神海英雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
神海 英雄
生誕 (1982-07-27) 1982年7月27日(35歳)[1]
日本の旗 日本群馬県前橋市
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 2004年 - 活動中
ジャンル 少年漫画
代表作 SOUL CATCHER(S)
テンプレートを表示

神海 英雄(しんかい ひでお、1982年7月27日[1] - )は、日本漫画家群馬県前橋市出身[1]

経歴[編集]

小学校は前橋市の市立学校に通う[2]。一時期、サッカーを嗜んでいた[3]。また、群馬交響楽団の「移動音楽教室」で音楽に興味を持つ。小学5年生の時に鼓笛隊で担当したサックスの演奏を顧問の教師からほめられ、それがきっかけで吹奏楽に熱中する。中学・高校では吹奏楽部に所属、中学2・3年の夏には群馬県吹奏楽コンクールで金賞を獲得した(ただし西関東大会代表になれなかった)。大学3年生の時、就職活動で行きたい業界が見つからなかったため、漫画家を志すようになる。大学卒業後は荒木飛呂彦のアシスタントを約5年間勤めた[4][2]

2004年、『赤マルジャンプ』(集英社)2004 SUMMERに読切『アンサンブル』を掲載し漫画家デビュー[4]。読切3作品(『Heart Catcher』『Dodge The Ball』『Q部!!』)の掲載を経て、『週刊少年ジャンプ』2010年42号より初連載となるサッカー漫画『LIGHT WING』を連載した。

『LIGHT WING』完結後、自身の読切作品の中で1番描きたい題材を描けた『アンサンブル』(吹奏楽)と1番自分らしさの出せた『Heart Catcher』をもとに読切『SOUL CATCHER(S)』を執筆[5]、『少年ジャンプNEXT!』(集英社)2012 AUTUMNにセンターカラーで掲載された。この読切をもとに、『週刊少年ジャンプ』2013年24号から2014年31号まで『SOUL CATCHER(S)』を連載する。その後『少年ジャンプNEXT!!』(集英社)への移籍・連載(2014 vol.4 - 2015 vol.2)を経て、『少年ジャンプ+』(集英社)2015年8月2日から2016年2月14日まで毎週日曜更新で連載。

作品[編集]

連載作品 読切作品
作品名 掲載誌 収録 注記
1 あんさんふるアンサンブル 1赤マル2004 SUMMER 吹奏楽がテーマの作品。デビュー作。49P
2 はあときやつちやあHeart Catcher 2赤マル2005 SPRING 実演販売がテーマの作品。49P。麻生周一が「好きな漫画」として挙げている[6]
3 とつちさほおるDodge The Ball 3WJ 2007年9号 L - 3 ドッジボールがテーマの作品。47P
4 きゆうふQ部!! 4WJ 2008年13号 L - 2 クイズ大会がテーマの作品。47P
5 らいとういんくLIGHT WING 5WJ 2010年42号 - 2011年12号 L サッカー漫画初連載
6 そうるきやつちやあすSOUL CATCHER(S) 6NEXT! 2012 AUTUMN S - 8 連載版のプロトタイプ
7 そうるきやつちやあすSOUL CATCHER(S) 7WJ 2013年24号 - 2014年31号
NEXT!! 2014 vol.4 - 2015 vol.2
+ 2015年8月2日 - 2016年2月14日
S 吹奏楽がテーマの漫画
8 ちゆうやきやくてんまる昼夜逆転丸 8最強 2017年1月号 SOUL CATCHER(S)のスピンオフ作品。31P
9 はするしやくるバズルジャグル 9GIGA 2017 vol.2 ジャグリングがテーマの作品。50P

その他[編集]

  • 2014年6月30日から2015年6月29日まで『SOUL CATCHER(S)』公式Twitterで、毎日描き下ろしイラストを公開していた。
  • 『神海英雄の仕事ぶりを皆様に見ていただく。』 - 『少年ジャンプ+』にて2015年9月12日から10月3日まで、作画の様子の動画を毎週土曜更新で配信した(全4回)。

評価[編集]

  • 漫画家の松井優征は、神海のSOUL CATCHER(S)連載開始時、「天才児、神海先生が帰って来た!!どんな驚きが待っているか今から楽しみです!!」とコメントしている[7]
  • 小説家の入間人間は、注目している作家の1人として葦原大介とともに神海の名前を挙げている[8]

関係人物[編集]

師匠
アシスタント時代の同期
アシスタント

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『赤マルジャンプ』2004 SUMMER、「新人紹介」
  2. ^ a b 朝日新聞別刷りAsahi+C 2013年10月13日
  3. ^ 『LIGHT WING』3巻巻頭コメント
  4. ^ a b c 新年企画・神海英雄さん” (2015年1月9日). 2015年1月12日閲覧。
  5. ^ 推す!この一話はコレだ! 第3回 神海英雄/SOUL CATCHER(S)”. 2014年3月22日閲覧。
  6. ^ 「特別ページ」『赤マルジャンプ』2008WINTER号、集英社
  7. ^ 週刊少年ジャンプ2013年24号巻末コメントより。
  8. ^ 入間の一問一答”. 入間人間公式サイト(入間の間). 2013年9月8日閲覧。
  9. ^ a b 『週刊少年ジャンプ』2010年42号(集英社)「巻末コメント」における神海・椎橋の発言。
  10. ^ a b ぬらりひょんの孫」6巻、椎橋寛、集英社
  11. ^ 『SOUL CATCHER(S)』公式Twitter 2014年5月18日