白馬ジャンプ競技場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
長野県白馬ジャンプ競技場(LH)
白馬村ジャンプ競技場(NH)
"白馬ジャンプ競技場"
Hakuba Jumping Stadium1.jpg
白馬ジャンプ競技場
(2002年10月13日撮影)
白馬ジャンプ競技場の位置(長野県内)
白馬ジャンプ競技場
施設情報
所在地
日本の旗 日本
自治体 長野県北安曇郡白馬村
所在地 長野県北安曇郡白馬村大字北城4133
開場 1992年
所有者 長野県(LH)、白馬村(NH)
管理者 白馬村
サイズ
K点 120 m (LH) / 90 m (NH)
ヒルサイズ 131 m (LH) / 98 m (NH)
大会

白馬ジャンプ競技場(はくばジャンプきょうぎじょう)は、長野県北安曇郡白馬村にあるスキージャンプ競技場である。正式名称は、ラージヒルが長野県白馬ジャンプ競技場[1]、ノーマルヒルが白馬村ジャンプ競技場[2]。ラージヒルは白馬村指定管理者となっており[3]、全施設を白馬村が管理・運営している。

概要[編集]

日本で唯一ノーマルヒルラージヒル用のジャンプ台が2つ並んでいるジャンプ競技場であり、1998年に開催された長野オリンピックのジャンプとノルディック複合ジャンプの競技会場として利用された。オールシーズン、スキージャンプが可能な競技場である。

信州三大観光施設[要出典]善光寺松本城・白馬ジャンプ競技場)の一つ。

白馬村がノーマルヒル、長野県がラージヒルとそれ以外の施設を受け持ち、昭和62年に基本設計を行った。6年の歳月をかけて、総工費約85億円で1992年11月に躯体施設工事が、翌1993年11月にサマージャンプ台工事が完了した。

FISワールドカップは、2004年を最後に行われていないが[4]、1998年から2001年までと2004年以降はFISサマーグランプリ白馬大会がラージヒルで行われている[5]

一般客もリフトと展望エレベータでスタート地点に登ることができ(大会開催時とリフトの点検運休(4月1日~1週間、12月1日~中旬)を除く)、スタート観覧ステージから選手と同様の視点でジャンプ台を見学することもできる。 

観覧料金 大人: 460円、小中学生: 280円

観覧時間 夏期(4月中旬~11月:午前8時30分~午後4時30分) 冬期(12月下旬~3月:午前9時~午後3時30分)[リフト乗車最終時間は観覧時間30分前]

アクセス[編集]

  • JR大糸線白馬駅より路線バス八方行で約5分、終点「八方」下車。徒歩約10分。
  • JR長野駅より特急バス白馬線で約70分、「八方」下車。徒歩約10分。

ラージヒル[編集]

  • K点 120m
  • ヒルサイズ(HS) 131m
  • 全長:385m
  • 標高差:138m
  • 最大斜度:37.5°
  • ヒルレコード

ノーマルヒル[編集]

  • K点 90m
  • ヒルサイズ(HS) 98m
  • 全長:318m
  • 標高差:107m
  • 最大斜度:36.5°
  • ヒルレコード
    • 冬季 100.0m 富井正樹(1999年2月全日本スキー選手権大会)、小山内佳彦(2006年1月全日本学生選手権)
    • 夏季 98.5m 原田雅彦(1996年9月コンチネンタルカップ)

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 長野県白馬ジャンプ競技場条例
  2. ^ 白馬村ジャンプ競技場条例”. 白馬村例規集 (1993年9月30日). 2016年1月12日閲覧。
  3. ^ 長野県指定管理者制度導入施設一覧
  4. ^ Calendar”. FIS. 2016年1月12日閲覧。
  5. ^ Calendar”. FIS. 2016年1月12日閲覧。

外部リンク[編集]