ実験的なWJ増刊号。キャッチは「ジャンプの進化系」。2005年2006年の秋に計2回発行。
2005年版・2006年版ともに小畑健が表紙イラストを担当。
読切作品の『MUDDY』(2006年版掲載)は『WJ』で、『エンバーミング』(2号共に掲載)・『Luck Stealer』(2005年版掲載)は『SQ.』で連載に昇格した。
  • 週刊少年ジャンプ特別編集増刊 2005年11月1日増刊 ジャンプ the REVOLUTION!2005
  • 週刊少年ジャンプ特別編集増刊 2006年11月1日増刊 ジャンプ the REVOLUTION!2006
ゴー!ゴー!ジャンプ
『MJ』との合同増刊号。2005年2006年の12月発行。
『WJ』『MJ』の(現・旧)連載陣や新人の新作、特別編などを掲載した。
  • 2006年1月26日号
  • 2007年1月27日号
ジャンプVS -バーサス-
バトル漫画の読切を中心としたWJ増刊号。
2013年3月22日発売。定価400円(税込)。表紙は『NARUTO -ナルト-』と『トリコ[18]
読切作品の『アイアンナイト』『ステルス交境曲』『ヨアケモノ』『改造人間ロギイ』は『WJ』連載に昇格した。
ジャンプLIVE(ジャンプライブ)
スマートフォンタブレット端末向けのアプリケーション増刊号(iOS / Android OS)。
有料パス1号250円・2号200円(税込)。「ジャンプBOOKストア!」の成功を機に創刊した。2013年8月より1号配信、12月より2号配信[4]。『となりのヤングジャンプ』とジャンプ次世代マンガ賞を共同開催していた[19]。2014年9月22日にサービスを停止し、一部作品は同日に創刊された『少年ジャンプ+』に移籍した。現在では新規インストールはできないが、インストール済の端末ではコンテンツを閲覧できる[注 3]
2013年12月、40万DL突破[20]。2013年9月(35万DL)時点、ユーザーは7割が男性、10代中心で15歳前後がボリュームゾーン、全ユーザーの2割近くがiPod touchを使用していた[21]
夏休み正月を中心に、漫画・FLASHアニメ・動画・ゲームなどを配信した。基本は無料だが、一部コンテンツの閲覧には有料パスが必要だった。
一部の作品はジャンプ・コミックスより単行本化された。読切作品の『ケータイショウジョ』[注 5]ジュウドウズ』『学糾法廷』は『WJ』連載に昇格した。
週刊少年ジャンプ0
WJ現連載作品のプロトタイプ読切を集めた増刊号。『プラス』内で2015年1月31日まで無料配信された[22]
  • 週刊少年ジャンプ0赤号 - 2014年12月29日に7作品[注 6]を配信。
  • 週刊少年ジャンプ0青号 - 2015年1月12日に6作品[注 7]を配信。
ジャンプ×(クロス)
少年ジャンプ+連載陣の出張版を多く盛り込んだWJ増刊号。
2016年12月31日発売。定価460円(税込)。表紙は『ブラッククローバー』と『エルドライブ【elDLIVE】[23]

増刊号出身の本誌現連載作品[編集]

2018年6月現在、増刊号に前身となる読切を掲載した本誌連載作品。

読切 連載タイトル 作者等 掲載誌 収録 備考
ろまんすとおんROMANCE DAWN わんひいすONE PIECE おたえいいちろう尾田栄一郎 01Summer Special 1996年 わんひいすONE PIECE RED 増刊掲載後、本誌読切を経て連載
ほくのひいろお僕のヒーロー ほくのひいろおあかてみあ僕のヒーローアカデミア ほりこしこうへい堀越耕平 02赤マル 2008 Winter おうまかとうふつえん逢魔ヶ刻動物園』5巻
はいきゆうハイキュー!! はいきゆうハイキュー!! ふるたて はるいち古舘春一 03NEXT! 2011 Winter NEXT!掲載後、本誌読切を経て連載
しよくけきのそおま食戟のソーマ しよくけきのそおま食戟のソーマ さえきしゆん佐伯俊(画)
附田祐斗(作)
04NEXT! 2012 Spring しよくけきのそおま単行本1巻 連載版5話から森崎友紀が「協力」に参加
ひのまるすもう火ノ丸相撲 ひのまるすもう火ノ丸相撲 かわた川田 05NEXT! 2013 Spring NEXT!掲載後、本誌読切を経て連載
ふらつくくろおはあブラック・クローバー ふらつくくろおはあブラッククローバー たはたゆうき田畠裕基 06NEXT!! 2014 vol.2 初めて『NEXT!!』から連載に昇格した作品
とうきようとりつしゆしゆつ東京都立呪術高等専門学校 しゆしゆつかいせん呪術廻戦 あくたみけけ芥見下々 07GIGA 2017 vol.1 初めて『GIGA』から連載に昇格した作品
もみしのきせつモミジの棋節 もみしのきせつ紅葉の棋節 さとしようまさよし里庄真芳 08GIGA 2017 vol.1
きみをしんりやくせよキミを侵略せよ! きみをしんりやくせよキミを侵略せよ! いなおかかすさ稲岡和佐 09GIGA 2018 WINTER vol.1

関連項目[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 例外として、小説誌の『ジャンプノベル』、Vジャンプ編集部と合同創刊した『最強ジャンプ』(増刊時代)、様々な部署のメンバーが制作し、漫画以外のコンテンツも扱ったデジタル増刊の『ジャンプLIVE』などがある。
  2. ^ 1975年の増刊号掲載「鋼鉄のクイーン」(星野之宣短編集『はるかなる朝』収録)など。
  3. ^ a b c d e f 2018年6月現在。
  4. ^ ツクモガミ 帝都情報部特権諜報員零零七式』(小説:間中葦、作画:椎橋寛
  5. ^ 『WJ』時の題名は『i・ショウジョ』。同じ題名で『LIVE』に移籍した。
  6. ^ ROMANCE DAWN』『トリコ』『実力派エリート迅』『僕のヒーロー』『磯部磯兵衛物語〜浮世はつらいよ〜』『Sporting Salt-塩谷の解剖学』『卓上のアゲハ』。
  7. ^ BLEACH』『食戟のソーマ』『火ノ丸相撲』『超能力者 斉木楠雄のΨ難』『ハイファイクラスタ-六攻特課事件実例-』『E-Robot』。

出典[編集]

  1. ^ 「ジャンプLIVE」が踏み出す、電子コミック界への新しい一歩(前編)” (2013年10月17日). 2014年5月23日閲覧。
  2. ^ a b 烈!!!伊達先パイ』2巻176ページ
  3. ^ マンガ質問状 : 『ニセコイ』ベタを地で行く王道ラブコメディー、アニメはシャフト&新房昭之!”. 2014年8月20日閲覧。
  4. ^ a b 目標は100万DL ジャンプ編集部が本気で作る電子書籍アプリ「ジャンプLIVE」の狙い”. 2013年8月18日閲覧。
  5. ^ 「ジャンプLIVE」が踏み出す、電子コミック界への新しい一歩(後編)” (2013年10月24日). 2014年5月6日閲覧。
  6. ^ ジャンプLIVE発 電子書籍”. 2014年5月24日閲覧。
  7. ^ “佐藤正先生の 『燃える!お兄さん』(全19巻)を無料公開しました”. (2013年7月13日). http://d.hatena.ne.jp/KenAkamatsu/20130713/p1 
  8. ^ ジャンプNEXT!で松井優征がウーパールーパーを食す”. コミックナタリー (2010年4月9日). 2014年5月25日閲覧。
  9. ^ 誌名を考えろ!ジャンプ連載を狙う新人の読み切り新雑誌”. コミックナタリー (2010年2月24日). 2015年3月15日閲覧。
  10. ^ 夢コラボ!暗殺教室・殺せんせーと斉木楠雄が袋とじで対決”. コミックナタリー (2012年10月9日). 2015年4月9日閲覧。
  11. ^ 「ジャンプNEXT!」が電子雑誌で配信開始――ぬらりひょんの孫はフルカラー”. 2014年5月23日閲覧。
  12. ^ ジャンプNEXTが隔月化、最新号には平方昌宏が読切で登場”. 2014年5月25日閲覧。
  13. ^ ジャンプGIGA本日創刊!椎橋寛ら新連載に、Webで話題集めたけん玉マンガも”. 2018年3月2日閲覧。
  14. ^ 週刊少年ジャンプ中野博之編集長④「自分が本当に面白いと思って描いた漫画を、日本中に、世界中に広げられる力を一番持っているのがジャンプ」”. 2018年2月23日閲覧。
  15. ^ 少年ジャンプNEXT!! デジタル”. 週刊少年ジャンプ公式サイト. 2014年10月15日閲覧。
  16. ^ VジャンプWEB・編集部ブログ(2011年12月3日)
  17. ^ 伝説のGAG Special 2001”. 漫画家・つの丸オフィシャルブログ (2011年6月24日). 2014年5月23日閲覧。
  18. ^ 「週刊少年ジャンプ」新増刊誌は“バトル”がテーマ 「ジャンプVS‐バーサス‐」3月22日誕生” (2013年3月22日). 2014年5月23日閲覧。
  19. ^ ジャンプ次世代マンガ賞を創設 デジタルメディア時代の作品求める集英社の2つの編集部”. 2014年5月6日閲覧。
  20. ^ 『ジョジョ』荒木飛呂彦登場の動画も掲載 『ジャンプLIVE』2号配信開始!”. ダヴィンチNEWS (2013年12月20日). 2014年5月23日閲覧。
  21. ^ 【第8回】王者ジャンプの電子化への回答――ジャンプLIVEの魅力とは?”. ダヴィンチNEWS. 2015年4月9日閲覧。
  22. ^ ONE PIECEやヒーローアカデミアの原点となる読切、配信限定の増刊で” (2014年12月29日). 2014年12月30日閲覧。
  23. ^ ジャンプの新増刊・ジャンプクロス刊行、巻頭は天野洋一の読切” (2016年12月31日). 2018年6月4日閲覧。

外部リンク[編集]