Sporting Salt

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Sporting Salt
ジャンル 少年漫画
医療漫画
スポーツ漫画
学園漫画
漫画
作者 久保田ゆうと
出版社 集英社
掲載誌 週刊少年ジャンプ
レーベル ジャンプ・コミックス
発表期間 2014年43号 - 2015年10号
巻数 全3巻
話数 全18話
テンプレート - ノート

Sporting Salt』(スポーティングソルト)は、久保田ゆうとによる日本漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社2013年17号に「Sporting Salt -塩谷の解剖学-」のタイトルで読切版が掲載された後、2014年43号から2015年10号まで連載された。話数単位は「ソルト○○」。

あらすじ[編集]

スポーツドクターを目指し海外留学中だった秀才高校生・塩谷は、スポーツの名門として知られる立花港高校の生徒会長・松森のスカウトに応じて同校に編入する。松森は立花港高校が抱える86もの部活全てを全国優勝に導く計画を立て、そのためのブレーンに塩谷を抜擢したのだった。保健委員長に就いた塩谷はスポーツ医学に基づいた処置や精神面のケアで校内のスポーツマンたちをサポートしていくことになる。

登場人物[編集]

主要人物[編集]

塩谷 浩之(しおや ひろゆき)
本作の主人公。立花港高校の保健委員長。
一見小学生にしか見えない背の低い少年。しかしその実態は、一度"見た"相手の身体的特徴を見抜く目を持つ、日本一のスポーツドクターを目指す高校生。
中学からアメリカに留学し、成績もトップクラス。高校生としては特例となる、医学に関する許可証をいくつか出された秀才(しかし、どの機関がどのような許可を出したのか明言されていない)。
基本的に穏やかな性格だが、他人の腕や足に平気で触るセクハラまがいの行為をしたり、暴言を吐いたり、通行人に石を投げつけるなど、腐った一面を見せることがある。
松森 静香(まつもり しずか)
本作のヒロイン。立花港高校の生徒会長。
立花港高校86の部活をすべて全国に導き、全国優勝をするために塩谷を保健委員長としてスカウトした。しかし最終回にて、塩谷がなぜ学校に来たのか忘れていた。最終目標はオリンピックの会長になることらしい。

立花港高校[編集]

生徒会[編集]

一ノ瀬(いちのせ)
生徒会の書記。保健委員がいないため、彼が塩谷を手伝っている。存在感の無さが特徴。
西本 つばき (にしもと つばき)
生徒会の書記。合気道部主将・立選5位。武術の心得は普段の歩き方からも見てとれる。
冷静な性格。

スポーツ部[編集]

西松 修(にしまつ おさむ)
工業科2年・テニス部主将。
テニス部が4人しかおらず20連敗中で廃部の危機に陥ったせいで無理をし、足を痛めていた。
工藤 氷華(くどう ひょうか)
女子サッカー部のエースで立選8位。塩むすびを食すことで力を発揮する。あまり裕福でない家庭だが、クリスマスケーキ程度は買える。松森の友人。
体力不足で、体に力が出なくて困っているが塩むすび程度で回復する。塩谷に惚れている。
大字 秋奈(おおあざ あきな)
剣道部1年。
工藤の強さにあこがれて、彼女の弟子になろうとした。しかし、隙あらば彼女の身体を狙うレズビアンでもある。
幼少の頃は額を覆えないほど手が小さかった。
立花 嵐 (たちばな あらし)
剣道部・主将、3年。
理事長の息子。木一本で亡くなった父の教えを曲解した結果、戦いそのものに愉悦を感じるサイコパスとなり、内柴をおびき寄せるため、彼の知り合いを次々と闇打ちしていった。剣圧で川の水を円状に弾くことができ、大量の木刀を持ち歩いている。

その他の生徒[編集]

内柴 誠(うちしば まこと)
普通科2年・立選3位。
立花港高校の中で唯一帰宅部なのに立選にランクインした生徒。ランクインした理由はただケンカが強いだけ。一応両親がスポーツ選手で色んなスポーツをしていたエリート。カップメン好き。3分間だけ驚異的な身体能力を発揮できることから「インスタントヒーロー」という不名誉な称号をつけられる。
大河 太陽 (おおかわ たいよう)
園芸委員長。1年 立選7位。
人並み外れた身体能力を持つが外見・言動は幼く、自称「世界の支配者」。委員長に就いたのもお菓子につられただけ。「ブループレイヤー」という意味不明な力を使う。
小真野 リカ (こまの りか)
園芸副委員長。
純粋に花の世話が好きで委員会に入ったが太陽のペースにいつも振り回されている。太陽からは「コマリン」と呼ばれており隠れ巨乳。人間離れした骨格を持つ。
口癖は「ぷぉ~ん」。

書誌情報[編集]

前身[編集]

Sporting Salt -塩谷の解剖学-
週刊少年ジャンプ』2013年17号に掲載された。

脚注[編集]

出典[編集]

以下の出典は『集英社BOOK NAVI』(集英社)内のページ。書誌情報の発売日の出典としている。

外部リンク[編集]