梅窓院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
梅窓院
梅窓院入口.jpg
所在地 東京都港区南青山二丁目26番38号[1][2]
位置 北緯35度40分10.21秒
東経139度43分2.48秒
座標: 北緯35度40分10.21秒 東経139度43分2.48秒
山号 長青山宝樹寺[3][2]
宗旨 浄土宗[1][3][2]
本尊 泰平観世音菩薩[1]
創建年 1643年(寛永20年)[1][2]
開基 南龍[2]
正式名 長青山 宝樹寺 梅窓院[3][2]
札所等 江戸三十三観音 第24番札所[1]
公式HP 長青山 梅窓院
地図
梅窓院の位置(東京都区部および多摩地域内)
梅窓院
テンプレートを表示

梅窓院(ばいそういん)は、東京都港区南青山二丁目にある浄土宗の寺院。青山通り国道246号)沿いに面している[4]江戸三十三観音霊場の第24番札所[1]摂津尼崎城主の青山幸成の死後、法号の梅窓院殿香誉浄薫大禅定門から名を取って1643年(寛永20年)に下屋敷内に建立され、美濃郡上藩主青山家の菩提寺となった[1][5][6][4]

歴史[編集]

郡上藩主青山家の下屋敷が梅窓院として浄土宗の寺院になったのは、1643年寛永20年)のことである。郡上青山家初代当主の青山幸成が病死すると、その遺体は長男幸利により下屋敷敷地内で火葬された[7]。その火葬地に建立された寺は、寺号は幸成の法名である梅窓院殿香誉浄董大禅定門から、山号は幸成の夫人の法名から名を取り、長青山宝樹寺梅窓院とされた。その後、増上寺の中興の祖とされる在応が開山要請し、南龍が開山したとされる[2]

江戸時代初期に町奉行を務めた青山忠成の北青山家より分立し、南青山家と称した幸成の家系は、その後12代に渡って梅窓院に埋葬された。過去帳では藩主および一族145余名の法名が確認でき、梅窓院の敷地内には南青山家にまつわる120余基の墓碑と供養塔が存在する[7]

また、面積約27万km2の敷地内に10万余人が眠る青山霊園は、1872年明治5年)に南青山家下屋敷跡地の南側を墓地としたもので、1889年明治22年)に当時の東京市に移管された[8]

平成に入り、青山通り沿いで地下鉄の便も良い梅窓院は墓地を改葬し、2003年平成15年)には、隈研吾による設計で、ガラス張りやバリアフリーを特徴とする高さ5階、地下2階の本堂が再建された[9]

境内[編集]

青山通り(国道246号)沿いにある孟宗竹が植えられた参道を通って山門をくぐると正面に案内所がある。案内所の右手側に寺院棟があり、案内所の奥に墓地がある[10][11]

寺院棟・住居棟[編集]

2003年(平成15年)に建築家の隈研吾によって再建された[9]。寺院棟と住居棟の建築構造は以下の通り[10] [12]

  • 設計:
    • 建築 隈研吾建築都市設計事務所、長谷工コーポレーション
    • 構造: オーク構造設計
    • 設備: 長谷工コーポレーション
  • 施工: 長谷工コーポレーション、鹿島建設東京支店
  • 敷地面積: 5,932.12平方メートル
  • 建築面積: 3,492.07平方メートル
  • 延床面積: 29,648.32平方メートル
  • 階数
    • 寺院棟: 地下2階 地上5階
    • 住居棟: 庫裏A棟:地下2階 地上14階
  • 構造:
    • 寺院棟: 鉄骨鉄筋コンクリート造 一部鉄骨造
    • 住居棟: 庫裏A棟:鉄骨鉄筋コンクリート造 一部鉄骨造
  • 工期: 2001年平成13年)年9月〜2003年平成15年)年6月

寺院棟[編集]

  • 地下1-2階: 祖師堂
  • 1階: エントランス、ロビー、観音堂
  • 2-3階: 本堂
  • 4階: 寺務所
  • 5階: 客殿 - 雨水を利用した水盤を臨む大きな窓に面している

住居棟[編集]

  • 地下2階: エントランスホール
  • 地下1階: 講堂
  • 1階: 学寮
  • 2階: 客殿 - 欄間や床柱が再利用されている
  • 3-13階: 住戸
  • 14階: ラウンジ、デッキテラス

墓地[編集]

郡上藩主青山家菩提寺として、青山幸成以下120名余りの墓がある[4]。また、青山幸敬の墓石にはキリシタン燈籠が利用されている[6]。その他、歌人の伊藤松軒、画家の板谷桂船・板谷桂意、儒家の川北梅山・角田青渓・角田青陵、医家の竹内玄同・竹内正信、兵学者の山脇正斎、「天狗煙草」の煙草製造販売者の岩谷松平、政治家の平松時厚林田亀太郎、僧侶の耆山上人、レオナルド・ダ・ヴィンチ研究家の児島喜久雄などの墓がある[13]

文化財[編集]

泰平観世音菩薩

本尊の泰平観世音菩薩は、大和東大寺大仏殿に安置されていたもので、鑑真が中国から招来したものと言われる。源頼義が奥州合戦の際に念持仏として持参し、その後南部家を経て青山家に安置されることとなった[1]

年中行事[編集]

  • 1月 - 修正会
  • 3月 - 春彼岸法要
  • 4月 - 灌仏会(花まつり)
  • 5月 - 大施餓鬼会法要
  • 7月 - 盂蘭盆会法要
  • 9月 - 秋彼岸法要
  • 11月 - 十夜法要

[14]

参考画像[編集]

交通アクセス[編集]

鉄道

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i 『全国霊場巡礼・順拝案内 全国霊場 大事典』 『全国霊場大事典』編纂室 尾園忠幸、株式会社六月書房、2000年、244頁。
  2. ^ a b c d e f g 長谷川正次 『文政のまちのようす江戸町方書上(四)赤坂編』 東京都港区立みなと図書館、1996年、377頁。
  3. ^ a b c 『平成24年度港区立港郷土資料館特別展 江戸の大名菩提寺』 港区立港郷土資料館、2012年、10頁。
  4. ^ a b c 俵元昭 『港区の歴史』 東京にふる里をつくる会、中村安孝、1979年、222頁。
  5. ^ 『角川日本地名大辞典』 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 竹内理三、角川春樹、1978年、1008頁。
  6. ^ a b 俵元昭 『東京史跡ガイド3 港区史跡散歩』 株式会社学生社、1992年、177頁。
  7. ^ a b 東京都港区教育委員会、東京都港区文化財調査委員会 『港区の文化財第5集 赤坂・青山その1』 東京都港区教育委員会、1969年、76頁。
  8. ^ 竹内理三 『角川日本地名大辞典13東京都』 角川書店、1978年、1008頁。
  9. ^ a b 武田憲人 『散歩の達人エリア版MOOK東京都心散歩』 交通新聞社、2008年、99頁。
  10. ^ a b 「梅窓院」、『新建築』第78巻第9号、株式会社新建築社、2003年、 103頁。
  11. ^ 中村龍二郎 『未知の道シリーズ2 ホントに歩く大山街道』 株式会社風人社、2007年、19頁。
  12. ^ 「非循環方式の水平水盤―梅窓院」、『ディテール』第159号、株式会社彰国社、2004年、 26頁。
  13. ^ 東京都港区教育委員会 (1969). 港区の文化財第5集赤坂・青山その1. 株東京都港区教育委員会. pp. 76-78. 
  14. ^ 長青山 梅窓院”. 2018年2月12日閲覧。

外部リンク[編集]