青山 (東京都港区)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
日本 > 東京都 > 港区 > 青山 (東京都港区)
明治神宮外苑の銀杏並木
青山通りの表参道交差点原宿方面の眺め

青山(あおやま)は、東京都港区の地名。現行行政地名は北青山一丁目から三丁目、および南青山一丁目から七丁目(いずれも住居表示実施済み地区)。

この一帯は古くから「青山」と呼ばれるが、単に「青山」という公称地名は存在せず、過去にも存在しなかった。

郵便番号は、107-0061(北青山)・107-0062(南青山)である。

沿革[編集]

骨董通り

徳川家康の重臣であった青山家の広大な下屋敷(現在に於ける別荘に該当)にちなみ、この付近一帯の町名に青山を冠した(赤坂青山○○町)ことが地名の起こりである。港区成立後、後述する住居表示実施前は町名に複数の色名 (赤および青)を含んでいた。

青山家の末裔には、骨董鑑定家青山二郎1901年-1979年)やゲランミツコで有名なクーデンホーフ・ミツコ1874年-1941年)がいる。現今ではブティック・美容室など服飾関係の商店が目立つ。

青山家が江戸時代中期に八幡藩(現岐阜県郡上市)を所領とした縁で、同家の菩提寺である南青山の梅窓院では、年に一度「郡上おどり in 青山」が催される。

江戸の街外れとして大名の下屋敷、庶民の町屋、雑木林などが広がる地域であったが、明治以降は中流の住宅街として発展し、1964年東京オリンピックに合わせ大幅に拡張した厚木街道(大山街道)は青山通り国道246号)として呼称が定着、以後は徐々に個人商店や民家、そしてアパートがオフィスビル、マンション、高級ブティックなどに取って代わられた。庶民の住宅街だった青山は今日のおしゃれなイメージの街へと変貌を遂げるものの、南青山2 - 4丁目にはかつての庶民的な面影が色濃く残る。表参道交差点からみゆき通り骨董通りキラー通りなどにわたってブティックやブランド店などが軒を連ねる。

江戸時代の町名[編集]

1853年の青山通り宮益坂上(左)~青山2丁目(右)、麻布長谷寺(中央下)近辺。根岸信輔蔵。

江戸時代初期には武家地、寺地であったが、江戸の拡大に伴い、主に外苑前駅北側を中心に町屋が成立した。

  • 青山浅河町
  • 青山御掃除町 - 慶応4年青山掃除町に改称
  • 青山御手大工町 - 慶応4年青山手大工町に改称
  • 青山御炉路町
  • 青山久保町
  • 青山五十人町
  • 青山善光寺門前
  • 青山原宿町 - 青山緑町とも
  • 青山六軒町
  • 青山若松町

武家地にも青山百人町等の通称が存在した。

明治期の町名[編集]

青山地区における住居表示実施前後の 町名町域対照地図

明治初年に細かな町名変更があった。

  • 青山和泉町 - 明治3年青山浅河町、青山若松町、青山相生町、青山大和町が合併して成立
    • 青山相生町 - 明治2年青山路地町と青山五十人町が合併して成立、
    • 青山大和町 - 明治2年青山掃除町と青山六軒町が合併して成立
  • 青山善光寺町 - 明治2年青山善光寺門前が改称
  • 青山北和泉町 - 明治3年麻布今井町飛地が改称

明治5年には武家地、寺地も含め以下の19町に整理された。

  • 青山北町一~七丁目 - 青山和泉町、青山北和泉町、青山久保町、青山原宿町、青山善光寺町、武家地、寺地が合併して成立
  • 青山南町一~七丁目 - 青山和泉町旧大和町域、武家地、寺地が合併して成立
  • 青山高樹町 - 明治5年河内丹南藩高木家屋敷地他が合併して成立
  • 青山権田原町 - 明治5年権田原三軒屋町と武家地が合併して成立
  • 青山三筋町一・二丁目 - 武家地に成立
  • 青山六軒町 - 武家地に成立、江戸時代の青山六軒町とは無関係

明治11年赤坂区に属した。明治22年このうち青山北町七丁目、青山南町七丁目は南豊島郡渋谷村に編入されてその大字となり、現在も渋谷区に属する。

住居表示[編集]

1966年昭和41年)10月、住居表示実施に伴い町名と町域が変更され、この地区を横断する青山通りを境に北青山と南青山が成立した。

現在の北青山一丁目から三丁目と南青山一丁目から七丁目の範囲は、住居表示実施前の赤坂青山北町赤坂青山南町のほぼ全域と、赤坂青山三筋町、赤坂青山高樹町を加えた範囲に相当する(このほか、隣接する麻布笄町麻布新龍土町原宿一丁目、赤坂檜町、赤坂新坂町のごく一部の区画を編入した)。赤坂青山六軒町の東側と赤坂青山権田原町だけは元赤坂二丁目への編入となる。

赤坂青山高樹町の名前は、首都高速道路ランプ高樹町』や、六本木通り骨董通りの交差点『高樹町交差点』などにその名を留めている。

教育[編集]

大学等
高等学校

現在、高等学校施設は所在しない[1]

中学校
小学校
幼稚園
  • 港区立青南幼稚園

施設[編集]

企業・法人[編集]

海外関連団体

公施設[編集]

店舗・商業施設[編集]

青山ツインビル(新青山ビル)
右は本田技研本社、青山1丁目交差点
ピーコックストア青山店
アニヴェルセル、表参道
ヨックモック青山本店、みゆき通り
Ao (アオ)
マックスマーラ青山店
南青山5丁目交差点
左手にAo (アオ)、右手にマックスマーラ
ブルーノート東京
  • 青山1丁目交差点〜南青山3丁目交差点周辺界隈
  • 新青山ビル - 青山通りを挟んだ東宮御所向かい南青山1丁目にある。通称"青山ツインビル"。
  • ホテルプレジデント青山(2007年閉業) - 本田技研工業本社裏手に隣接して南青山1丁目に古くからあったホテル。現在は取り壊され、跡地には事務フロア専用ビルが建つ。
  • 青山ベルコモンズ(2014年閉業) - 南青山3丁目交差点にあったが、取り壊された。
  • テピア - 明治神宮外苑にある、経済産業省外郭団体による技術の展示等複合施設。別称は「先端技術館@TEPIA」。
  • 洋菓子舗ウエスト青山ガーデン - 南青山1丁目乃木坂駅界隈にある。
  • シェ・ピエール - 南青山1丁目乃木坂駅界隈にあったブルターニュ地方出身店主による同地方フランス料理店ないしブラッスリー。1973年に南青山5丁目交差点花の館隣のビル地下で開店(2017年閉店)
  • KIHACHI青山本店 - 1987年、南青山4丁目立山墓地近くみゆき通り沿いで、熊谷喜八が開店したフランス料理ベースの創作料理店。現在は明治神宮外苑並木道沿いにある。
  • 墓地茶屋ちばや - 明治時代から青山霊園入口赤坂消防署界隈にある、墓花等が用意されているこじんまりしたカフェ[5]。他に、界隈の墓石乃至墓花屋には、ちとせ・・等がある。
  • 時と光の美術館(2017年春開館)- 南青山2丁目青山通り沿いに開館した美術館。
  • 関山青山総本店 - 南青山3丁目青山通り沿い、ブルックス・ブラザーズ本店向かいに古くからあった押し寿司店。現在は閉店。
  • ピーコックストア青山店 - 元の店名は大丸ピーコック。 - 青山通り沿い南青山3丁目交差点傍にある。
  • Olympic青山店 - ピーコックストアの青山通り真向かいB1階&1階にある。元は東急ストア。1階にはマクドナルド等が入居しているが、かつては京風ラーメン店「あかさたな」等が入居していた。上層階は公団住宅
  • ヴィクトリアゴルフ青山店 - 南青山3丁目に近年開店。ちなみに、近年まで新橋駅界隈や昭和まで高樹町先の日赤通り商店街でも展開していた同名のレストラン形式の洋菓子店ヴィクトリアも青山通り沿い近隣にあった[6]
  • 表参道交差点〜南青山5丁目交差点〜骨董通り周辺界隈
  • Ao(アオ)
  • ピカール(2016年開店) - フランスの冷凍食品店。骨董通り入口側南青山5丁目交差点傍にある。
  • クチューム(2018年1月閉店) - パリ7区バビロヌ通り47番地に2011年に開店したカフェないしブラッスリーのライセンスブランド店[7]。2014年に南青山に開店し、2016年4月に骨董通り入口側に移転。フランス語で「習慣」の意。2018年1月に閉店し、店舗跡には下記ラデュレが入居。
  • ラデュレ青山店(2018年3月開店) - 1862年、パリ8区ロワイヤル通り16番地で開店したマカロン発祥店で知られるパティスリー&サロン・ド・テ。同本店の他、シャンゼリゼ大通り75番地、1区サントノレ通り界隈、サン=ジェルマン=デ=プレ界隈6区ボナパルト通り21番地など、日本では新宿銀座などに店舗があり、2018年3月、上記クチューム跡に日本での路面店ないし旗艦店第1号が開店した[8]
    また、青山通り沿いのリンツ ショコラカフェ、パリ8区フォーブール・サントノレ通り発ラ・メゾン・デュ・ショコラ、ピエール・エルメ、下記ヨロイヅカやシャルル・ロシュー、骨董通り南青山5丁目のデンマーク発サマーバード オーガニック、LA発コンパーテス ショコラティエ、同6丁目交差点先の神戸岡本発モンロワール、神宮前のパリ1区サントノレ通り発ジャン=ポール・エヴァン、パリ7区発ユーゴ&ヴィクトール、ブボ バルセロナマックス・ブレナー・・など、表参道・南青山5丁目界隈は"ショコラ激戦区"になっている[9]
  • キッシュヨロイヅカ南青山店(2017年10月開店) - パティスリー。南青山5丁目交差点にある
  • ジャン=シャルル・ロシュー(2018年1月開店) - 2004年にパリ6区アサス通り(ダサス通り, Rue d'Assas)16番地で独立開店。2018年1月、南青山5丁目骨董通り界隈に海外1号店が開店した。Wikipedia仏語版が無いように、2018年現在、メディアで盛んに採り上げられている日本での方が認知が高いショコラティエ
  • クリントン・ストリート・ベイキング・カンパニー(2013年開店) - 2001年、マンハッタンロウワー・イースト・サイドに開店したパンケーキ等で人気のアメリカ料理のカフェないしレストラン。店舗では2号店&海外1号店になる。骨董通り南青山6丁目交差点寄りにある。
  • マリアージュ・フレール(2016年開店) - パリ4区マレ地区、パリ8区マドレーヌ広場やフォーブール=サントノレ通り等にあるフランス流紅茶専門店、サロン・ド・テ。青山店は南青山5丁目青山通り沿いにある。東京では他に銀座や新宿等に店舗がある。
  • マルシェ・ドゥ・メトロ - 表参道駅構内「エチカ」にあるカフェ等が入る複合商業施設。フランス語で「地下鉄市場」の意。
  • 青山アンデルセン(2017年7月閉店[10][11]) - 表参道交差点にある。
  • ヨックモック青山本店 - みゆき通り沿い青南小学校向かいにある
  • クドウ青山店 - 1978年に南青山5丁目青山通り傍に青山店が開店したロールケーキ等を扱う洋菓子店(2016年閉店)
  • リストランテ・ヒロ青山本店 - 1995年に南青山5丁目青山通り裏手界隈で、メディアにも度々登場する山田宏巳が開店したイタリア料理店。
  • 書斎館 - 南青山5丁目骨董通り中程にある、万年筆のセレクトショップないしブティックとカフェ[12]
  • 菓匠菊家(和菓子屋) - 1935年、南青山5丁目骨董通り中程の現在地に創業。向田邦子がファンだったとのこと[13]
  • 伊勢半本店ミュージアム - コシノジュンコビル向かい骨董通り高樹町交差点界隈にある。裏手にはアール・ヌーヴォー骨董品を取扱うアンティークショップ「しょうとう」、服飾のセレクトショップ「Art&Science」、ゴマブックス本社、焼肉店「よろにく」等がある。
  • 小原流会館 - 骨董通りに古くからあるホールやオフィス、店舗等が入る複合商業施設。B1階の中華風家庭料理店「ふーみん」が古くから続くお店。
  • 花の館・青山花茂本店 - 南青山5丁目交差点にある。B1階には、かつてサンリオの店舗があった。
  • スパイラル - 青山通り沿い南青山5丁目にある。
  • 青山セントグレース大聖堂 - 北青山3丁目表参道界隈にある教会堂を模した結婚式場等の商業施設。
  • クレヨンハウス - 北青山3丁目にある
  • ハラダフローリスト表参道本店
  • 北村薬局 - 青山通り向かいみずほ銀行隣にあった鰻屋の佐阿徳や、現在もある松本文具店等と同様古くから表参道交差点界隈にある店舗。
  • ナチュラルハウス青山本店
  • スーパーAZUMA24青山店(2017年閉店[11]) - 表参道交差点に古くからある生鮮食料品主体のスーパー。青山通りほぼ向かいにナチュラルハウスがある。
  • 山陽堂書店 - 1891年創業、表参道交差点にある老舗(「日本の老舗一覧」参照)。骨董通りに古くからあった方円堂書店が閉業したため、界隈ではほぼ唯一の一般書店[14]
  • 嶋田洋書 - 二輪、四輪車から食文化までと洋書を幅広く扱っていた。青山通り傍南青山5丁目南青山第一マンションズ向かいにあった(2015年閉店)
  • オーク表参道 - 表参道交差点にある。ハナエモリビル跡に建つカフェやブティック等が入る複合商業施設。エンポリオ・アルマーニカフェ、コーチ旗艦店等が入居している。
  • ONE表参道ビル - 表参道交差点にあるLVMHグループの事務&ファッションフロアビル。エミリオ・プッチジャパン本社や、フェンディセリーヌダナ・キャランロエベの各旗艦店が入居している。
  • パラシオタワー - 同上表参道交差点にある。オフィスや店舗が入っている。芸能事務所のオスカープロモーショングッチ旗艦店等が入居している。
  • アニヴェルセル青山 - 同上。"パリ"をモチーフにしたカフェレストランや結婚式場。表参道沿いにオープンカフェがある。
  • 青山ダイヤモンドホール(2016年閉業) - 同上。跡地には、結婚式場やカフェ、レストランの複合商業施設 ザ・ストリングス表参道が2017年10月1日に開業した。
  • ホテルフロラシオン青山(2014年閉業) - 元は公立学校共済組合の保養施設等として用いられていた。元の名称は青山会館(旧青山会館とは別)。
  • ふくい南青山291 - カフェやブティック等が入る複合商業施設。骨董通り傍南青山5丁目にある。元は福井県の保養施設等として用いられていた。
  • 島根イン青山 - 六本木通り沿い南青山7丁目にある。島根県の保養施設等として用いられてきた。
  • フロム・ファーストビル(From 1st) - イッセイミヤケジェローム・ドレフュス等が入居している。みゆき通り沿い青南小学校向かいにある。
  • ラ コレッツィオーネ(LA COLLEZIONE) - みゆき通り沿いにある。向かいはマンションの王子ホームズ青山や青南小学校になる。
  • ブルーノート東京 - 骨董通り傍南青山6丁目にある。

マンション[編集]

  • 黒川建設のシャトー東洋南青山など南青山に多く展開する「シャトーシリーズ」や、その他に旧青山会館跡に建つ「南青山第一マンションズ」等がヴィンテージマンションとして知られている。シャトー東洋南青山の1階屋内プール跡には藤原ヒロシによるアパレルショップ「ザ・プール青山」等が入居していた。現在はナイキ専門店「NIKELAB MA5」が入居。

ファッションブランド[編集]

ファッションブランドアパレル等の各店舗について、本店・旗艦店・それに準ずるもののみ掲載した(順不同 [15])。「青山」に所在する店舗のみ掲載(特に断りが無ければ「青山」はここでは表参道交差点〜みゆき通り〜骨董通り周辺界隈一帯を指す)。

なお、ルイ・ヴィトンイヴ・サン=ローランシャネルクリスチャン・ディオール、さらに無印良品1号店である現在の「Found MUJI 青山」等は、"表参道"のうち「神宮前」に所在する(「神宮前 (渋谷区)#概要」も参照)。

観光[編集]

根津美術館の庭園雪景色
名所
社寺
旧跡

交通[編集]

鉄道
道路
首都高速道路・出入口

関連人物[編集]

主な出身者
過去の主な居住者
その他ゆかりある人物

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ * 東京都立大田桜台高等学校(旧東京都立赤坂高等学校)が一時期所在していた。
  2. ^ 11代目市川海老蔵暴行事件も西麻布が舞台であった。
  3. ^ 会社概要 Barbizon
  4. ^ バルビゾンがファッションウォーカーの筆頭株主にエキサイトニュース 2011年1月7日
  5. ^ Tambour Horizon by LOUIS VUITTON #1 競泳オリンピアン・松田丈志が、初のラグジュアリーなコネクテッドウォッチを試した ── シティ・ガイド機能 WATCH 2017 8/4
  6. ^ 両社とも資本提携関係はない
  7. ^ パリの最新コーヒー登場 COUTUME (クチューム) 青山店 All About
  8. ^ 日本初、「ラデュレ」の路面店が南青山にオープン。 VOGUE 2018 3/22
  9. ^ お土産に!表参道の高級チョコレートショップ最新10選 NAVITIME 2017 2/6
  10. ^ 青山アンデルセン 閉店のお知らせ
  11. ^ a b c 2017年12月前後から、表参道駅バリアフリー化に伴う再開発工事の為、表参道交差点のアンデルセンやスーパーAzuma、サマンサタバサデラックス、牛角・・等が一斉に閉店ないし一時閉店、あるいは移転した。
  12. ^ ライフスタイル ペンブティック書斎館 ビープラス 2012年10月
  13. ^ 菓匠 菊家 おもてサンド 2016年1/9
  14. ^ その他の書店としては、現在、南青山5丁目交差点先の国連大学裏手コスモス青山に青山ブックセンター等がある。
  15. ^ 表参道&青山インフォメーション などを参照
  16. ^ 「ロンシャン」が表参道に旗艦店 WWD 2017年6月12日
  17. ^ 表参道ヒルズ「マックス・ブレナー」跡地に「クロエ」がオープン WWD 2017年6月6日
  18. ^ J&M DAVIDSON ジェイ&エム デヴィッドソン Fashon Press
  19. ^ J.M. Weston│フランス生まれの美しい靴 「J.M. Weston」の歴史とあたらしい世界 OPENERS 2010年10月4日
  20. ^ 大型複合店舗「タトラス & ストラダ エスト」青山にオープン - カルヴェンやMM6など Fashion-Press
  21. ^ ワールド、南青山にラ・グラン アクアガール新路面店 シブヤ経済新聞 2006年10月17日
  22. ^ メゾン キツネ / MAISON KITSUNÉ VOGUE
  23. ^ ヴァルカナイズ ロンドン 青山店 TIMEOUT東京 2013年7月17日
  24. ^ 新施設「バイパルコ(BY PARCO)」が南青山に、アンリアレイジの新店など fashon-Press 2016年8月25日
  25. ^ H&Mハイライン「COS」日本初上陸、国内初店舗を青山みゆき通りに年内オープン F.M.J. 2014年7月14日
  26. ^ sacai初のショップ公開 店舗デザインは藤本壮介 fashionsnap.com 2011年9月9日
  27. ^ フランス語で、オートクチュールの性格を美容院に置き換えたような"高級美容院"の意。また、ウィンザー公爵夫人グレース・ケリーモナコ大公妃、ローレン・バコールミシェル・モルガンマリア・カラスグレタ・ガルボオードリー・ヘップバーンソフィア・ローレンロミー・シュナイダー・・らが顧客だったとのこと。2016年から日本の八木通商の所有ブランド(公式HP「アレクサンドルドゥパリ 美しい物語」「同 about」「同 ブランド紹介」、仏公式HP「Alexandre de Paris」、「八木通商 アレクサンドルドゥパリ株取得 」 fashionsnap.com, 2016年9月17日 などを参照)。
  28. ^ 秋山の死後、同アトリエ兼居住建物は、2007年から同人の写真芸術館になった(秋山庄太郎写真芸術館 港区を楽しもう!! 港区観光協会)。
  29. ^ a b 山陽堂書店ブログ 2012年1月3日
  30. ^ プレイバック芸能スキャンダル史 老いを苦にして7階から飛び降りた 大友柳太朗 日刊ゲンダイデジタル 2013年9月25日
  31. ^ 衆議院会議録情報第154回国会 予算委員会 第24号 2002年4月8日月曜日 。他に加藤の乱を参照。
  32. ^ 鈴木宗男事件を参照。
  33. ^ a b 山本義正『父・山本五十六』(光文社カッパブックス 1969年 / 恒文社 2001年)の中で「青山会館(現在の南青山第一マンションズ)界隈…」と触れている。

外部リンク[編集]