依田瑞稀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
よだ みずき
依田 瑞稀
職業 漫画家
活動期間 2015年 -
受賞 JUMPトレジャー新人漫画賞佳作・グランドトレジャー賞
テンプレートを表示

依田 瑞稀(よだ みずき)は、日本漫画家2022年から「少年ジャンプ+」(同)にて静脈の原作による『マリッジトキシン』を連載している[1]

来歴[編集]

東京デザイナー学院マンガ科出身[2]。19歳の時に『地獄の沙汰も龍次第』で第91回JUMPトレジャー新人漫画賞(2015年1月)の佳作・グランドトレジャー賞を受賞[3]。審査員は小畑健[4]。受賞作を『ジャンプNEXT』(集英社)2015 vol.3に掲載しデビュー。

2018年、『週刊少年ジャンプ』(同)2019年2号より『ne0;lation』の連載を開始[5]。平尾友秀が原作を務め、依田は作画を担当[5]。2022年、「少年ジャンプ+」(同)にて静脈の原作による「婚活バトルアクション」を描いた『マリッジトキシン』の連載を開始[1][6]

作品リスト[編集]

連載[編集]

読み切り[編集]

  • 地獄の沙汰も龍次第(『ジャンプNEXT』2015 vol.3)
  • Legacy(原作:平尾友秀、『週刊少年ジャンプ』2016年40号[7]) - 作画担当、第11回ジャンプ金未来杯第1弾作品[7]
  • ne0-ネオ-(原作:平尾友秀、『ジャンプGIGA』2018 SUMMER vol.1 - vol.3) - 作画担当
  • ハイパーハードスペシャルミッション(原作:静脈、『少年ジャンプ+』2021年2月13日[8]) - 作画担当[8]
  • ビビッドステラ(原作:大塚アキラ、『少年ジャンプ+』2021年5月13日) - 作画担当

脚注[編集]

  1. ^ a b c “奥手な殺し屋×美人詐欺師の“婚活バトル物語”がジャンプ+でスタート”. コミックナタリー (ナターシャ). (2022年4月20日). https://natalie.mu/comic/news/474608 2022年4月20日閲覧。 
  2. ^ 東京デザイナー学院マンガ学科 2018年5月25日のツイート2021年8月5日閲覧。
  3. ^ JUMPトレジャー新人漫画賞受賞作”. 週刊少年ジャンプ公式サイト. 集英社. 2021年8月5日閲覧。
  4. ^ 第1回「「榎伸晃先生と小畑先生のネームを比較」」”. 週刊少年ジャンプ漫画賞ポータルサイト. 集英社. 2022年4月20日閲覧。
  5. ^ a b c d “超絶生意気な天才少年がハッキングで悪を討つ、ジャンプのクライムサスペンス”. コミックナタリー (ナターシャ). (2018年12月10日). https://natalie.mu/comic/news/311464 2021年8月5日閲覧。 
  6. ^ “吾峠呼世晴も推薦の婚活バトルアクション1巻、伊東健人&上田麗奈出演のPVも”. コミックナタリー (ナターシャ). (2022年8月4日). https://natalie.mu/comic/news/488107 2022年8月4日閲覧。 
  7. ^ a b “「アイアンナイト」の屋宜知宏新作、電気文明が発展した世界舞台の戦記もの”. コミックナタリー (ナターシャ). (2016年8月29日). https://natalie.mu/comic/news/199825 2021年8月5日閲覧。 
  8. ^ a b ハイパーハードスペシャルミッション”. 少年ジャンプ+. 集英社 (2021年2月13日). 2021年8月5日閲覧。

外部リンク[編集]